So-net無料ブログ作成

グランド・ツーリング2016秋[2]天空のボクスター [drive/touring]

◆Day2

朝6時の高知市内は、真冬のような寒さ。
放射冷却が炸裂、「『高知=南国土佐』、ちゃうんかい」と独り小声でツッコミを入れつつ、リモコン・キーでボクスターのトップを下ろす。
気温は10度を下回る程で、ダウン・ジャケットに加えてマフラーを巻き、グローブを嵌めて街を出た。

P1060536.jpg
P1060534.jpg
明けゆく空は、雲ひとつない晴天。
いの町のサークルKでカフェラテとチョコレート・パンを買い込み、仁淀川に沿ってR194を走る。
と、四万十川の専売特許だと思っていた沈下橋があった。
通勤と思しきクルマやトラックなどと一緒に走っていた国道を離れると、実に静かである。
霧の立つ川と欄干の無い橋を眺めながら、少し温くなったカフェオレを飲み、甘いパンを喰った。
何とも贅沢な朝食だ 。

P1060550.jpg
北上するR194は川を離れ、完全2車線を保ったまま豪快な山間路となる。
先行車両を安全かつ迅速にブッコ抜きつつ、冷たい風を浴びながらマイペースで走り続けた。
そんな快走ドライブを寒風山トンネルの前で捨て、つづら折りの1車線路をライト・オンでぐんぐんと上っていく。
反比例して気温はどんどん下がるが、深い山々の稜線をようやく越えた太陽が照らしてくれるので暖かい。
先行車も見当たらず、対向車にも出会わずに上り続け、小さなトンネルをいくつか抜けると、眼前に遥か彼方へと続く尾根筋が拡がった。

P1060557.jpg
0011.jpg
P1060561.jpg
P1060579.jpg
P1060582.jpg
町道瓶ヶ森線。
大好きなアドベンチャー系道路のひとつで、何度となく訪れているが、今日はまた最高の天気に恵まれた。
気温は3℃まで下がっており、すぐ先の山頂は雪か霧氷にうっすらと白く覆われていたが、風もなく実に気持ちがいい。
大きなカメラで写真を撮っている山口県から来たお兄さんによれば、ほんの1時間前まで視界ゼロ・レベルの霧に覆われていたとのことだから、ラッキー感も倍増である。
連なる険しい山々の素晴らしい眺めを楽しみながら、ボクスターをのんびりと走らせた。
町道の終点からは、K12/石鎚スカイライン。
スカイラインと言っても尾根を走らない登山道路だが、このダウンヒルがまた痛快極まりない。
ボクスターをスポーツプラス・モードにセットして、オート・ブリッピングの助けを借りながら2速⇔3速のワインディングを駆け下った。
いやもう、最高!
クール・ダウンを兼ねて立ち寄った面河渓の紅葉は未だ色づいてはいなかったが、あと1週間もすれば見頃となるのであろう。

P1060587.jpg
P1060589.jpg
P1060591.jpg
0015.jpg
P1060592.jpg
P1060601.jpg
R494→K212と快走を続け、R33からR440で四国カルストを目指す。
地芳トンネルの手前で旧道へと右折し、路面の良い1.5車線の山道を上ってK383に出た。
瓶ヶ森線と双璧を成す四国天空の路は、その一方と異なり、なだらかなカルストの山頂をトレースするスカイライン。
爽やかな風に吹かれ、抜けるような青空のすぐ下を同じ色のボクスターが走る。
嗚呼、何て気持ちがいいんだろう。
非日常の世界を存分に堪能し、東津野城川林道で下山する。
この付近の狭い国道や荒れた県道よりも道は良く、完全2車線の大規模林道をノン・ストップで走り抜けた。

P1060605.jpg
P1060607.jpg
P1060611.jpg
P1060618.jpg
P1060612.jpg
P1060617.jpg
R197とR440との交点、檮原の「めん処 かざぐるま」で昼飯にする。
冷やしおろしぶっかけ蕎麦はコシのある田舎蕎麦が旨いのだが、椎茸が入っているのが珠に瑕であった(涙)。
食後はすぐ近くにあるJAのガソリン・スタンドで給油しつつ、道路状況を訊く。
ここから四万十川を目指すのだが、何度か走っているR197の快走ルートではなく、今日はR439「与作酷道」を行くのだ。
1.5車線レベルの誰もいないK26を南下していると、時間帯通行止めの看板。
四国の山道では珍しいことではなく、現場のおにいちゃんと話をしながら30分ほど待ってドライブを再開する。
続くR439は、やはり国道とは思えないほどの酷道だった。
四国の山中を東西に延びるR439は、改良済の2車線区間も多いが、「与作」の神髄はやはり未改良の狭い山峡路にある。
落石に注意を払いながら、人の気配が感じられない森の中のタフな道をひたすら走り続けた。

P1060619.jpg
P1060622.jpg
P1060630.jpg
P1060633.jpg
2車線のR381をかっ飛ばし、広狭混在のR441で四万十川沿いを南下する。
大好きな岩間の沈下橋は工事中の国道の迂回路となっているらしく、クルマが多くて落ち着くことができなかった。
山の端から射す西日を浴びながら走り続け、高瀬の沈下橋を渡り、予約していた民宿「四万十inリバーサイド」にチェック・イン。
裏庭にある屋根付き露天にポリ浴槽というなかなかシュールな風呂で手/足/袋を伸ばしまくったら、お待ちかねの夕食だ。
鮎や川海老、鰻、アオサ海苔など、四万十の幸が満載である。
冷たいビールと共に、おいしくいただくことができた。
寝る前にチェックした明日の天気予報は、引き続き晴れ。
よし、明日もまた、心に残る素晴らしいドライブをしよう。



nice!(7)  コメント(8) 

nice! 7

コメント 8

Sho-z

四国・中国地方は今年の夏につまみ食いしてきたエリアだけに、興味津々です(笑)

私が訪れたとき、“真っ白な世界”しか見ることができなかった町道瓶ヶ森線、こんなに素晴らしい景色が広がっていたのですね。
「大きなカメラで写真を撮っている山口県から来たお兄さん」と同じように1時間待ってみれば良かったのでしょうかねえ(涙)
そして四国カルストの見事な風景。偶然にもほぼ同じ位置で撮った写真があるのですが、霧に包まれている私のものとはえらい違いで、思わず笑ってしまいました。
避けてしまった「与作」さん含めて、いずれまた走りに行きたいと強く思いましたよ。

それにしても宿のお風呂、シュールですねえ(笑)
by Sho-z (2016-11-17 01:37) 

ri-co父

wataさん、おはようございます。

既に、高知の沈下橋、氏のブログの代名詞になりましたね。もう何度目の訪問なんでしょうか?そろそろ、海を渡って、国外へのGT企画が持ち上がってきそうな雰囲気ですね(笑)。

四国カルストの写真も素晴らしい。今回も豪華! ヘリをチャーターしての撮影だったようですね(笑×2)。
by ri-co父 (2016-11-17 08:43) 

wata

Sho-zさん、こんにちは。

はい、おかげさまで瓶ヶ森線も四国カルストも、素晴らしい晴天に恵まれました。
・・・と言うより、晴天じゃなかったら行きませんでしたけどね(笑)。
ただ、いずれも天気の変化が激しい場所で、以前はいきなり豪雨に降られたり、あっという間に霧が晴れたりしたこともありました。
次回Sho-zさんが行かれるときはギンギンに晴れてくれるよう、今から祈っておきます(笑)。
なお、「露天にポリ浴槽」は確かにシュールですが、「ユニットバスに岩風呂」もかなりシュールですよ(←あるのか?)。

by wata (2016-11-17 20:27) 

wata

ri-co父さん、こんにちは。

いや、代名詞になるほど通ってはいませんし、そもそも私のBlogの代名詞などと言ったら、四万十市に怒られますって(汗)。
ちなみに私、現在のところ海外旅行に興味はございません。
日本国内ですら、まだ行ったことのない場所がたくさんありますからねぇ。
引き続き、チャーターしたヘリと共にニッポンを走る所存です(笑)。

by wata (2016-11-17 20:32) 

klub1001

wataさん、今晩は!
南国高知で10℃以下ですか!今年は寒くなるのが早くて、拙宅近隣でも最低気温が5℃を何度か切りました。おかげで、紅葉は例年になく素晴らしく、一本の木で南側が黄色、北側が赤色と(もしかして、その逆?)、目を楽しませてくれています。
本格的な寒さに慣れないシーズンです。家を出る時に幌を降ろす勇気が無く、山に着いてから降ろすと寒さが堪えます。くれぐれもインフルエンザなど貰いませんよう、ご自愛下さい。自分は明日、予防接種を受けます。近年は弱気で、、、

関西に住みながら、考えてみると四国に足を踏み入れた事は、仕事を含めてこれまでに三度しか無いと思い当たりました。
wataさんが見せてくれる風景は、四国の山間部に持っていたイメージその物で、強烈に行ってみたいと思わせてくれます。但し、自分ならボクスターは高知市内に置いて、四駆の軽トラでも借りて行くことに成ると思います。
昔、Z4で行った(途中まで)高野山当りの細道で、道端から突き出た鋭利な岩に、左後輪側面に親指大の穴を穿たれ、あっと言う間に動けなくなった経験がトラウマとして残っている為です。
自分がどうしても恐怖心を克服出来ない物、それは、細道と道路側溝とネズミ捕りです。
と、言うことで、GTの続きを楽しみにしています、寒いし。


by klub1001 (2016-11-18 18:56) 

wata

klub1001さん、こんにちは。

何度か走っていて思うのですが、四国は山も海も川も実に濃いんですよね。
それらを結ぶ道もまた、快走路から山峡路までいずれも濃いのが揃ってます。
関西からはとても近いはずですから、是非ともボクスターでお出かけ下さい。
なお個人的に、秋から冬はオープンカーのベスト・シーズンだと思っています。
確かに寒い日もありますが、雨や雪さえ降っていなければ、暖かい格好+ヒーター全開にしてオープンで行きましょう!(笑)

by wata (2016-11-18 21:08) 

いつかボクスターを・・・

初めまして。
最近、ボクスターの購入を考え、あちこちのサイトから偶然、こちらに辿り着きました。
幾つかの写真とともに、充実した快走をされているようで、羨ましく思っております。
ボクスターが納車された際には、ぜひとも、ご一緒させていただきたく思います。
ところで、5枚目の写真は、ドローンなどで撮影されましたのでしょうか?
今後の参考にしたいので、教えて下さいませ。
これからも拝見させていただきますので、よろしくお願いします。
by いつかボクスターを・・・ (2016-12-14 15:41) 

wata

いつかボクスターを・・・さん、はじめまして。

コメントをいただき、どうもありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いします。
ボクスターの購入を検討されているんですね。
とても楽しいクルマですので、是非とも手に入れていただきたいと思いますし、いつかご一緒できる日を楽しみにしています。
5枚目の写真は・・・できれば、ヘリをチャーターして撮ったと言うことにしておいて下さい(汗)。

by wata (2016-12-15 21:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。