So-net無料ブログ作成

東北グランド・ツーリング[5]男鹿半島を巡り、鳴子まで [drive/touring]

TVの天気情報によれば東京は曇り空だとのことですが、夜明け前の男鹿温泉は快晴の予感。
今日も楽しく走りましょう!

P1070884.jpg
P1070889.jpg
P1070885.jpg
P1070886.jpg
P1070964.jpg
P1070894.jpg
P1070906.jpg
朝風呂→朝飯→チェック・アウト。
男鹿半島突端の入道崎は、1年前と同じく素晴らしい天気となりました。
売店で買い物をし、いつものように店頭の「動くナマハゲ」を軽くイジってから、K121→K59と半島西岸を南に走ります。
この道は本当に大好きで、青い海を見下ろす断崖上のワインディングがもうたまりません。
他にクルマは殆ど見当たらず、スポーツ・プラス・モードを選択してボクスターを走らせました。
風の音とエンジン・サウンド、エキゾースト・ノートとが三位一体となり、天からキャビンへと降り注いできます。
嗚呼、もう最高ッ!(発射)

P1070986.jpg
P1080009.jpg
P1070998.jpg
P1070993.jpg
P1070992.jpg
男鹿半島ドライブのもうひとつのハイライト、寒風山エリア。
青いボクスターはK55でススキに覆われた小高い丘を爽快に走り抜け、そのまま山頂へと登っていきました。
陽光眩しい南斜面のパーキングからは眼下の海岸線が一望でき、実に豊かな気持ちにさせられます。
そんな下界に向かって、パラグライダーが次々とテイク・オフ。
空中散歩はとても気持ち良さそうですが、ちょっと怖いですね・・・。
私はやっぱり、4輪を地につけてフラフラと走り回っているのが性に合ってます(笑)。

男鹿半島でのんびりしすぎたためか、時刻はいつの間にか正午を回っていました。
東北地方の週間天気予報をチェックしてみると、明日以降は雨マークのオンパレードとなっています。
旅程的にはあと2-3日走ることもできるのですが、わざわざ雨の中を走る必要もありません。
と言うことで、今日泊まって明日帰ることとし、いつものように「じゃらんnet」で宿探し。
宮城県/鳴子温泉まで走ることに決定、R101で昭和男鹿半島ICへアクセスし、ルーフを閉じて秋田自動車道を南に走りました。

P1080011.jpg
P1080015.jpg
P1080018.jpg
このまま高速で行けというカーナビの指示を無視し、西仙北SAのスマートICでアウト。
ツーリングマップルとにらめっこして、どう考えてもクルマが走ってなさそうな南下ルートを考えました(笑)。
トップを下ろしたボクスターは、広域農道/出羽グリーンロードを快走し、K57で小さな峠を越えてゆきます。
沿道には何も無く、海や山の絶景に出会うことも無いカントリー・ロードを、文字通りただひたすら走るだけ。
しかし、この感じがグランド・ツーリングなのだ・・・と、つくづく思いながらアクセルを踏み、ステアリングを切り続けました。
里山の艶やかな紅葉も、あと数日で終わりを迎えることでしょう。

P1080026.jpg
R108/仙秋サンラインを淡々と走るボクスター。
この道は宿泊地の鳴子温泉まで続いており、沿道の山の風景もなかなかですが、クルマもそれなりに走っています。
道幅は広く、前走車を安全にブッコ抜くことができるものの、次々とクルマが現れるのでキリがありません。
で、宮城県に入ってK248へと逃げました(笑)。
初めて走るこの道は思いっきり遠回りとなりますが、枯葉舞う2車線の山間ワインディングは交通量ゼロで文句なしの走り放題。
スポーツ・モードに設定したボクスターで、力いっぱい走りました。
道はそのままK249となり、峠付近ではリアル1車線の羊腸路となります。
対向車に注意しながら面白がって走っていると道は再び2車線となり、K253を経てR47に出ました。
今日の宿は、もう目と鼻の先です。

P1080027.jpg
P1080032.jpg
東鳴子温泉、「高友旅館」。
予備知識ゼロ、「GT宿(=温泉旅館で一泊二食付き1万円以下)」の条件を満たしているとの理由だけで選んだのですが、到着してビックリ仰天。
激シブな感じの建屋は聞けば大正時代からのものとのこと、増築増築で迷宮のようになってますが、旧き佳き時代の温泉宿そのままの風情です。
源泉は4つもあり、特に「黒湯」と呼ばれる名物の温泉は、嗅いだことの無い薬草のようなきついニオイが漂っています。
万病に効くというこの湯を求めて、全国から客が訪れるのだそうです。
ちなみに晩飯のおかずは作り置き、温かいのはご飯と味噌汁だけという典型的な湯治宿スタイルですが、この宿の要諦はそんなところでは無いんですね(笑)。
ネットで偶然見つけたとは言え、最後におもしろい宿に泊まれて良かったなぁと思いました。


本日の走行距離は、321km。
走行時間は5時間28分、平均速度は60km/h。
平均燃費は10.3km/lでした。

nice!(3)  コメント(4) 

nice! 3

コメント 4

nao

遅ればせながら納車おめでとうございます!まさかボクスターとは、妻共々またビックリしています。私はwataさんとは真逆に10年間のオープン生活から、4ドアセダン生活にほぼ時を同じくして移行しました。しかも、恐らく鳴子温泉はニアミス。当方も納車後の慣らしで鳴子温泉に詣でていた次第です。
S2000,赤Mロードスターと来て遂にATかと思いきや、今度はやっぱりMTのWRX-STi。マニュアルが止まりません。
今度は走りでご一緒できますように!
by nao (2014-11-13 00:19) 

wata

naoさん、こんにちは。

こちらのBlogにもアクセスいただき、ありがとうございます。
いやはや、お互いに同じようなタイミングで同じようなことをしていたんですね!
しかしスバル・WRX-STiとは、また硬派なクルマを選ばれましたねぇ。
naoさんも私も、恐らく一生マニュアルを放棄することは無いと思いますよ。
ちなみに私の父は78歳ですが、現在に至るまでマニュアル車しか乗ってませんから(笑)。

by wata (2014-11-13 21:21) 

K

やはり東北、GT宿にも個性が出ていますね。
湯治という意味では、まさに最高の宿なんでしょう。
行き当たりばったりの旅、ならではですね。
by K (2014-11-14 00:18) 

wata

Kさん、こんにちは。

おかげさまで健康な私、湯治の必要性はまったく無いんですけど(笑)、湯治系の温泉宿は風呂も雰囲気もいいんですよね。
事前に宿を決めずに出た初めてのGTでしたが、オフ・シーズンとあってか、ほぼ当日にイイ感じの「GT宿」を取ることができました。
自由なクルマ旅、最高ですねぇ(笑)。

by wata (2014-11-15 00:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。