So-net無料ブログ作成
検索選択

エアクリーナー・エレメント交換 [maintenance]

ボクスターの整備手帳には、定期交換部品に関する記述があります。
その中で最も交換サイクルが短いのはエンジン・オイル(15,000kmまたは1年毎)ですが、次がエアクリーナー・エレメントとエアコン用のフィルターとなっており、いずれも30,000km毎に交換するようにとのこと。
私のボクスターもいつの間にか30,000kmを超えていたので、交換することにしました。

pet.jpg
まずはこれらのフィルターがどんなもんなのか、PET(ポルシェ車のパーツ・カタログ)でチェック。
すると、エアクリーナー・エレメントは見たこともないような筒型の形状をしており、しかも必要数量が「2」と書かれてありました。
パーツ・ナンバーは「98111013000」ですので、981型ボクスター/ケイマン・シリーズの専用パーツだと思われますが、2つ買わなくちゃいけないんですね・・・。
またエアコン・フィルターは、フロント・ボンネットの下とグローブ・ボックス裏の2ヶ所にあることが判明しました。
それぞれ「99157237100」「99157362300」ということで、これらは991型911シリーズとの共用品なのでしょう。

P1150528.jpg
インターネットで入手すべくサーチしてみたところ、エアクリーナー・エレメントについてはサード・パーティ製の湿式タイプが流通しているのですが、私が探しているのは純正品。
エアコン・フィルターに至っては、社外品すら見つけることができません。
いずれも国内ではディーラーやショップなどに発注するしかなさそうですが、今回はeBayで海外から取り寄せることにしました。
エアクリーナー・エレメントはポルシェ純正品をアメリカの業者に発注し、2週間ちょっとで配送されています。
一方、2種のエアコン・フィルターは大手サプライヤーのヴァレオ製をラトヴィアの業者にオーダーしたものの、これがなかなか発送されず、一時は騙されたのかとも思いました(汗)。
と言うことで、先にエアクリーナー・エレメントの交換を実施しています。

これまでのクルマでは、エンジン・ルーム内のエアクリーナー・ボックスを開けるなどすれば、エレメントは簡単に交換できていました。
作業時間はものの5分から10分程度、工具もスキルもノウハウもまったく不要だったのですが、エンジン・ルームを見ることさえできないボクスターでは、そうは問屋が卸しません(汗)。
大変ありがたいことに、981型ボクスターのエアクリーナー脱着手順などをYouTube上に動画で公開して下さっている方がいらっしゃいましたので、思いっきり視聴させていただいた上で作業に臨みました。

"Deconstructing the New Porsche Boxster: A Rare Look Inside" by LomaPrietaPCA

P1150514.jpg
P1150515.jpg
P1150519.jpg
P1150520.jpg
P1150531.jpg
P1150533.jpg
1.リア・ラゲッジ・ルームのエンジン・オイルおよびクーラント注入口のパネルを引っ張って外す。
2.内張りを外してゆく。手前側は外さなくても大丈夫。
3.まずは左側から。エアクリーナー・ユニットをボディ側に固定しているT20/トルクス・ネジ1本を外す。
4.ユニットを引っ張り出す。めちゃくちゃ固くて難儀したため、取っ手にヒモを通して引っ張った。
5.T20/トルクス・ネジ2本でエレメントをユニットから分離して新品に交換、ボディへと戻して完了。
6.右側はまず、10mmのボルト&ナットを外してECUを脇にどける。
7.その奥にあるオイル注入パイプを下に引っ張って外し、以降は右側と同様に作業。

P1150525.jpg
P1150523.jpg
ボクスターにはエアクリーナー・ボックスに相当するモノが見当たらず、ボディ・サイドの左右エア・インテークからエンジンへと向かう流路の途中にエレメントが直接セットされるという、なかなか男前の構造となっていました。
なるほど、吸入した外気がダイレクトにブチ当たるエレメントはホコリだらけで、木の葉なども挟まっている状態です。
ボディ側にもホコリが溜まっていたので、キレイに拭き上げてから新品に交換しました。
ちなみにインテーク側に汚れは殆ど見られなかったため、エレメントは十分なフィルタリング性能を発揮してくれていたものと思われます。

P1150530.jpg
と言うことで、エアクリーナー・エレメントの交換は完了。
国内ディーラー価格はいくらなのかわかりませんが、アメリカからの購入費用は送料込みで13,000円近くかかりましたので、今回はあまり節約できた感じはしませんねぇ。
それでもボクスターは自分のクルマなので、できることは引き続き自分でやっていきたいと思っています。
・・・ま、大したことはできないんですけどね(涙)。

nice!(8)  コメント(12) 

nice! 8

コメント 12

つくばの松

ワタさんのブログらしくなってきましたね(笑)。
やはりリアエンジンにおいてフレッシュエアーを取り入れるのは大変なんですね、そんなところにエアクリーナーとは(汗)。一方、その他拝見するにおいてもポルシェのメンテは専門家に任せてね・・的な造りになっているように見えます。
今後のワタさんの挑戦が楽しみです!(笑)。
by つくばの松 (2015-10-20 07:09) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

いやいや、DIYのBlogではありませんから(笑)。
ミドシップ・エンジンのクルマを所有するのは今回が初めてですが、エア・フィルターがサイド・インテーク内にダイレクトに設置されているとは想像もしていませんでした。
しかし、私がDIYでできるのはこれぐらいで、以前のクルマでやっていたスパーク・プラグ交換すら、ボクスターではできないと思っています。
自分のクルマなのにプラグ交換さえできないとは、実に無念です(涙)。

by wata (2015-10-20 21:03) 

S.T

こんにちは。一年で30000キロですか!凄いペースですね!自分も過走行な方ですが…恐れ入ります(伏)先日、近場で未走行の道を走ってみようと柏尾峠付近に行ってみましたがなかなかハードな道ですね。その日は霧が凄くて余計にそう感じたのかも知れません。前日光林道は途中までの2車線区間のみ往復したチキンです(汗)
by S.T (2015-10-23 16:18) 

wata

S.Tさん、こんにちは。

そうですね、いつの間にか30,000kmを軽く突破してしまいました。
そんなに走ってるつもりは・・・いや、それなりに走ってるか(汗)。
粕尾峠から前日光林道へのルートはとても面白いので、次回は是非とも天気のいい日に走ってみて下さい。
稜線地帯は、景色もなかなかいいですよ!

by wata (2015-10-23 21:56) 

KG

wataさん、こんばんは。

自分もエアクリーナー脱着の動画を見た事はありますが、工賃は無料との事だったので12ヶ月点検の際にディーラーで交換してもらいました。
部品代は2個で13,284円でした。(2015年3月時点)
by KG (2015-10-24 23:40) 

wata

KGさん、こんにちは。

工賃無料とは、素晴らしいですねぇ。
・・・ってことは、私はディーラー・サービスとほぼ同じコストをかけてわざわざDIYで交換したってことですか。
いやはや(涙)。

by wata (2015-10-26 20:05) 

KG

wataさん、こんばんは。

エアクリーナーの点検が安くは無かった(35,640円也)12ヶ月点検に含まれているからの様ですが・・・


by KG (2015-10-26 21:24) 

wata

KGさん

後日、記事にさせていただきますが、ウチのディーラーの12ヶ月点検は更に高かったんですよ(涙)。

by wata (2015-10-26 21:57) 

ちねり

wataさん
エアコンフィルターに引き続き、ブログを頼りにエアフィルター・エレメント交換をさせていただきました。

ヒモで引っ張る作戦に助けられました。5回くらいで、やっとこさっとこ抜けてきました。いやー、硬かったですね。

おかげで無事交換できました。
ありがとうございました。

あっ、トルクスレンチは T25がちょうど良かったみたいです。

by ちねり (2016-12-30 18:00) 

wata

ちねりさん、こんにちは。

同志よ・・・(涙)。
エアクリーナー・エレメントの交換は、ちょっと厄介ですよねぇ。
私がこれまで所有したクルマの中で、ブッチギリの面倒臭さです。
ちなみに2回目の交換は、12ヶ月点検の際にディーラーでやってもらっちゃいました。
が、次回はまたDIYでやると思います(笑)。

by wata (2016-12-31 22:14) 

みぞやん

大変参考になりました。
DIYでの作業はある程度大変だと予想してましたが夏の日差しの中の作業は汗との格闘となりました。
エアフィルターの交換作業は比較的に楽でしたがこれは今までの車と比較になりませんね。
7番にあるオイル注入パイプの外し方は少し慣れが必要ですね。摘まんでから引き抜くような感じでした。
 同じ50歳代のおやじで年間3万キロ程度乗っているおやじとしてこれからもこのブログを応援します!




by みぞやん (2017-08-13 22:44) 

wata

みぞやんさん、はじめまして。

コメントをいただき、どうもありがとうございます。
同じ981型のボクスター/ケイマンにお乗りだと拝察致しましたが、みぞやんさんもご自身でエアフィルターを交換されたのですね。
オイル交換パイプは単に嵌ってるだけなので、作業完了後にちゃんと装着できているかどうか心配になりましたよ・・・。
オイルを注入する際、外れていたらシャレにならないので、上から棒でつついて何度も確認しました(笑)。
それにしても年間3万km走行とは素晴らしい、私もみぞやんさんを見習って、これからもボクスターを走らせますよ!

by wata (2017-08-14 20:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。