So-net無料ブログ作成
検索選択

GTHKD02:激変の空 [drive/touring]

新日本海フェリー「らべんだあ」は、定刻の4時30分に小樽港へ接岸。
穏やかな海の上を滑るようなクルージングと抜群のファシリティで、実に快適な船旅であった。
屋根を開け、曇り空の北海道へと青いボクスターが上陸する。

P1090737.jpg
G0040510.jpg
P1090740.jpg
P1090742.jpg
気温は20度を少し上回る程度で肌寒く、長袖のシャツを羽織って走る。
連日の真夏日と熱帯夜でアタマがおかしくなりそうな首都圏と較べれば、文字通り天国である。
最北へのルートは迷った挙句、2年前の内陸路ではなく日本海沿いをひたすら北上することとした。
交通量僅少のR231を順調に北上していると、しかし雄冬[おふゆ]の先で突然の雨に見舞われることとなり、ルーフ・クローズを余儀なくされる。
雨はワイパーが追いつかないほどの豪雨となり、雷鳴も轟いている。
前を行くロータス・エリーゼに乗るのは、厚田[あつた]のセイコーマートで言葉を交わしたソロ・ドライバー。
長野から同じフェリーでやってきて、今日は宗谷岬を経由して一気に紋別まで走ると言うから、ざっと700kmレベルの行程であろう。
漢[おとこ]である。
そのエリーゼのテールも霞むほどの雨は、留萌の辺りでようやく収まった。

P1090751.jpg
P1090763.jpg
G0060520.jpg
P1090768.jpg
0526.jpg
エリーゼと別れ、小平[おびら]・苫前[とままえ]・羽幌[はぼろ]・初山別[しょさんべつ]とR232を快走。
幌が乾いたのを見計らって再び屋根を開け、雲の切れてきた北の道を実に気持ち良く走った。
ところが天塩[てしお]まで来ると、またもやいきなりの暴風雨。
肚を立てながら幌を上げるものの、とても走れるような状態では無く、空き地への一時避難を余儀なくされた。
すぐ近くに落ちた雷のせいで町内は停電しており、信号が消えた土砂降りの交差点でお巡りさんが懸命に交通整理をしてくれている。
この天気では、D106/サロベツ原野へ向かっても意味は無いだろうな・・・。

P1090770.jpg
P1090778.jpg
P1090789.jpg
P1090804.jpg
P1090805.jpg
ところが豪雨のR232を走っていると、なんと海の方は晴れていて利尻富士が見えるではないか。
ビックリ仰天しつつD106に出て走っているうちに雨はパッタリと止み、あろうことか青空までが戻ってきてくれた。
天気が劇的に変わることが、北海道ではままある。
ままあるが、変わりすぎにも程がある。
利尻富士を望むオロロンラインでカラッカラに乾いたソフト・トップを開け、オープン・ドライブを再開。
天候が激変する北海道の旅路において、ワンタッチで開閉できるボクスターのコンバーチブル・システムは、その威力を大いに発揮してくれたのであった。

DSC_0031.jpg
P1090810.jpg
P1090811.jpg
P1090812.jpg
P1090829.jpg
稚内に入り、台湾料理店の「味源」で担々麺と焼豚玉子飯セットを注文。
ガツガツと平らげて汗を拭きつつ店を後にし、R238を宗谷丘陵へと走った。
道道を駆け上がって視界が拓けると、途中の豪雨がウソのような青空の下、緑成す丘の向こうに碧い海が拡がっている。
ここへは何度か来ているが、本当に素晴らしいところだとその度に思う。
アスファルトを離れて踏みこんだ未舗装路には貝殻が敷き詰められており、それがどこまでも続いている。
しかしながら、このまま海まで出ようと白い道を辿ってみたら行き止まり。
しゃーないなぁ、と苦笑いを催しつつ誰もいない最北の風景を心ゆくまで堪能してから、ボクスターをゆっくりとUターンさせた。

P1090842.jpg
P1090855.jpg
P1090858.jpg
P1090860.jpg
P1090864.jpg
道北エリアの道道は、半端無い。
宗谷丘陵のD889、牧草地帯を南下するD1119とD121は、走り放題にも程がある無人の快速カントリー・ロードである。
5速メインでひたすら走り続けることができるのだが、ところどころに潜むバンプやアンジュレーションには要注意。
私も減速が足りずに一度、ボクスターのアンダー・スポイラーをガリッとやってしまった(汗)。
続く落合広域農道は、大規模な牧場の中を走る道。
広域農道は全国どこでもいい道が多いが、北海道のそれはまた輪をかけて素晴らしいとつくづく感じる。
草を食む牛たちを横目で見ながら、ボクスターを気持ち良く走らせた。

P1090874.jpg
P1090875.jpg
P1090876.jpg
P1090878.jpg
P1090883.jpg
P1090884.jpg
豊富[とよとみ]のホクレンで給油、サロベツ原生花園に立ち寄り、晴れたのに利尻富士が見えなくなったオロロンラインをもう一度走って草原の中に建つ宿に到着。
一昨年も泊まった「あしたの城」は、ドミトリー主体の旅人宿である。
私は個室を取り、風呂を出てからビール片手に同宿の皆さんと談笑しつつ、名物の牛乳鍋を囲んだ。
夜、外に出てみると満天の星。
天の川なんて何年ぶりだろう、しかしどの星も滲んで見えるのはやはり加齢のせいなのだな(涙)。
札幌在住、稚内からクルマで帰る途中だと言う女の子も出てきて、星を眺めながら旅の話に花が咲く。
そう言えば、話をした同宿の旅人のうち、半数は道民の方である。
北海道在住なのに、道北エリアに来たのは今回が初めてと言う人も少なくない。
国土面積の2割を超える、「都内」や「県内」とはケタが違う「道内」のデカさを、改めて実感させられたのであった。



nice!(13)  コメント(6) 

nice! 13

コメント 6

ていしあ

こんばんは。

D889走られたのですね。私が行ったときには残念ながら通行止めでした。羨ましい。

落合広域農道はいかがでしたでしょうか。私は外せないポイントになってしまいました。続きも楽しみにしています。
by ていしあ (2017-09-07 18:37) 

TH

Wataさん、昨日の返事ありがとうございました。 豊富の大規模牧場も走られたのですね。 私が7月に行ったときは、雨雲が少なそうなオホーツク海側にルート変更して行きそびれましたが、写真を見て、また、道北に行きたくなりました! 
by TH (2017-09-07 20:06) 

wata

ていしあさん、こんにちは。

大規模草地放牧場を抜ける落合広域農道、ていしあさんに教えてもらって今回初めて走ったのですが、いや本当に景色が良く気持ちのいい道でした!
毎年夏には自転車のロードレースが行われるとのこと、さもありなんと思いましたよ。
私も次回また是非走ろうと思っています。
ありがとうございました!

by wata (2017-09-07 22:33) 

wata

THさん、こんにちは。

道北には、いかにも北海道って感じの素晴らしい道や景色がたくさんありますよね。
落合広域農道/大規模草地放牧場も、期待を上回るシーニック・ロードでしたので、次回は是非走ってみてください。
ただ、私もルートは天気優先で決めるタチですけどね(笑)。

by wata (2017-09-07 22:39) 

KG

こんばんは。

道道889号線は自分の中でも好きな道の上位に入りますね!
何度走ってもニヤニヤしながら走ってしまいます(笑)

自分も旅の間で前が見えなくなるほどの雨にみまわれて避難した事がありました。
オープンにして走れなかった日が無かったのは幸いでしたが!
by KG (2017-09-08 20:46) 

wata

KGさん、こんにちは。

もちろん私も、KGさんの北海道旅日記を毎回楽しく拝見しています。
仰るとおり、晴れた宗谷丘陵をオープンのボクスターで走らせるのは本当に気持ちいいですよね!
この日は、北海道の天気がすんごい勢いで変わることを改めて実感しました。
やっぱおもしろいですよね、北海道(笑)。

by wata (2017-09-08 21:40) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。