So-net無料ブログ作成
検索選択

房総ドライブ [drive/touring]

旧いクルマ仲間のYubaさんから、走りに行きましょうとのメールが来着。
彼と一緒に走るのは、自身の経験上屈指の過酷な一日となった(涙)、7年前の遠州ドライブ以来です。
大変レアかつ魅力的なE46型BMW M3カブリオーレとのオープン・エア・ドライビングを楽しみに、待ち合わせ場所の館山自動車道/君津PAに到着したのですが・・・。

「おはようございます」
「おはようございます。久しぶりだねぇ。で、M3カブはどこ?」
「いや、アレっす」
「アレって・・・あれ?(汗)」

P1070131.jpg
タイプ991、ポルシェ・911カレラS。
濃厚なブルーのボディに巨大な20インチ・ホイールを嵌め、ダークな色調のレザー・トリム・インテリアの左側に設えられたステアリングのコラムには、鈍く光るシフト・パドルがセットされています。
エンジンは3.8リッター/H6/NA、400psに44.9kgm・・・って、どこで使うのよそんなパワー(汗)。
走り系から快適系まであらゆるレベルのオプションが装備されており、恐らく新車乗り出し価格は私のボクスターの2.5倍以上でしょう。
しかしまぁ、すんごいクルマを手に入れましたねぇ。
外装から内装までジロジロと拝見しつつ、購入の経緯からファースト・インプレッションなどをタップリと訊かせていただきました(詳細はYubaさんのBlog「911 CRUISE」を参照ください)。

P1070133.jpg
P1070134.jpg
PAに併設されたスマートICから、一般道に出ます。
今日は房総方面をあまり走ったことが無いと言うYubaさんを先導させてもらうことになっており、天気が良ければ海沿いを走ろうと思っていたのですが、どんよりと曇っているので内陸部を南へと下っていくことにしました。
K163→K93と鹿野山の屈曲路を走り、R465を経て南房総へと続くK88のトレースを開始します。
交通量僅少、広狭混在のカントリー&ワインディング・ロードを駆け抜けてゆくものの、私がどんな速度でボクスターを走らせても、バック・ミラーに映るカレラSの大きさが変わることはありませんでした(汗)。
戸面原ダムを越えた山の中で、小休止。
切通しを抜けてゆく冷たい風をものともせず、991と981を前にクルマ談義は続きます。

P1070151.jpg
リスタート後もK88を走り続ける、ボクスターとカレラS。
信号待ちの際にオープン・トップの後方から聞こえてくるのはボクスターのエンジン音・・・ではなく、低く太く唸るカレラSのアイドリング・サウンドです(汗)。
山間部を抜け出してアクセスするのは、以前よりクルマもゼブラ・ペイントも増えたものの相変わらず房総随一の快走路と言っていい広域農道、安房グリーンライン。
前走車を安全かつ迅速にブッコ抜きながら2台で気持ち良く走っているうちに、空を覆っていた雲がゆっくりと溶け始めました。
広域農道の終着から海岸に出ると、南房の海は雲間の太陽に照らされてキラキラと輝き出しています。
風は山の中よりも弱く暖かく、クルマの話をしながらボケ~ッと過ごすのに最適なシチュエーション。
いやはや、素晴らしいですなぁ。
青さを取り戻しつつある海を前に斜光と逆光とが織り成す陰影をボディに映す2台の姿は実にカッコよく、「いいねぇ」「最高っすねぇ」などと言いながら、少し引いた位置から二人してシャッターを切るのでありました。

P1070154.jpg
ここからはしばらく右手に海を眺めながらのんびりと走り、K297を経てK186で再び山の中へ向かいます。
「前方:クルマなし、後方:カレラSがマーク」の状態のまま(汗)、エンジン中速域のピックアップやサウンド、ミドル・コーナーでのハンドリングを存分に楽しみました。
沿道に何もなく、「ツーリングマップル」にもリコメンドされないマイナーな県道は、我々にとってはむしろ極めて魅力的な道であることが少なくありません。
往路のK88やこのK186はその典型だと思っていますが、房総半島にはこの手の道が多いんですよね。
R410→R465と亀山湖まで走り、開店直後に満席となった「上総屋京兵衛」の鴨せいろ蕎麦をすすりながら、そんな房総の意外な「深さ」についてYubaさんと語り合いました。

P1070158.jpg
腹も満たされたので、渋滞する前に東京方面へと向かいます。
知らぬ間に無料開放されていた房総スカイラインを多くのクルマとともにダラダラと走りましたが、終着の交差点で東京方面への右折レーンに5台ほど並んでいたため、イヤになって方針変更!(←たった5台でか?)
山間のR465を東に向かい、帰る前にもう一度海を眺めようとK256から新舞子海水浴場に立ち寄りました。
東京湾越しに見えるはずの富士山は残念ながら雲に隠れていましたので、いずれまたフルヌードを拝みに来るとしましょう。
で、暖かな陽射しにYubaさんが開け放っていたカレラSのスライディング・ルーフ。
991のそれを私は初めて見たのですが、ルーフ・パネルの殆どがそのまま後方外部にスライドするんですねぇ。
開口部の広さはともかく、可動部の面積は991のタルガ・モデルと変わらないように思えました。

P1070161.jpg
富津中央ICから館山自動車道に入り、流れの悪くなってきたアクアラインを抜けて首都高を都心方面へ。
あっという間に前へ出たYubaさんは、スポーツ・エキゾースト・システムを介してクアッド・テール・パイプから放たれる爆音を存分に聴かせてくれました(汗)。
スーパーカーが集まっていた首都高/辰巳第一PAで、再開&再走を誓って解散。
都内のランプを降りてゆくカレラSに、サムアップで別れを告げました。


本日の走行距離は、339km。
平均速度は66km/h、平均燃費は10.3km/lでした。

Yubaさん、お声掛け&同道いただきありがとうございました。
ホント、とても楽しかったです。
次回は是非ともワインディングで前を走っていただき、カレラSが疾走する姿を見せつけてくださいね!

・・・いや、置いて行かれては困りますので、疾走するのもほどほどに(汗)。

P1070156.jpg


nice!(10)  コメント(12) 

nice! 10

コメント 12

HAM@八王子

うん。なんかいい感じです。大人感が漂っていますww

変わらないようで変わっているけど変わっていない感がいいですなぁ。
by HAM@八王子 (2016-12-18 18:34) 

Yuba

遠州ドライブから7年。。。
意外とこんな長いブランクでも楽しく走れてしまうのがクルマ趣味の奥深さでしょうかね。近所なのになじみが薄い房総のワインディングをお陰さまで堪能することができました!

サファイアブルーのテールを睨みながらの道中、次回は是非前後を入れ替えながら楽しく走らさせていただければと思います。・・・もちろん視界から消える様なハイペースでは走れませんので「適度な車間」で遊んで頂けますれば幸いです。。。(汗)

帰りのアクアライン「撮ってるなぁ〜」とは思っていたんですが、めっちゃカッコ良い写真で一人ディスプレイを眺めながら「えぇやん・・・」とつぶやくオッサンでした(笑)

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!
by Yuba (2016-12-18 21:04) 

katsupon

師走に入り渋滞が激しいので、クルマに乗る気力を失っていたのですが、「そうか房総があったのか!」と気がつきました。
でも、クリスマス連休は迂闊に出かけるとはまりそうですよね。
by katsupon (2016-12-18 21:09) 

wata

HAMさん、こんにちは。

そうですね、HAMさんともYubaさんとも「Since BOHP」ですから、最初っからカウントすると本当に旧いんですよね。
でも、月日が流れて各自の環境や乗るクルマが変わっても、互いの関係はあんまり変わらないんだってことが改めてわかりました。
HAMさんともご無沙汰ですが、いつかまた!

by wata (2016-12-18 22:34) 

wata

Yubaさん、こんにちは。

おつかれさまでした!
Yubaさんと走るということで、あの苛烈を極めた遠州ドライブの思い出が脳裏を過ぎりましたが、今回は無事に帰ってこれて何よりでした(笑)。
海のイメージが強い房総半島ですが、個人的には内陸部のカントリー/ワインディング・ロードにこそ、走るべき道が多いと感じています。
冬場でも比較的安心ですので、是非またお出かけいただければと思います。
次回は、Yubaさんが走らせるカレラSの姿を存分に拝見させて下さいね!

by wata (2016-12-18 23:25) 

wata

katsuponさん、こんにちは。

そうですよ、房総がありますよ(笑)。
ロング・ドライブの趣は少ないものの、走り放題の県道を繋ぐと実に楽しいですよねぇ。
高速道路も、クリスマスだろうが年末年始だろうが空いている時間帯は必ずありますので、早起きを厭わず出かけましょう!

by wata (2016-12-18 23:28) 

あんじん

wataさん
先日 同じサファイアブルーのボクスターを所有していると書き込んだ者(やーす)です。
一度、二台並べて撮影とも書き込みました。
冬休みどこかで、ご一緒できないでしょうか?
どのような連絡手段がよろしいでしょうか?
ブログで人と知り合ったことがないので、恐縮です。

よろしくお願いいたします。
by あんじん (2016-12-28 21:49) 

wata

あんじんさん、こんにちは。

いやいや、こちらこそお声掛けいただき恐縮です(伏)。
個別にご連絡いただけるのであれば、このBlogのサイド・バーにmail toリンクを設置していますのでご利用下さい(スマートフォン用のBlogには表示されないかもしれません)。
もっと手っ取り早いのは、「平成二十九年 新年賀詞交歓会」に参加いただくこと。
もちろん私も行きますので、直接ご挨拶させていただければと思います(笑)。
http://whiteisland.blog.so-net.ne.jp/2016-12-15

by wata (2016-12-29 08:58) 

ガソリンはハイオク

はじめまして。いつもブログを楽しく読まさせていただいています。
wataさんは走り始めは何処を走る予定でしょうか?
ご一緒させて頂ければ幸いです。
by ガソリンはハイオク (2016-12-29 11:08) 

yasu

横から失礼します。

私もwataさんにご挨拶させていただきたいのですが、平成29年賀詞交歓会にお邪魔しても大丈夫でしょうか?

一度しかコメントしたことないのに厚かましいお願いで恐縮ですが、よろしくお願いしますm(__)m
by yasu (2016-12-29 12:17) 

wata

ガソリンはハイオクさん、はじめまして。

コメントをいただき、どうもありがとうございます!
差し支えなければ、引き続きおつき合い下さい。
で、「走り始め」については何も考えておらず、いつ、どこへ行くのかまったく不明です(汗)。
ひょっとすると、このBlogで告知するかもしれませんので、その際にタイミングが合えば一緒に走りましょう。
よろしくお願いします!

by wata (2016-12-29 14:19) 

wata

yasuさん、こんにちは。

「新年賀詞交歓会」って名前だけは立派ですが、中身は何もありません(笑)。
事前予約も参加表明も参加資格も費用もありませんし、Shimaさんや私と面識があろうがなかろうがまったくカンケイありませんし、自己紹介コーナーやビンゴ大会やプレゼント交換やキャンプファイヤーなどのイベントもありません。
勝手に来ていただいて、勝手に帰っていただければいいんですよ(笑)。

by wata (2016-12-29 14:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。