So-net無料ブログ作成

榛名・妙義・奥多野 ワインディング・ドライブ [drive/touring]

群馬県には、「上毛三山」と呼ばれる三つの山があります。
前の週は、タイヤの慣らしがてら赤城山を走りました。
ということで(?)、次の週は三山の残りふたつである榛名山と妙義山、更に奥多野へと走りに行きました。

P1150861.jpg
P1150864.jpg
P1150869.jpg
P1150870.jpg
P1150876.jpg
関越自動車道/前橋ICの出口ゲートで屋根を開け、市内を抜けていつものようにK126で榛名山へのヒルクライムを開始。
沿道に何もない完全な山道なのですが、伊香保温泉を経由するK33、すなわちメインの観光ルートを使ってはいけないと言うことを、チンタラ走行を強いられた前週の赤城山/K4で十分学習しているのです(涙)。
1.5車線のワインディングはところどころ路面の荒れた箇所もありますが、交通量ゼロで文字通り走り放題。
前日の雨に濡れた落ち葉で軽く滑ることはあるものの、ボクスターは森の急坂路を軽快に駆け上がっていきます。
外輪山のピークを越えると、朝の光を浴びて紅葉が輝く山腹の下で、カルデラ内が雲にすっぽりと覆われている光景が目に飛び込んできました。
中央火口丘の麓にあるパーキングでは、最初は真っ白で何も見えない状態。
が、日が昇るに連れてカルデラ内に溜まっていた雲は徐々に消えてゆき、市内のコンビニエンス・ストアで仕入れたおにぎりを頬張っているうちに、紅葉の始まった榛名富士がゆっくりとその姿を現しました。
いや~、素晴らしい演出ですねぇ(笑)。

P1150880.jpg
P1150881.jpg
P1150884.jpg
P1150895.jpg
榛名湖の周囲をゆっくりドライブし、西岸のパーキングで小休止。
薄れゆく朝霧の中で釣りに興じる皆さんの姿を眺めていると、19インチ・ホイールまでもが同色にペイントされたイエロー・ボディの981型ボクスターSが滑り込んできました。
訊けば、オーナー・ドライバーの方はここ榛名をホーム・コースとし、良く走りに来られているとのこと。
図らずもボクスター談義となり、いろいろと楽しくお話を伺うことができました。
アピアランス抜群の黄色いボクスターSは、スポーツ・クロノ・パッケージやスポーツ・エグゾースト・システム、スポーツ・シャシーなどの「走り系」オプションを満載しており、しかもレフト・ハンダー&マニュアル・トランスミッション!
タイヤについて尋ねてみると、「5,000kmも持たずにツルツルになっちゃうんですよ」、と・・・。
いやはや、すんごい乗り手の方がいらっしゃるんですねぇ(汗)。
木陰をものともしないイエローとブルーの強力なコントラストを存分に楽しんでから、クラクションを鳴らしてお別れとなりました。

P1150900.jpg
P1150902.jpg
P1150904.jpg
P1150908.jpg
P1150923.jpg
P1150929.jpg
P1150946.jpg
K28、通称「裏榛名」のダウンヒル。
青空の下、遠く上越国境の山々を見晴るかしつつ、オーバー・スピードに注意しながら気持ちよく駆け下ります。
引き続き、大好きな榛名西麓広域農道をドライブ。
慣らしを完了したフロント・タイヤのグリップを感じながら、2速⇔3速で無人のワインディング・ロードをマイペースで走っていきました。
更に、K33で地蔵峠を越えてゆきます。
浮いた砂に足を取られる場面もありましたけど、この道も低めのギアを選んで積極的に走りました。
榛名山からここまで、途切れることのない気持ちいいワインディング・ルートですが、ちょっと脇道に入れば素晴らしい山の景色が拡がっています。
そんなところもまた、このルートが好きな理由のひとつなんです。

P1150947.jpg
P1150948.jpg
P1150949.jpg
松井田からは、K196で妙義山へ。
日も高くなり、前方にバイクやクルマが現れることもありましたが、いずれも気持ちよく譲っていただき、クラクションとハンド・サインで感謝を伝えながら屈曲路を走り続けます。
この道もまた刺激に満ちていて、たまらないものがありますね。
青空に突き刺さった巨大な岩山を見上げるパーキングで休んでいると、轟音とともにスーパー・セブンの一団がやってきました。
「オープン・ツーシーターズ」という点ではボクスターも同じですが、やはりセブンのレーシーなプロファイルやストイックさはハンパ無いですよねぇ。
一度はセブンを走らせてみたい・・・いや、オレにそんなウデは無いだろ!と自身にツッコミを入れつつ(汗)、ボクスターをリスタートさせました。

P1150959.jpg
P1150965.jpg
P1150963.jpg
P1150969.jpg
P1150980.jpg
P1150987.jpg
妙義山を下り、下仁田からはK45で奥多野を目指します。
いつもは上野村に直行する長大なトンネルを使うのですが、今回初めて、県道表示のなくなった旧K45で塩ノ沢峠を越えてみることにしました。
山間の屈曲路は、沿道に住居などが無い限り、バイパスができるとやがて廃道となってしまうことが往々にしてあります。
この道も通れないんじゃないか・・・との懸念を抱えたまま山の中へと入っていったのですが、道は続いていました。
狭隘な旧道には木の枝や落ち葉が散乱していたり、道の真ん中に苔が生えていたりして、アドベンチャーな雰囲気が炸裂です。
それでも、ようやく拓けたコーナーの先に色づきつつある奥多野の山々が現れたりすると、少なからず感動してしまうんですねぇ。
この紅葉は、2車線の立派な新道からは見ることができないはずです。
こういうことがあるから、脇道&旧道探索はやめられないんですよね(笑)。

P1150991.jpg
P1150992.jpg
P1150994.jpg
K45に復帰し、K124を走って浜平温泉「しおじの湯」に入ります。
周辺の山はまだ緑のままですが、青く高い秋空の下で浸かる露天風呂の気持ち良さったらありません。
空腹もピークに達していたため、K45を戻って「峠のうどん屋 藤屋」に到着。
開店直後ですが小さな店は既に満員、本日分の用意は私を含めて残り数人分だったらしく、店のおじいちゃんは後から来たお客さんたちに「わりぃねぇ~」と頭を下げていました。
相変わらずバカでっかい椀にブチ込まれた極太のうどんに、これでもかと載せられた2種の巨大な野菜かき揚げと固ゆでの卵。
脇目も振らずに喰い果たし、ギンギンに膨らんだ腹をさすりながら、大満足でうどん屋を後にするのでした。

P1160008.jpg
P1160013.jpg
さ、そろそろ撤収としましょう。
R299→R462と東へ快走を続け、本日最後の峠道であるK71へ、スポーツ・モードのスイッチをONにして突入。
土坂峠を挟んで群馬県側の上りと埼玉県側の下り、いずれも2速メインでステアリングを切りまくりました。
私ごときのヘナチョコ・ドライバーが頑張って走らせてもボクスターはキュウとも言わず、アクティブ・セイフティ能力の高さをつくづく感じることができます。
花園ICから乗った帰路の関越道はまだ空いており、ヅラが飛んでいくんじゃないかぐらいの風を浴びながら、オープンのままで埼玉の自宅まで走りました。


本日の走行距離は、431km。
感覚的にはもっと走ったような気がしていますが、それは山坂道ばっかりを走っていたからでしょうね。
走行時間は6時間27分、平均速度は69km/h。
平均燃費は9.2km/l、不必要にアクセルを踏んでいたことを、少々反省している次第です(汗)。

P1150999.jpg
nice!(9)  コメント(10) 

nice! 9

コメント 10

ryus

いわゆる、ナワバリの確認(笑)ですか。 失礼しました。wataさんの愛でる風景のおすそ分け、いただいた気分です。
紅葉の真下に佇むボクスター。朝日にテールだけ光らせたシルエットのボクスター。木々のアーチのむこうの朝もやをぼうっとながめているボクスター。でも極め付けはやっと姿をあらわした榛名山をバックに歯型のついた赤飯にぎりにジャスピンの一枚(大笑)。

また楽しく読ませていただきました。ありがとうございます。
by ryus (2015-10-22 22:49) 

wata

ryusさん、こんにちは。

こちらこそ、いつもご覧いただきありがとうございます。
実際、群馬県は私が一番走りに行っている県だと思います。
隣の埼玉県に住んでいることもありますが、上毛三山や奥多野、奥利根、草津白根から嬬恋などなど、景色も良く走って楽しい道がたくさんあるんですよねぇ。
これからもそんな素晴らしいドライビング・エリアに赴き、おにぎりを頬張る所存です(←?)。

by wata (2015-10-23 21:51) 

S.T

こんにちは。上毛三山、大好物です!今朝、ブログを読んだら我慢出来ずに出勤前にカントリーライン~裏榛名~伊香保榛名道路~フルーツラインと流して来ました。フルーツラインが完成してくれればもっと楽しめるのですが。奥多野エリアではK45、46、71、御荷鉾スーパー林道が好きです。因みに藤屋には相性が悪く1勝8敗です。
by S.T (2015-10-24 10:41) 

yone0531

wataさん こんにちは。

毎回、素晴らしい写真ばかりですが、今回は特に自分の中に響く
良い写真が多かったです。
黄色のボクスターとのツーショットもいい感じです。
それにしても、5,000kmでタイヤが駄目になるとは、上には上がいますね。
wataさんも負けてられないのでは。
藤屋のうどん、凄い量!でも食べてみたい!
by yone0531 (2015-10-24 10:59) 

Yagi

wataさん、こんにちは。
素晴らしい紅葉とwataさんの走りっぷりが気になり、今日 行ってきてしまいました。 佐久の方(R254)から行きましたが、K33・K196・裏榛名・広域農道と十分に堪能出来ました。紅葉もまだまだ目の見張るものが有り充実した一日となりました。ありがとうございます。(K33沿いにあった「びくや」のお蕎麦も美味しかったなあ・・・)
by Yagi (2015-10-24 23:39) 

銀蔵iD

wataさん こんにちは
私も今日、榛名山-妙義山-土坂峠と回ってきました。
用事があったんで急ぎ足であまりゆっくりできませんでしたが、榛名西麓広域農道、土坂峠は、しっかり堪能しました(^^)/
次回はうどん&温泉でも入ってゆっくりしたいところです(^^♪

by 銀蔵iD (2015-10-25 23:40) 

wata

S.Tさん、こんにちは。

上毛三山、いいですよねぇ。
それにしても、出勤前にそれだけ走れるって本当に羨ましいですよ。
私なんか、片道1時間も電車に揺られて通勤してますから(涙)。
藤屋は臨時休業も多いのですが、開いていても売り切れで喰えないことがあるようです。
いつの間にか、有名になっちゃいましたからねぇ・・・。

by wata (2015-10-26 20:58) 

wata

yone0531さん、こんにちは。
天気や景色がいいので、シャッターを押すだけでキレイな写真が撮れるんですよね。
黄色いボクスターSのオーナーさんは、オイル交換よりもタイヤ交換の回数のほうが多いらしく(汗)、お話を伺っていても「走り」のイメージがとても強く出ている方でした。
私にゃそんな走りは不可能なので、のんびり走って大盛りうどんを喰って帰ってきましたよ(笑)。

by wata (2015-10-26 20:59) 

wata

Yagiさん、こんにちは。

静岡からの群馬遠征、おつかれさまでした!
私が走った時よりも季節は進み、紅葉もより一層キレイになっていたのではないでしょうか。
それにしても、こうして自分の記事がドライブのキッカケになったり、ルートを参考にしていただいたり、そのルートを気に入っていただけたりすると、本当に嬉しいんです。
Blog書いてて良かったなぁと、つくづく思いますよ。

by wata (2015-10-26 20:59) 

wata

銀蔵iDさん、こんにちは。

おぉ、銀蔵さんも走られましたか。
天気も最高で、素晴らしいドライブになったものと拝察致します。
「急ぎ足で」ってことは、iDing Power全開でバキューン!と走られたのでしょう。
いや~、気持ち良さそうですねぇ。
ルート上には他にも温泉や蕎麦/うどん屋がたくさんありますので、次回は是非立ち寄ってみて下さい!

by wata (2015-10-26 20:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。