So-net無料ブログ作成

奥多摩ドライブ [drive/touring]

朝6時、快晴。
中央自動車道/相模湖ICを出てセブン-イレブン神奈川藤野町店に立ち寄ると、紅いRUF Rt12が既にスタンバっていました。
引率役のsuite-spiralさんから簡単なルート・ガイダンスを受け、トランシーバをセットしたら出発です。

P1020858.jpg
2台は相模湖を対岸へ渡り、旧秋山村のK35を西に走ります。
信号ゼロ、交通量僅少のこの道は、適度な曲率のコーナーに恵まれた気持ちのよいカントリー&ワインディング・ロードです。
本来は屋根を開け放ったボクスターでノンビリ走るのが正しい姿なのですが、前を行くsuite-spiralさんがそうはさせてくれません(汗)。
ベースとなった997型ポルシェ・911ターボのワイド・ボディを更に拡幅したという、Rt12。
その巨大なケツが視界から消えないよう、ボクスターは最初っからスポーツプラス・モードへのセットを余儀なくされ、ドライバーは必要以上のギア・ダウン&アクセル・オンを強いられています。
ま、要するにとても楽しいのですが、中央道で13km/l近くまで伸びていたボクスターの燃費がたちまち一桁台に落ちてゆくのを確認し、「さもありなん」と独り呟いた次第です(涙)。

P1030007.jpg
P1030004.jpg
P1030008.jpg
県道終着のセブン-イレブン都留井倉店でコーヒー・ブレイク、大月の街を抜けR139で奥多摩方面へと向かいます。
途中からパイロットを任されて前に立ち、誰もいない山の中を気持ちよく走っていきます。
屈曲路の旧道を潰して通した松姫バイパス・トンネルで、あっけなく小菅村に到着するのですが、タフ&ファンな松姫峠越えを知る者にとってはホントにあっけなくて、心底驚かされました。
奥多摩湖まで出てから、R411を西へ。
今も改良工事が進む国道を快調に走っていくボクスターの後方からは、おそらく2,000rpmぐらいまでしかエンジンを使っていないであろうRt12のサウンドが、それでも爆音となって轟いてきます(汗)。
霞む富士山を望む柳沢峠で休憩していると、見覚えのある黒いプジョー・RCZがやってきました。
昨年の晩秋、同じ場所でお会いしたドライバーの方と再会し、クルマ談義に花が咲きます。
いやはや、お好きですねぇ(笑)。

P1030019.jpg
P1030022.jpg
P1030030.jpg
P1030035.jpg
P1030037.jpg
いったん塩山方面へと下ってからUターン、長大なループ橋を豪快に駆け上がってゆくRt12とボクスター。
ギンギンの青空からは初夏の陽光が降り注ぎ、長袖を脱ぎ捨てて以降はTシャツ1枚で走り続けました。
日焼けしまくるのは承知の上、もはや知ったこっちゃありません(笑)。
交通量の増えてきたR411を東へ戻り、奥多摩湖畔をトレースして大麦代園地駐車場へ。
ここは週末になると走る皆さんが自然と集まってくるらしく、その流れで知り合ったというsuite-spiralさんのお仲間も何人かいらっしゃいました。
そのうちの一人、大黒PAでもお会いした米米Wさんと3人/3台で、丹波山村営釣り場にある「やまびこ食堂」へ昼飯を喰いに行きます。
いかにも観光地にありがちな普通の食堂なのですが、ここの蕎麦はどう見ても「蕎麦屋の蕎麦」の旨さで、大いに満足させていただきました。

P1030053.jpg
食後は、再び走ります。
suite-spiralさんが「今日の締めにとっておいた(笑)」と言うK18は、ハードな鶴峠越えを含む素晴らしいワインディング・ロード。
奥多摩湖周辺と違って交通量も少なく、安全で痛快なドライブを心ゆくまで楽しむことができます。
米米Wさんのクルマは987型ポルシェ・ボクスター・スパイダー、幌の電動化を廃し簡素な組み立て式にするなど、走りにフォーカスした実にストイックなモデルです。
赤/青/白の3台は楽しく走り続け、K522から脇道を山の中へ向かい、陣馬山麓の旅館「陣谷温泉」へ。
爽やかな風が吹く檜風呂で汗を流してから山を下り、R20で大垂水峠を越えて、高尾山ICからそれぞれの家路に就きました。


本日の走行距離は、346km。
走行時間は6時間30分、平均速度は55km/h。
燃費は帰りの中央道で何とか二桁まで戻し、10.4km/lとなりました(笑)。

---

早朝より初夏の奥多摩エリアをアテンドしてくれたsuite-spiralさん、途中から一緒に走っていただいた米米Wさん、どうもありがとうございました。
お二方のおかげで、減っていたボクスターのリア・タイヤはすっかりツルツルとなってしまいましたが、これも楽しさの代償ということで致し方ありませんね(涙)。
いずれまた、ご一緒させてください!

nice!(11)  コメント(8) 

nice! 11

コメント 8

M郎

楽しかったようで何よりです。(遠い目)
奥多摩の山々に、ポルシェの快音が響き渡っていたのでしょうね。
大したことないと思っていた愛車の修理に約2ヶ月かかっているのですが・・・!治ったら遊んでくださいね。
by M郎 (2018-05-29 23:11) 

米米W

バッテリー上がりを防ぐため
ちょこっとドライブで行ったつもりが、思いがけず楽しい一日に
なりました!!
是非、またご一緒させて頂ければと思っております。
by 米米W (2018-05-30 12:02) 

wata

M郎さん、こんにちは。

はい、確かにボクスターも快音を発してはいましたが、Rt12の爆音にかき消されて殆ど聞こえませんでした(涙)。
しかし、全世界限定99台のALPINA B3 GT3の修理に時間がかかっているということは、もしかして99台のためだけに作られた超ウルトラスーパースペシャルレアな専用部品が壊れちゃって、「今ブッフローエで作ってます」的な状況なのでしょうか?
・・・お察し申し上げます(伏)。

by wata (2018-05-30 20:54) 

wata

米米Wさん、こんにちは。

どうもありがとうございました!
あれだけ山坂道を走らせれば、ブン回されたオルタネータが黒四ダムのように発電しまくったでしょうから、当面バッテリー上がりの心配は無さそうですね(笑)。
それにしても、天気の良い週末には屋根を外したスパイダーで奥多摩へフラッと走りに行くなんて、実にカッコいいクルマ・ライフだと思います。
私のボクスターでは、屋根を開け閉めするスピード以外に勝ち目はありませんが(汗)、機会があれば是非また一緒に走ってください。
今後とも、よろしくお願いします!

by wata (2018-05-30 20:54) 

Sho Torii

Red, white & blueはアメリカ国旗の色です。今週の月曜日はMemorial Dayで、今でも家々に国旗が揚げられています。三台並んだ写真があると嬉しかったですね。
by Sho Torii (2018-05-30 21:49) 

suite-spiral

K18、最高でしたね。

奥多摩へアプローチするルートの中では大菩薩ラインや檜原街道に比べて、断然マイナーな裏ルートにあたるものですが、その分、交通量が僅少ですし、タイトなS字カーヴが連続するようなステージが残されていて、北側からのダウンヒルは最高ですね。

P-ZEROを綺麗に使い切れて何よりです(笑)

また何処かのマイナーな県道を駆けましょう。

by suite-spiral (2018-05-30 23:05) 

wata

Sho Toriiさん、こんにちは。

なるほど、アメリカの国旗もこの三色なんですね。
私の乏しい知識では、赤/白/青の三色と言えばフランス国旗しか思い浮かびませんでした。

by wata (2018-05-31 21:48) 

wata

suite-spiralさん、こんにちは。

お誘いいただき、ありがとうございました!
リア・タイヤはマジで一気に使用限界に達してしまいましたので、次回走るまでに交換しておきます(汗)。
都心部から比較的近い奥多摩エリアは、「表」と「裏」との差が顕著ですね。
走り屋のメッカだった奥多摩周遊道路は、さまざまな規制などを経て今やすっかり表の顔になりましたが、一方で、まだ裏的な未改良のクネックネ道もたくさん残っていますよね。
えぇ、もちろん私は裏のほうが好きですよ、suite-spiralさんと同様(笑)。

by wata (2018-05-31 22:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。