So-net無料ブログ作成
検索選択

タイヤ空気圧調整 [maintenance]

私のボクスターには、タイヤ・プレッシャー・モニタリング・システム(TPMS)が装備されています。

P1100189.jpg
TPMSは2015年モデルから標準装備になったようで、それ以前は11万円ほどのオプション品となっていました。
ABSセンサーを用いた間接式ではなく、バルブ・ユニットに内臓された空気圧センサーで測定する直接式となっています。
4輪それぞれの測定値は無線でマスター・ユニットにリアルタイム送信され、ドライバーはマルチ・ファンクション・ディスプレイにより0.1バール単位で空気圧を読み取ることができるってな寸法です。
TPMSはとても便利だと思いますし、空気圧が低下した際はウォーニング・メッセージを表示してくれるそうなので、パンクなどに見舞われても被害を最小限に食い止めることができそうです。
しかしながら、バルブ・ユニットは電池で駆動しているワケですから、電池が切れたらタイヤを外して交換しなくてはなりません。
これがまた電池だけの交換はできないとか、ユニットひとつ数万円もするとか、例によってカネがかかりそうな感じなんですよねぇ・・・。
ま、電池が切れるのは2-3年後のことでしょうから、その時になったらどうするか考えます(笑)。

P1100258.jpg
ボクスターの19インチ・タイヤの冷間時空気圧は、フロント2.0バール、リア2.1バールが指定値となっています。
私がこれまでに所有していたBMWやALPINAと較べて圧倒的に低い値なのですが、ボクスターは車重が1.3t程度と軽いことに加え、荷物も人もあまり載らない&乗れないので、まぁこんなものなのでしょう。
昨年9月末の納車時にはピッタリ合っていた空気圧も、数ヶ月を経て真冬になると0.1-0.2バールほど低くなっています。
特段、ドライバビリティやフィーリングが悪化したようには感じられないのですが、せっかくなので空気圧を指定値にまで戻すことにしました。

P1100180.jpg
P1100181.jpg
フロント・フードを開けてサービス・リッドを外すと、バッテリーやブレーキ・フルード・リザーバーなどと共に、小型のエア・コンプレッサーが格納されています。
電源コードを車内の12Vソケットに挿入、エア・ホースをホイールのバルブに繋いでスイッチを入れると、結構な勢いで空気が充填されていきました。
ホース部のエア・ゲージを目安に空気を入れ、TPMSのモニタを確認しながら調整し、完了。
走りの変化はやっぱり感じられませんでしたが(汗)、指定値ピッタリってのは気分がいいもんですね。
なお、タイヤが温まれば空気圧は当然ながら上昇します。
TPMSをチェックしていると、寒いこの時期でも0.2バールほどは高くなるようなので、真夏にはもっと上がるのでしょうね。
どこまで上がるのか、楽しみです(←楽しみか?)。

P1100275.jpg
nice!(6)  コメント(10) 

nice! 6

コメント 10

MT

新しいモデルには標準で装備されてるのですね。エアバルブのキャップ形状が違うので見ればわかります。先日ポルシェセンターで話をしてたら、ちょうどこのモニターの話に。交換はアセンブリ交換とか言ってました。一個2万くらいとか言ってたような。でも、寒い日に外に出てエアチェックしなくていいってのは結構便利です。私はエア圧には結構神経を使ってますから、ちょっと欲しい装備だったりします。でも1個2万は高いなぁ。せめて5000円くらいで電池交換できればいいのにねぇ。
by MT (2015-02-24 07:59) 

kertsu

いいな~。
2014年式の自家用車には見装備。
最新のポルシェは最良の・・・・・・・。

関係ないですが、マクラーレンMP4のタイヤ温度計は感動しました。
冷えてるとやっぱり滑るんですね。
by kertsu (2015-02-24 17:25) 

wata

MTさん、こんにちは。

電池切れでアッセンブリー交換とはムダにも程がありますが、過酷な環境下で使われているワケですから、そこは仕方無いのかもしれません。
だとすれば消耗品なんですから、1個2万円は理不尽ですねぇ(涙)。
工賃を含めると軽~く10万円は超えるでしょうから、やはり電池切れ対策は考える必要がありそうです。
ちなみにもしもTPMSが標準装備でなかったら、私はオプションでも発注しなかったと思います。
そんなにシビアな走り、しませんから(汗)。

by wata (2015-02-24 20:27) 

wata

kertsuさん、こんにちは。

「最新のポルシェは最良のポルシェ」って良く聞きますけど、最新を最良と思うかどうかは人それぞれですからねぇ。
ま、単なるプロモーション・コピーとかセールス・トークの類なのでしょう(笑)。
それにしてもkertsuさん、あのマクラーレンをタイヤが滑るほど走らせているとはさすがです!
ちなみに各タイヤの温度も計測できるTPMSは何年も前から市販されていますので、コレを装着すれば気分はすっかりマクラーレンですね(←そうか?)。

by wata (2015-02-24 20:42) 

amataro

TPMSが標準装備なんですね。 ポルシェには他にも標準としてもらいたい装備沢山ありますが、やはり考え方が大分違うんですね。

空気圧指定2.1バールですかー(驚)
やはり車重少ないというのは、色々なメリットがありますね。
タイヤも長持ちしそうですし。
by amataro (2015-02-25 08:33) 

Kertsu

マクラーレンよりもボクスターの方が全然スポーツカーです。

恐らくポルシェで最も費用対効果が高いのがボクスターとケイマンでしょう。

ボクスターGTSにカーボンブレーキのみのオプションがベストスポーツカーの一つではないかと思います。




by Kertsu (2015-02-25 14:46) 

ゴウ@神戸

最新のポルシェは最良のポルシェ、でも最高のポルシェは自分のポルシェ!
だそうです。最新に乗れない負け惜しみではございません(伏)
by ゴウ@神戸 (2015-02-26 23:12) 

wata

amataroさん、こんにちは。

確かに、TPMSが標準装備でキセノン・ヘッドライトや電動格納ミラーがオプションってのは、ワケわからないですねぇ(笑)。
世界的にTPMSは義務化の流れにあるようですから、先取りして標準装備にしたのかもしれませんね。
指定空気圧の低さには、ちょっとビックリです。
ラベルの記載が間違ってるんじゃないかと思いましたよ(汗)。

by wata (2015-02-27 20:19) 

wata

Kertsuさん

ボクスターがこれ以上の価格だったら、私は買えませんでした。
自分はそんなに速く走れませんので、パフォーマンスも含めてこの2.7Lモデルがベストだと思っています。

by wata (2015-02-27 20:28) 

wata

ゴウさん、こんにちは。

そうですね、要するに自分がイイと思えばそれでイイんです(笑)。

by wata (2015-02-27 20:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。