So-net無料ブログ作成

東西合同!秋の信州-木曽路ツーリング [drive/touring]

クルマ仲間のShimaさんが企画した、「日本ど真ん中ミーティング」。
関東から6名、関西からも2名が参加、双方の中間を取って岐阜県の山の中の温泉旅館で全員が集合する予定です。

P1160018.jpg
P1160025.jpg
朝7時、関越自動車道/嵐山PAを出発。
後方では既に渋滞が始まっていましたが、上信越自動車道で西へと走るうちにペースも上がり、関東組の6台は快走を続けました。
とにかく素晴らしい晴天で、幌を下ろして走るのが本当に気持ちいいのですが、皆さんのペースに合わせていると、ヅラがいくつあっても足りません(汗)。

それではここで、関東組のメンバーを紹介しておきましょう。

P1160022.jpg
ALPINAロードスター、Shimaさん。
今回の企画を立案し、スケジューリングから宿の手配までやっていただきましたが、道をよく間違えるのでルートは私に一任です。

P1160029.jpg
ALPINA B3 3.3、つくばの松さん
「つくばの松」さんなのに、いつも箱根を爆走している楽しい大食漢・・・いや、走り屋さんです。

P1160020.jpg
BMW M235iクーペ、M郎さん。
静岡県在住のM郎さんがもし常人ならば、岐阜県へ向かうのにわざわざ集合場所の埼玉県に来るはずがありません。

P1160031.jpg
ALPINA B3S、こだまさん。
古くからの友人で、いろんなクルマを取っ替え引っ替えしてますが、この真っ黒いB3Sだけは手放さないとのこと。

P1160024.jpg
ポルシェ・ボクスター・スパイダー、suite-spiralさん。
珍しいコンプリートカーやメーカー純正チューニングカーばかりを何台も所有する、これまた常人では無い方です。

P1160036.jpg
P1160037.jpg
P1160047.jpg
東部湯の丸ICでアウト、街を抜けてK62で色づく山の懐へ。
ルート隊長を拝命した私、晴天のビーナスラインを「裏」から上ることにより、観光車輌によるブロックの無いマイペース・ドライブを狙った次第です。
で、麓のパーキングから2000m級の美ヶ原に向けて登り始めたのですが、K464の路面はカラマツの落葉でオレンジ色に埋め尽くされていました。
それならゆっくり走りゃいいのに皆さんアクセル踏むもんですから、タイト・コーナーでは当然の如く滑りまくり。
困ったもんです(笑)。

39.jpg
34.jpg
16.jpg
P1160052.jpg
P1160054.jpg
P1160055.jpg
P1160056.jpg
P1160053.jpg
P1160059.jpg
ビーナスラインを疾走する6名のオッサンたち。
天気は最高、気温も思ったより低くはなく、高原の風と6台が奏でるエンジン音+排気音+スキール音(?)に包まれて、超気持ちいいクルージングが続きます。
対向車はたくさん走っていましたが、予想通り前走車はほんの数台だけで、いずれも安全かつ迅速にブッコ抜くことができました。
ルート隊長、面目躍如です(笑)。
大満足で天空のスカイラインを走り切り、白樺湖近くのパーキングで以降のルートを検討。
こだまさんと共にツーリングマップルを開き、R361で権兵衛峠を抜けて行こうか、などと話していたら、「権兵衛?何それおいしいの?」
・・・あの、松さん、権兵衛峠は喰いものじゃないんですよ(涙)。

P1160060.jpg
P1160061.jpg
P1160065.jpg
P1160067.jpg
P1160070.jpg
56.jpg
茅野の蕎麦屋「蓼科庵」で腹ごしらえし、各自給油を済ませてから中央自動車道で伊那ICへ。
長大なトンネルで権兵衛峠を越え、R19を経由してK20→K256で御岳山を目指します。
標高2200mの終着までは、御岳スカイラインで一気呵成のヒルクライム。
白い噴煙を上げる御岳山へ黙祷を捧げてから、暫しのクール・ダウンです。
で、来た道を引き返したのですが、このダウンヒルがもうエキサイティングにも程がありまして・・・。
おんたけ2240スキー場のゲレンデをスラロームで駆け下り、先頭のボクスター・スパイダーを文字通り必死になって追いかけた結果、タイヤとブレーキを著しく減らしてしまった次第です(涙)。

P1160076.jpg
P1160081.jpg
P1160085.jpg
P1160090.jpg
P1160093.jpg
K20→R361と開田高原を快走し、K463→K435で白樺林を抜け、本日の宿がある濁河温泉に到着。
まずは露天風呂にゆったりと浸かり、部屋でビールを呑んでいると、ALPINA B3 3.3を駆って大阪からmtmさんがやってきてくれました。
晩飯は飛騨牛を始めとする地元の旨いもんがズラッと並び、30分以上かけてじっくり焼いたと言う岩魚の骨酒も風味絶佳です。
食後、部屋で呑みながら大笑いでクルマ談義にうつつを抜かしていると、22時過ぎになってようやくポルシェ・911カレラSに乗るゴウさんが到着。
夕刻に神戸を出て、土砂降りの雨の中、切り返さなきゃ曲がれないクラスの真っ暗な激細山道をひたすら走ってきたのだそうです。
ホント、ご苦労様でした・・・。
これで全メンバー、8名が無事に揃いました!

------

P1160099.jpg
P1160097.jpg
翌朝。
夜半まで降っていた雨も上がり、空には雲ひとつありません。
真冬のような寒さの中、露天風呂で老体の暖気運転を完了させたオッサンたちは、これまた旨い朝飯をガッツリ喰ってチェック・アウト。
驚いたことに、クルマに残った水滴は完全に凍っており、改めて濁河温泉が標高1800mの山中にあることを実感しました。
洒落た造りの「湯元館」はホスピタリティ抜群、風呂も食事も素晴らしく、料金以上の価値がある宿だと思います。
そう感じたのは私だけでは無いようで、メンバー全員が異口同音に絶賛していましたし、予約したShimaさんの株も急騰しまくりです(笑)。
御岳山の噴火で客足が遠のいたこともあったそうですが、濁河温泉はまったく問題無いことがよくわかりました。
いずれまた、必ず来ようと思っています。

P1160100a.jpg
P1160106.jpg
P1160101a.jpg
P1160112.jpg
04.jpg
37.jpg
P1160137.jpg
スタート地点がどえらい山ん中なワケですから、朝イチで走るのも当然どえらい山道となるのは自明の理。
冷えきったエンジンやタイヤを暖めながら森の中を進む一行は、やがて深い谷を見下ろす山腹の屈曲路に出ました。
素晴らしい空と山の風景には目もくれず、1.5車線レベルのワインディング・ランに夢中になるオッサンたち。
数年前に走ったことのあるK441/鈴蘭スカイラインは、予想通り皆さんにも大好評だったのでした(笑)。
山岳部を抜けると、そこから先は明るい2車線のダウンヒル。
イヤな予感はものの見事に的中し(汗)、各車一斉にアクセルを開けて走り始めました。
紅葉の山間にこだまする、8台48気筒2491馬力のエンジン・サウンドとエグゾースト・ノート。
麓にある道の駅「南飛騨小坂」へ到着する頃には、寒いはずなのにうっすらと妙な汗をかいておりました。
んもー、今日は景色を見ながらゆっくり走りましょうって言ったのに・・・(涙)。

P1160146.jpg
P1160151.jpg
P1160154.jpg
P1160164.jpg
P1160194.jpg
P1160188.jpg
しかしながら、オッサンたちの走りはまだまだ続きます。
私も初めて走るK98/位山峠は、離合不可能なリアル1車線路を含む交通量ゼロの屈曲ルート。
再び先頭となった私、「今度こそゆっくり走りましょう!」と言って油断させておいてから、こっそりとスポーツ・プラス・モードにセットしたボクスターで逃げにかかります。
が、そんな子供騙しの手が百戦錬磨の皆さんに通用するハズもなく、赤いスパイダーや白いロードスターに後ろから激しく責め立てられるのでした(汗)。
引き続きR361を東に快走し、K39で野麦峠を目指します。
途中からは前を行く複数のファミリー・カーのペースで走ることを余儀なくされたものの、峠から見る乗鞍岳の勇姿に一同は大いに癒されました。
峠を越えて長野県に入り、落ち葉舞う森の中を下ってK26をトレース。
周囲の山々は黄金色に色づいており、青空とのコントラストが実に見事でした。

P1160196.jpg
P1160197.jpg
P1160201.jpg
P1160204.jpg
P1160206.jpg
P1160212.jpg
P1160213.jpg
鮮やかなイエローに輝くイチョウの下で小休止。
アホほど楽しかった2日間を振り返りつつ、ここで一次解散となりました。
R361で伊那まで戻り、直帰するShimaさん、松さん、M郎さんはそれぞれの帰路へ。
残る我々はこだまさんの引率で、伊那名物ソースカツ丼の名店「青い塔」で昼飯です。
分厚いロースカツにあっさり甘めのソースが絡んで、もう最高ッ!(発射)
大満足のうちに店を出たところで、再会を誓って解散。
5人のオッサンは各自、中央道/伊那ICへと向かうのでした。

------

いやー、楽しかった!
天気もルートも走りも宿も素晴らしく、何よりメンバーが最高で、心に残るマス・ツーリングとなりました。
幹事役のShimaさん、一緒に走ってくれた皆さん、どうもありがとうございました。
これだけの台数で走るのは、本当に久しぶりのこと。
それでも終始安心して皆同じペースで楽しく走ることができたのは、8人全員が元あるいは現役のALPINAオーナー・ドライバーであることと無関係では無いでしょう。
かつては自分もB3乗りの端くれだったことを思い出し、ちょっと誇らしげな気分にさせてくれた、そんなツーリングでもありました。


2日間の走行距離は・・・計り忘れたのでわかりませんが、距離だけでなく、中身的にもすんごく走ったのは間違いありません。
そうですよね、皆さん!(笑)

nice!(7)  コメント(22) 

nice! 7

コメント 22

S.T

こんばんは。これだけの輸入車が揃うと圧巻ですね!なんとも楽しそうなのがビンビンに伝わります!ビーナスは幾度となく行ってますが、木曽・御嶽方面は未体験エリアなのでツーリングマップルで追いながら読みましたが………行ってみたくなりました!!
by S.T (2015-10-29 01:19) 

mtm

お疲れ様でした(^o^)/
B3で久々に激走しましたよ(汗)
最近誰かを乗せて走ることが多く、あまり飛ばさなくなってましたが、久しぶりに目が覚めました!
最高の天気、最高の景色、最高の仲間と走る山道は楽しいでんなぁ〜o(^▽^)o
またやりましょう!
by mtm (2015-10-29 12:46) 

shima

お疲れ様でした。久々の関西チームとの合流はやっぱり楽しいですね。木曽路もこんなに楽しい道ばかりとはおもいませんでした。まぁ、私は企画と宿担当なのでルートはwataさん頼りなのですが。。。そのうち動画もUpされると思いますが、こんなに楽しい走りでいいんでしょうか。。まぁいいか。。エセ空撮なかなかでしょ。。
by shima (2015-10-29 17:26) 

つくばの松

お疲れ様でした~
いや、予想以上に楽しかったです!景色、コース。そしておっしゃる通り同じベクトルをもった?あうん呼吸のメンバー。(だからってあんなに踏まなくても良いと思いますが・・汗)間違いなく思い出に残るツーになりました。ありがとうございました!!
どうせ渋滞に嵌るのならソースカツドン食べればよかった・・
あ、それと次回は必ずトウモロコシソフトと権兵衛を食らいますから!?
by つくばの松 (2015-10-29 20:24) 

M郎

今回のツーリングを企画してくれたshimaさん、ルート隊長のwataさん、参加の皆さん、本当にありがとうございました。
普通6台~8台で走れば、詰まってスピードが落ちるのですが。
まあまあ皆さん大人の走り?で、すごいペースで走っていましたね。ゆっくり走ろうと言っているのに。(笑)
現在M235iで十分に満足していますが、E46B3を見ると懐かしく本当に良い車だったなと。3台のB3、末永く乗っていてほしいと思いました。
by M郎 (2015-10-29 23:11) 

wata

S.Tさん、こんにちは。

いやもう、私の拙いテキスト&フォトでは伝えきれないほどの楽しさでした。
木曽路や御岳方面は、抜群の山岳ドライブ・エリアだと思います。
今回のメンバーもドライビングを楽しんでいたようですし、走るのが好きな方には大いに勧めることのできる道ばかりです。
是非一度、走ってみて下さい!

by wata (2015-10-30 20:41) 

wata

mtmさん、こんにちは。

おつかれさまでした!
久しぶりに一緒に走ることができて、とても嬉しかったですよ。
関東⇔関西と離れていますし、なかなかお会いすることもできませんが、何年経ってもクルマ好き同士のベクトルはやっぱり同じなんだなぁと改めて思いました。
すんごいブレーキ&ホイールを備えたB3も、20万kmを超えてますます健勝とのことで何よりです。
いつかまた共に走れる日を、楽しみにしています!

by wata (2015-10-30 20:41) 

wata

Shimaさん、こんにちは。

幹事役、本当にご苦労さまでした。
このような素晴らしい企画にお誘いいただき、どうもありがとうございました。
ルートはですね、「Shimaちゃん何も考えてないんだろうな~」と推察しておりましたので、僭越ながら事前にある程度プランニングしていたことは事実です(笑)。
ドローンでも飛ばしたんじゃないか的なアングルの撮影技は私も是非トライしたいと思いますが、今回撮影した動画については、プライバシーや公序良俗上の観点から、開陳は困難だと思われます。
ご容赦ください(伏)。

by wata (2015-10-30 20:42) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

どうもありがとうございました!
上手く言えないのですが、各自の「マイペース」がほぼ同じで、リスク・マネジメントやコンプライアンスなど、ドライビング・セイフティに対する基本的な価値観が近いような気がするんですよねぇ。
なので、安心して楽しく走ることができたんじゃないかと思っています。
伊那のソースカツ丼や開田高原のトウモロコシ・ソフトクリームは次回食べていただくとして、繰り返しになりますが、「権兵衛峠」は喰い物では無いことを、どうかご理解いただければと思います(汗)。

by wata (2015-10-30 20:42) 

wata

M郎さん、こんにちは。

こちらこそ、どうもありがとうございました。
はい、私が「景色を眺めながらゆっくり走りましょう」と何度言っても、いつの間にか全員がハイペースで走ってるんですよねぇ(汗)。
しかし一部を除き殆どのルートで先行車が皆無に近い状態、しかも周囲は山だらけで人も民家も何もないような道ばかりでしたから、終始安全に走ることができたと思っています。
E46ベースのB3は、本当にいいですよね。
オレは素晴らしいクルマに乗っていたんだなぁ・・・と、3台を見て改めてそう思いましたよ。

by wata (2015-10-30 20:43) 

HAM

なんとまぁ、素晴らしいメンバーで素晴らしいツーリングで素晴らしいお湯だおとww しかし、ALPINA卒業メンバーがことごとくPORSCHE。やはりそういう道なのかとじんわり感じますね。
by HAM (2015-10-31 00:28) 

suite-spiral

ルート隊長、お疲れ様でした!

まだ皆さんが来着されない嵐山PAでShimaさんと、「ルート考えてないんですよ」「まっ、wataさんが何か考えてくるでしょう」と笑い合ってから、ずっと笑いが絶えない二日間でした。

最高以外のなにものでもない、心に残るtouringとなりました。

こだまさんが仰ってたように、結局、車種なんて何でもよくて、1hの早起きが壮快なdrivingを齎してくれるように思いますが、それでもなお、今回の思い出深いdrivingには、ALPINA乗りという共有できる経験や価値観がベースにあったからこそ、と感じる場面がありました。

御岳ダウンヒルもk98も、solo drivingでは成立しない愉しさがありましたが、細井狭男幹事長を筆頭にマップル・グリーン/ホワイトラインを偏愛する我々らしいのは、k98のステージだったかも知れませんね。

タイヤ一本分ズレたらヒットしてしまう程の正確なライン取りが要求される中でのあの疾走、緊張感が最高でした。ステア操作に夢中で、sport plus modeにしていたのは気付きませんでしたが(笑)

by suite-spiral (2015-10-31 18:13) 

suite-spiral

この場をお借りして、

mtmさん、ゴウさん、一緒に走れて最高でした。次のステージを楽しみにしています!


by suite-spiral (2015-10-31 18:22) 

yone0531

wataさんこんばんは。
凄いメンバーでの、ツーリングですね。
生半可なドライビングテクニックでは、一緒に走れそうにないですね。(汗)
意味が少し違いますが、まさに「つわもの(強者)どもが ゆめのあと」的な
感じですね。
こうやって読んでいると、まさに「つわもの」ばかりですもの!
間違っても軽々しく参加させてください!って言えません。(笑)
by yone0531 (2015-10-31 19:09) 

ゴウ@神戸

wataさん。こんばんは。出遅れましたが楽しい1泊2日が
過ごせました。8台の中で最も排気量も大きくて、馬力も
あるはずですが、もう必死でしたよ。はい。しかし8台集まって
全車6気筒というのも面白いですね。またぜひshimaさん宿、
wataさんルートで企画してくださいね^^

suite-spiralさん。こんばんは。1泊2日実に楽しく過ごす
ことができました。ボクスタースパイダーは997を買う際に
比較検討した1台であります!保管環境の問題で購入には
至りませんでしたが、実車を拝見しますと、やっぱりいいですね~
911とは軽快さが違います。僕が大出世してガレージを建てられたら
増車しようと思います(笑)
by ゴウ@神戸 (2015-11-01 22:48) 

mtm

suite-spiralさん、楽しい時間をありがとうございました。
ガーズレッドのスパイダーかっこよかったです。
速さでは敵わないですが、また遊んでくださいね♪
by mtm (2015-11-02 13:13) 

wata

HAMさん、こんにちは。

はい、おかげさまで素晴らしすぎるツーリングを堪能して参りました。
やはり、クルマは走らせてナンボですねぇ。
ちなみに私は、自身がALPINAを卒業したなどとはこれっぽっちも思っておりません。
敢えて言うならば、「中退した」って感じです(涙)。

by wata (2015-11-02 20:58) 

wata

suite-spiralさん、こんにちは。

こちらこそ、どうもありがとうございました!
ホント、二日間とも朝から晩まで笑いっ放しでしたね。
こうして皆さんと知り合えてアホみたいに楽しく走ることができるのも、元はと言えば自分がB3に乗っていたからなんだよなぁ・・・と、改めて思いましたよ。
しかしまぁsuite-spiralさんも皆さんも、狭い道がお好きですよねぇ。
交通量も人家もゼロなので安全ではありますが、終始シビアなコントロールを要求されるもんですから、集中力も使い果たしましたよ。
次回は何卒、ゆっくりと(伏)。

by wata (2015-11-02 20:59) 

wata

yone0531さん、こんにちは。

毎度のことで恐縮ですが、走りのシーンについては誇張して書いていることが少なくありません。
なので、このBlogだけで走りをイメージされないほうがいいんじゃないかと思っています。
今回のツーリングだって、平たく言えば「オッサンたちの秋の温泉旅行」なんですから(笑)。

by wata (2015-11-02 20:59) 

wata

ゴウさん、こんにちは。

どうもおつかれさまでした。
マニュアル・トランスミッションにカーボン・セラミック・ブレーキのカレラS、往復の高速から山道まで大活躍だったのではないでしょうか。
一回り以上も若いゴウさんに二日間おつき合いいただき、オッサンたちもパワーをいただくことができたと思いますよ(笑)。
遠く離れてはいますが、機会があれば是非また一緒に遊びましょう。
・・・って、正月は大黒まで来てくれるんですよね(笑)。

by wata (2015-11-02 20:59) 

くまぷぅ

ご無沙汰しております。
とても楽しそうな温泉&ミーティングでうらやましい限りです。
現在、国外逃亡中で、B3 3.3を手放してしまいましたが、また帰国しましたら一緒に楽しませていただけましたらと思います。
(確実についていけませんので、しんがりでまったりとなりそうですが、笑)
by くまぷぅ (2015-11-14 00:45) 

wata

くまぷぅさん、こんにちは。

そうですか、今は日本にはいらっしゃらないんですねぇ・・・。
私もB3を降りて1年が経ちましたが、ボクスターで新たなクルマ・ライフを大いに楽しんでおります。
くまぷぅさんが帰国の折にどのようなクルマを選ばれるにせよ、機会を作っていつかまた一緒に走りましょう。
楽しみにしています!

by wata (2015-11-14 18:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。