So-net無料ブログ作成

GTHKD03:道北快走ドライビング [drive/touring]

5時に起床。
静かに身支度を整えて、まだ眠っている宿を後にする。

0006.jpg
P1090887.jpg
0010.jpg
P1090888.jpg
P1090889.jpg
P1090890.jpg
サロベツの朝は、風が強いが爽やかに晴れ渡っていた。
それでも頑固な雲のかかった利尻富士を左手に見ながら、ボクスターのトップを下ろして再びオロロンラインを北上する。
稚内の市街地を天北北部広域農道でパス、R238からもう一度宗谷丘陵に上がった。
手前のセイコーマートで仕入れた握り飯を頬張る、こういうところで喰うと旨さは倍増だ。
海の向こうに樺太を望みながらのんびりと丘を下り、宗谷岬に立ち寄った。
ライダーやチャリダー、カップルや家族連れが、最北端の碑の前で思い思いに写真を撮っている。
皆、到達感に溢れたいい笑顔であった。

P1090891.jpg
P1090898.jpg
0018.jpg
P1090896.jpg
P1090907.jpg
P1090909.jpg
R238でオホーツク海沿岸を南下。
気温は20度プラスでとても気持ち良く、水平線を眺めながら、時折現れる前走車を安全かつ迅速にヴッコ抜きつつ快調に走る。
猿払[さるふつ]で国道を離れ、驚異の直線道路・村道エサヌカ線に立ち寄る。。
ここに来たのは3度目となるものの、地平の彼方へと消えてゆく圧倒的なストレートには毎回、新鮮に驚かされる。
まっすぐ&まっ平らにも程があると思うのだが、それが無いのだ。
緑の大地にたった一本だけ引かれた直線道路を、雲の影を追って、ボクスターは走った。

DSC_0037.jpg
P1090911.jpg
P1090910.jpg
昨日から沿岸部ばかり走っていたので、浜頓別[はまとんべつ]で内陸部へと舵を切る。
R275は適度に曲がった森の中の快速路、5速⇔6速でひたすら走り続けた。
トイレ休憩に寄った道の駅「ピンネシリ」を始め、鹿の飛び出しに対する警告をあちこちで目にする。
激突したらシャレになんないなーと思いつつ、左右の森に注意を払いながら走る。
走り放題は音威子府[おといねっぷ]で一旦終了、昼時となったのでR40の沿道で見つけた「咲来[さっくる]」で豚丼と蕎麦のセットを喰い、腹を満たした。

P1090913.jpg
P1090915.jpg
P1090917.jpg
P1090919.jpg

食後のオッサンは名寄[なよろ]から再びオホーツク方面へと向かうべく、R239で天北峠を越えてゆく。
峠越えとは言っても北海道のそれだから、ダウン・シフトはせいぜい5速で事足りるレベルの緩やかさだ。
このままR239を行けば海に出るが、西興部[にしおこっぺ]からD137を走ってみたら、これが滅法おもしろい。
ツーリングマップルに「交通量皆無・寂しいルート」とあるが、3速まで使う峠道を含む、強烈なドライビング・ロードであった。

P1090926.jpg
P1090927.jpg
P1090931.jpg
遠軽[えんがる]からD244でサロマ湖まで出、傾き始めた陽に輝く湖面を眺めながらR238を走る。
と、通り過ぎた右手に「北勝水産」の看板を発見して思いっきりスピンターン!(嘘)
一度喰ってみたかったホタテバーガーは、揚げたて肉厚のホタテにタルタル・ソースが絡み、レタスやトマトの瑞々しさも相俟って抜群の旨さであった。
大満足でリスタート、いったん国道を離れて静かなD442で湖畔を走り、網走方面へと向かった。

P1090933.jpg
P1090932.jpg
P1090937.jpg
P1090940.jpg
P1090938.jpg
P1090941.jpg
市内で給油を済ませ、昼飯時に予約しておいた畑の中の「いもだんご村」に到着。
1泊2,600円、いわゆる旅人宿なのに今日の宿泊者は私独り。
大部屋のロフトが貸し切りなのは嬉しいが、やはりちょっと寂しい気もする。
ここは食事を出していないので、おかみさんに聞いたスープカレーの店「木多郎」へとボクスターを走らせて、チキン野菜カリーを喰った。
宿に戻りデッキで涼んでいると、宿猫がニャアと鳴きながら私の足に飛び乗り、スースーと寝息を立て始める。
いやはや、人懐こいにもほどがある。



P1090942.jpg

nice!(10)  コメント(8) 

nice! 10

コメント 8

えすぷれそ

こんばんは。8月に道北に行ったので楽しく読ませていただいてます。
エサヌカ線はひたすらまっすぐで本当に爽快な道ですよね。走り抜けたいし、走り切ってしまうのはもったいないって感じがしました。
by えすぷれそ (2017-09-09 02:38) 

yone0531

wataさん こんにちは。

最初の数枚で一気に、北海道へ連れていかれた気分になります。
いや~、素晴らしすぎる!
wataさん的には、真っすぐな、道より、狭い道、クネクネ道の方が
お好きなんでしょうけれど。(笑)
引き続き、楽しみに続きを読みたいと思います。
宜しくお願い致します。
by yone0531 (2017-09-09 08:24) 

wata

えすぷれそさん、こんにちは。

エサヌカ線、まっすぐすぎますよねぇ。
「走り抜けたいし、走り切ってしまうのはもったいないって感じ」は非常によくわかります。
なので私は一度走り抜けてから、もったいないと思って引き返してしまいましたよ(笑)。

by wata (2017-09-09 17:10) 

wata

yone0531さん、こんにちは。

確かにワインディングと呼べるような道は少ないものの、直線主体でも北海道のドライブは実に爽快で楽しいですよ~。
これからも同じような写真が続くと思われますが(汗)、そんな爽快感が少しでも伝われば本当に幸いです。
こちらこそ、引き続きよろしくお願いします!

by wata (2017-09-09 17:17) 

Sho-z

北海道編、楽しく拝見しています。
前日の良い天気がそのまま続いていたようで、ラッキーでしたね!
“デカさ”がビンビン伝わってくる写真に思わず「うおおお!」なんて独りで声を上げてしまいましたよ(汗)
一面の緑の中を走り抜けるボクスターやカッコよくスピンターンをキメる(!)ボクスターが私の頭の中でフワフワしています。
今年も北海道には行けなかったので(涙)引き続きバーチャル・ツーリングを楽しませていただきますね。

個人的にはネタたっぷりの「ぶつ鹿らない」新聞?の内容がツボです(←そこか)
by Sho-z (2017-09-10 00:03) 

ビ―クロ

wataさん

初めまして。ビークロと申します。

ブログの方は、前々から楽しく見させて頂いておりました。
去年辺りから、自車で遠征するようになり今年の八月に
北海道を初めて走ってまいりました。皆さんが走りに行くのが
わかったような気がします。引き続き楽しく拝見させて頂きます。
by ビ―クロ (2017-09-10 13:16) 

wata

Sho-zさん、こんにちは。

はい、この日はとてもいい天気で、実に気持ちのいいオープン・エア・ドライビングとなりました。
ざっくり500kmですから、東京から大阪までの距離を走り放題走っていたんですねぇ。
Sho-zさん、もし北海道未走であれば、万障繰り合わせまくりの上で走りに行くことを強くお勧めしますよ。
幌を下ろしたS2000で北の大地を爆走し、ご自身の眼で「ぶつ鹿らない新聞」を読みに行くなんて、最高じゃないですか!(笑)

by wata (2017-09-10 20:09) 

wata

ビ―クロさん、はじめまして。

コメントをいただき、どうもありがとうございます!
私も「自車で遠征する」のが大好きで、おかげさまであちこち走らせてもらっていますが、北海道はやっぱり別格だと思います。
クルマはもちろん、バイクや自転車で走りに来ている人も多いですよね。
仰るとおり、私もその気持ちはよーくわかります(笑)。
こちらこそ、引き続きよろしくお願いします!

by wata (2017-09-10 20:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。