So-net無料ブログ作成

走り納めの西伊豆ツーリング [drive/touring]

2014年の走り納めに、クルマ仲間と伊豆へツーリングに行ってきました。

P1090217.jpg
P1090221.jpg
早朝、ShimaさんのALPINAロードスターと共に東名/海老名SAを出発。
帰省ラッシュの波に飲み込まれる前に沼津ICを出て、ALPINA B3Sに乗るM郎さんと合流しました。
伊豆縦貫道→伊豆中央道で市街地をバイパスし、西海岸のワインディング・K17をトレースしていきます。
冷たい雨が降り続いた前日から一転、青空となった伊豆半島は気温も上がり、2台のALPINA車を追って楽しく走りました。
風が強く、駿河湾越しの富士山はやや霞んでいたものの、井田から戸田へと快適なドライビングが続きます。

P1090223.jpg
しかしながら土肥が近づくにつれて前が詰まり始めてきたため、ここらでいったん海を棄てることに決定。
R136で船原峠まで上り、K411で稜線上を南下していきました。
さすがに沿岸部よりも気温は低いのですが、交通量はほぼ皆無。
前後を入れ替えながら気持ちよく走り続け、海を見下ろす西天城高原のパーキングでひとやすみしてから、K410に突入します。
宇久須までのダウンヒルは、高低差&曲率ともにハードなコーナーが続く楽しいルート。
しかし濡れ落ち葉やキャッツ・アイなどのトラップもあるため、安全運転必須です(汗)。
大笑いしながらノンストップで駆け下ったところで、オッサンたちはすっかり腹が減りました。

P1090225.jpg
P1090228.jpg
西からの強い潮風を浴びつつR136で松崎まで走り、「地魚さくら」で昼飯を喰います。
定番・アジのまご茶漬け定食は、自家製ところてんの食べ放題に野菜の天ぷらなどもつき、味もボリュームも大満足。
初めて喰ったと言うShimaさんも、大変ご満悦のご様子でした(笑)。
食後は歴史ある街並みの松崎で、旧家探訪。
Shimaさんはここも一度来てみたかったとのことで、ますますご満悦です。
いやはや、文学的ですなぁ(←そうか?)。

P1090232.jpg
P1090242.jpg
午後は南伊豆まで足を延ばそうということになり、R136→K16であいあい岬へ。
ホーム・コースにしているM郎さんが、後続の2台のロードスターを寄せ付けない走りを披露してくれましたが、岬の駐車場は暴風が吹き荒れており短時間で撤収(涙)。
また、松崎へと戻る途中に棚田があるというので寄ってみたものの、先導役の私が通り過ぎて極悪狭隘路に迷い込んだ挙句、再び辿りついた棚田の景色は真冬ということでよくわからず・・・。
ここは緑の時期か、冬場ならライト・アップされているという夜間に訪れることを、強くお勧めする次第です(汗)。

P1090247.jpg
P1090254.jpg
P1090257.jpg
本日の宿は、松崎から少し内陸に入ったところにある「桜田温泉・山芳園」。
田園風景の中の静かな一軒宿で、私が独り旅で泊まるような宿よりも料金ランクは上ですが、値段以上の価値がある旅館だと思いました。
輝き始めた月を眺めながら入る適温の露天風呂はとても広く、手足を伸ばして寛ぎ放題。
個室での夕食は新鮮な海の幸が満載、アイガモ農法で育てたと言う自家製のご飯も抜群の旨さです。
再び露天風呂に浸かったり、布団の上でゴロゴロしつつクルマ話に花を咲かせたりしてから、オッサンたちは爆睡の床に就きました。

P1090262.jpg
翌日も晴天、しかも夜の間も吹き荒れていた風はすっかり鎮まっています。
露天風呂で目を醒まし、旨い朝飯をたらふく喰ってチェック・アウト。
大晦日の今日は早々に引き上げることとしていますが、だからと言って幹線道路をダラダラ戻る我々ではありません(笑)。
宇久須からは、昨日とは逆にK410でヒルクライム。
インリフトと闘いながら一気に駆け上がり、快晴のK411→K127/西伊豆スカイラインを北上していきます。
快走しまくりではありますが、ただし日蔭はところどころ凍結していますので注意が必要です(汗)。
K18で再び山を下り、戸田からは昨日と同じK17でタイトなワインディング・ランを楽しみました。
沼津でM郎さんと別れ、まだ空いている東名の流れをリードしながら東京方面に向かう白と青のロードスター。
もちろん、2台とも屋根は開けたままです(笑)。

二日間の走行距離は、617km。
走行時間は11時間01分、平均速度は56km/h。
平均燃費は、10.3km/lでした。

P1090278.jpg
M郎さん、Shimaさん、どうもおつかれさまでした。
日帰りの単独行でも十分楽しい伊豆半島ですが、お二方と一泊することによって楽しさ倍増、大笑いの走り納めとなりました。
今年もまた、一緒に楽しく走りましょう。
ありがとうございました!


nice!(5)  コメント(12) 

nice! 5

コメント 12

zen

今回はドタキャンしてすみませんでした。こんな「写」を見せられたら、もう、あぁ〜って感じです。
by zen (2015-01-09 08:07) 

kami

いや〜羨ましい〜❗️
年末は良い〆をなさっていたんですね。(笑)
”インリフト”・・・久しぶりに私も経験してしまいました。
知り合いの家へのアプローチで(汗
M4の短足ぶりにビックリでした。
タイトな山道は厳しそうです。(涙)
ボクスターはしなやかそうですね〜。
アルピナの脚に入れ替えかな〜?(←やらない 汗)

by kami (2015-01-09 20:48) 

M郎

忘年ツーリングお疲れ様でした。
毎度走っているホームコースですが、仲間と走ると楽しさ10倍というところでしょうか。
山芳園も20年近く行こう行こうと思いながら(汗)、今回宿泊してみたら、その素晴らしさに驚いてしまいました。再訪したいと思っています。

おかげさまで、最高の締めができました。
ありがとうございました。
by M郎 (2015-01-09 23:00) 

shima

年間のツーリングも、30-31日と通常ではありえない日程での泊がけのツーリング故、1回目は”今回だけお願い”からはじまり、2回目は”今回もお願い”でなんとか許してもらい3回目は”えーまた行くの?(怒)”、今回は”どーせまた行くんでしょ(呆)”と、我が家では特例から恒例に変ってしまった年末忘年ツーリングですが(我が家ではもちろんwataさんが悪者ですが。。。(笑))、前置きはこのくらいにして、今回も楽しかったですね。あんなところにあんな立派な温泉宿があるとは思いませんでした。こちらも恒例にしたいところですね。。。
by shima (2015-01-10 05:06) 

STL

初めまして。STLと申します。

やはりwataさんでしたか。当日お見かけし、「もしや?」と思ったのですが。。。当方、赤の1シリーズです。船原峠辺りの通行止めで引き返して来た際にすれ違いましたが、3台そろうと華やかですね。

またどこかでお見かけした時は、お声掛けさせてください!

by STL (2015-01-10 05:18) 

wata

zenさん、こんにちは。

いえいえ、またおヒマなときにでもご一緒させてください。
よろしくお願いします!

by wata (2015-01-12 18:45) 

wata

kamiさん、こんにちは。

ご推察の通り、ボクスターの脚はイメージよりも遥かにしなやかでした。
とは言え、宇久須からの上りはかなりの急勾配&高曲率なので、調子こいて走るとインリフトは必至です。
しかしkamiさん、一般のご家庭へ向かわれる際にインリフトしたとは・・・。
いったいどんだけハイ・スピードで住宅街を走っていたのでしょうか、M4(汗)。

by wata (2015-01-12 18:45) 

wata

M郎さん、こんにちは。

おつかれさまでした。
また、素晴らしい宿をセッティングしていただき、どうもありがとうございました。
おかげさまで、袋の皺も伸び放題となりました(←そうか?)。
日帰り圏内のハズなのに「走った感」でいっぱいなのは、お二方に引っ張られ、或いはつつかれたせいでしょうね(笑)。
どうもありがとうございました!

by wata (2015-01-12 18:45) 

wata

Shimaさん、こんにちは。

いや、さすがに「31日-1日」ではないので問題は無いでしょう(←ホントか?)。
私がダシに、或いは悪者にされるのは甚だ遺憾ではありますが、それでShimaさんがツーリングに出ることを許されるのであれば、その汚名、甘んじてお受け致しましょう。
「いつもいつも、私(wata)が無理矢理誘ってツーリングに連れ出しているのです。何卒ご容赦いただけますよう、伏してお願い申し上げます」
・・・と、お伝え下さい(涙)。

by wata (2015-01-12 18:46) 

wata

STLさん、はじめまして。

コメントをありがとうございます。
赤いBMW1シリーズ、もちろん覚えていますよ!
その先で通行止めにブチ当たり、「そうか、さっきの赤い1シリーズもここでUターンしたんだ」なんて3人で話しておりました。
しかし偶然とは言え、このBlogを読んで下さっていたとはビックリです。
いずれまたどこかでお会いできるのを、楽しみにしています!

by wata (2015-01-12 18:46) 

U1

バトルの動画初めて見ました、石跳ね対策された車間距離絶妙ですよね、前から不思議なのは空撮 の時の音声が風切りもなく、クリアに録音されてるのに驚きです、自分もバイクで動画撮りますけど、風切り音が不快で対策出来無いでいるので、プロならではの特殊技術を使っているのだろうと思ってます、又バトル動画楽しみにしてます。
by U1 (2015-01-24 11:18) 

wata

U1さん、こんにちは。

まず最初に申し上げますが、このムービーは「バトル」ではございません(汗)。
あくまで推測ですが、世に出ている空撮ムービーの音声は、カメラとは別に地上で専用の録音機材を使っているのだと思います。
ちなみに私はボクスターでの車載録画は2世代前のGoPro「HERO2」を使っていますが、内臓マイクだと風切り音で何も聞こえないので、外部マイクを接続しています。
値段は確か、数百円だったと思います(笑)。

by wata (2015-01-24 22:13) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。