So-net無料ブログ作成

北海道グランド・ツーリング[2]シャコタン、ヒマワリ、ホロカナイ [drive/touring]

岩内を、6時前に出発。

P1130857.jpg
P1130862.jpg
まずはR229で積丹半島を時計回りに回る。
予報は「曇り時々雨」、実際は「曇り時々どしゃ降り時々晴れ」。
故になかなか幌を下ろすことができなかったが、十数年ぶりの積丹半島周遊道はほぼ全面的に改良されており、かつ交通量皆無で実に気持ちよく走れる。
車窓に流れる海岸部には、どこもかしこも立錐の余地もないほどテントがギッシリと張られていた。
歩こうと思っていた神威岬は開門前につき断念、そのままドライビングに専念して半島を一周。
余市からは広域農道/フルーツ街道を快走し、道道を経てR5→R337と石狩湾沿いに走り、札幌の市街地をあっさりとパスした。

P1130869.jpg
P1130873.jpg
P1130874.jpg
さ、ここからは最北へのドライブだ。
前回は日本海を見ながらR231一本で走ったので、今回は内陸に入ってD28で北上を開始した。
屋根を開け放ち、ロング&ロング・カントリー・ロードを6速メインで走り続ける青いボクスター。
クルマもバイクもほとんど走っておらず、文字通りの走り放題となった。
いやもう、最高である。
路面の良くないR451を東に走り、R275で引き続き内陸部を北上。
北竜町ではヒマワリがたくさん咲いており、丘一面を太陽の色に染め上げていた。

P1130884.jpg
P1130889.jpg
P1130898.jpg
P1130897.jpg
P1130901.jpg
P1130904.jpg
P1130905.jpg
街を離れるとR275は強烈な快走路となり、前後左右に北海道らしいダイナミックな風景が展開する。
やがて沿道に、白一色の畑が現れた。
今はちょうど蕎麦の花が盛りとなっているようで、ここ幌加内町は蕎麦の作付面積が日本一だというのもなるほど頷ける。
市内中心部で祭りをやっていたので立ち寄り、公民館の一角で500円の盛り蕎麦を喰ったが、やはり物足りない。
そこで祭り事務局のおねいさんにお勧めの店を聞き、再びR275をハイペースで北上。
蕎麦畑を一望できる展望所で期間限定出店しているという「そば処きたむら」で、おろしぶっかけ蕎麦を喰った。
嗚呼、旨かった!

P1130914.jpg
P1130926.jpg
食後、十数年ぶりに立ち寄った朱鞠内湖では、家族連れが湖水浴に興じていた。
それにしても、R275は信じがたいほどの快走路だ。
マルチ・ファンクション・ディスプレイに表示された平均速度を見て、思わず笑ってしまったほどである。
いつも通りエコランもアイドリング・ストップも何もしていないのに、燃費も13km/l以上をマークしているのだ。
唯一残念なのが、ボクスターのフロント周りが木っ端微塵に砕け散ったバッタだらけとなっていることである(涙)。
峠とは思えないほど緩やかな美深峠を越え、美深の街へと下っていった。

P1130928.jpg
P1130934.jpg
R40を久しぶりに他のクルマに従って走り、音威子府から海に出るべく西へ向かう。
D119はこれまた交通量ゼロの快走路だが、途中から凄まじい豪雨となり、暫くするとパッと止む。
北海道は本当に天気の移り変わりが激しく、「降っているのに晴れている」なんてことはザラなのだ。
遠別から手塩までR232を走り、いよいよD106でサロベツ原野に入る。
利尻島は残念ながら雲に隠れていたが、文字通り一直線の道をあまり飛ばさずに走り続けた。
相変わらず、凄い道だと思った。

P1130936.jpg
00022.MTS.jpg
P1130938.jpg
P1130947.jpg
今日の宿は、「あしたの城[ジョー]」。
緑豊かな素晴らしいロケーションに建つアットホームな民宿で、「じゃらんnet」ではなくツーリングマップルを見て電話で予約したのだ。
夕刻、同宿の皆さんと共に利尻富士の向こうへ赤い陽が落ちて行くのを眺め、晩飯はビール片手に楽しくジンギスカンを囲む。
独り旅ではあるが、こうして旅人たちと話をしながらの食事は本当にいいものだとつくづく思った。
夜は素晴らしい星空で、久しぶりに天の川を見ることができた。
明日はこのまま、是非とも晴れてほしい。

(つづく)


nice!(8)  コメント(16) 

nice! 8

コメント 16

Silvia

こんにちは。
過去2回程コメントさせていただいているSilviaというものです。埼玉で小汚ないドリ車に乗っています。
積丹町のセイコーマートの前で見たのはwataさんだっただとこの記事読んで確信しました!boxterのナンバーの地名がB3の時のままですか?
過去2011年の7月の3連休にも鳥海山の麓ですれ違ったことがあります。
セイコーマートから出てきたら朝から官能的な音が響いてたので見てみたら見覚えのある車が(blogの中ですが…)
そして何より信号待ちしているときにツーリングマップルを開いてきたのでその時もしやとは思っていましたが…
いつもツーリングに往く時にはwataさんのblogを参考にさせて頂いてますm(__)m
by Silvia (2015-08-28 06:30) 

wata

Silviaさん、こんにちは。

マジですか?(汗)
と言うことは、Silviaさんも北海道旅行に来られていたんですね。
積丹町のセイコーマートは、朝飯を喰いに立ち寄ろうかと思ったのですが、駐車場が一杯のように見えたので通過したんです。
私はSilviaさんのクルマを存じ上げないのですが、鳥海山と言い積丹町と言い、共通の地元である埼玉から遠く離れたところでお見かけいただいているんですねぇ(笑)。

by wata (2015-08-28 23:05) 

Shima

北海道ってのは自動車は走ってないんですかね。。というくらい道路貸切じゃないですか。
by Shima (2015-08-29 07:34) 

wata

Shimaさん、こんにちは。

そうですね、交通量が極端に少ないってのも北海道の魅力のひとつだと思います。
日中、国道のど真ん中にクルマを停めてのんびりと写真を撮る・・・。
都内でやったら、袋叩きですな(汗)。

by wata (2015-08-29 09:27) 

katsupon

北海道は、やっぱ景色のスケールが違いますね。
一度、自分の車で行ってみたいですが、思いの外フェリーが高いので、飛行機+レンターカーのほうがいいかなと思ってしまいます。
でも、自分の車のほうが気持ちよく走れますよね。
by katsupon (2015-08-29 14:20) 

wata

katsuponさん、こんにちは。

北海道はですね、とにかく何でもかんでも広くてデカいんです(笑)。
もし未体験であれば是非一度走っていただきたいのですが、できれば、というか極力、ご自身のクルマで行かれることを強くお勧めします。
景色を見るだけじゃなくて、「走らせる」楽しさが格段に違いますよ!

by wata (2015-08-29 16:06) 

KG

こんばんはwataさん。
幌加内の蕎麦畑には自分も行きましたよ。
花の見頃は過ぎていましたがまだ咲いていました。

本当にバッタは凄いですね…
コイン洗車場で洗っていたら、沢山出てきましたよ。
by KG (2015-08-29 22:19) 

wata

KGさん、こんにちは。

北海道ツーリング、楽しまれていることと思います。
蕎麦畑は信州などにもたくさんありますが、幌加内のそれはやっぱりスケールがデカいですよね。
バッタは、帰宅後の洗車でもまだたくさん出てきました。
ホイールのスポーク部やリム部にへばりついている奴もいましたから、ホイール・バランスが狂ってしまっていたんじゃないかと思われます(汗)。


by wata (2015-08-30 11:50) 

GUN

wataさん、こんにちは。

初めてコメント致します。
以前からファンでいつも楽しませていただいており、自分で行かなくてもwataさんのコメント、写真、動画が仮想GTとなり、すっかり行った気分に浸っています。「あしたの城」はツボにはまりましたね。
ところでわたくし茨城県在住のため最新茨城事情を。本日ビーフラン、フルーツラインを走ったところ、な、何と
・「ちのね」に暫く休業の張り紙が・・・(汗)
・フルーツラインは崩落で通行止めの看板が・・・(マジか)
で泣き面に蜂状態で帰還しました。
by GUN (2015-08-30 16:39) 

katsupon

wataさん

アドバイス有難うございます。自分の車で行くのには、時間的余裕がないと難しいですね。長期計画で考えます。
by katsupon (2015-08-30 16:40) 

hidetoshi

私の地元です、北海道空知支庁。
それにしてもマニアックな道走りますねー。
地元の人もあまり使わない道を織り交ぜてすごいです。
ときどき砂利道がありますので、ご注意を!ってもう帰ってらっしゃいますよね。

今回もGTブログ、楽しませていただきます。

by hidetoshi (2015-08-30 19:16) 

wata

GUNさん、はじめまして。

コメントをいただき、ありがとうございます!
しょうもないオッサンのクルマ・ブログですが、楽しんでいただいているようで私も嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。
・・・で、茨城広域農道情報をありがとうございます。
「ちのね」休業&フルーツライン通行止めのダブル・パンチとは、あんまりですねぇ(涙)。

by wata (2015-08-30 21:13) 

wata

katsuponさん

はい、是非ご自身のクルマで行ってくださいね!(←しつこい)

by wata (2015-08-30 21:16) 

wata

hidetoshiさん、こんにちは。

クルマでサロベツ方面へと走るのは今回で3度目ですが、今回のルートは、正直、海沿いのR231/R232よりも遥かに楽しいと思いました。
広大かつダイナミックな風景の中をマイペースで走り続ける爽快感は、もうハンパ無かったですよ。
翌日以降もマイナーな道道をたくさん走りましたが、やっぱり誰もいませんでした(笑)。

by wata (2015-08-30 21:33) 

aq32767

こんばんは。

初っ端からすんごい道・景色の連続で「すげぇ・・・」と独り言が止まりません(汗)
どこまでも続くように咲くヒマワリや絨毯のような蕎麦畑など、まさに圧巻。「蕎麦畑を眺めながら蕎麦を喰う」いやいや、いいですねえ~!

・・・ぼんやりと素晴らしい写真を眺めていると、なんだか広角レンズが欲しくなってきてしまいました。(←なんでだ?)

引き続き、「北海道GT」楽しませていただきますね。
by aq32767 (2015-08-30 23:35) 

wata

aq32767さん、こんにちは。

北海道じゃなくても、ヒマワリの花や蕎麦畑はあるんです。
ただ、そのスケールがケタ違いなんですよねぇ。
仰るとおり、広大な蕎麦畑を眺めながら喰う蕎麦は、妙に説得力がありました(笑)。
aq32767さんも、是非一度走りに行ってみて下さい。
広角レンズがなくても、超広角な風景があちこちに拡がっていますよ!

by wata (2015-08-31 22:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。