So-net無料ブログ作成

山開き!砂祭り!奥多野・奥秩父ドライブ [drive/touring]

クルマ仲間のShimaさんから、「そろそろ山開きに行くべきではないか?」とのご提案。
週末の朝、3ヶ所の事故渋滞を何とか耐え忍んで(涙)集合場所の関越自動車道/嵐山PAに辿りつき、予定より30分ほど遅れてドライブがスタートしました。

P1110453.jpg
P1110457.jpg
花園ICからR140を西に走り、並行するK82で皆野の街へ。
いつもより多かったクルマもここから先は一気に減り、誰もいない広域農道/フルーツ街道を快走します。
沿道の小さな駐車場に乗り入れて、ひとやすみ。
ShimaさんのALPINAロードスター、M郎さんのALPINA B3 GT3、suite-spiralさんのポルシェ・911カレラS・カブリオレ、そして私のポルシェ・ボクスターの4台を眺めつつ、オッサン4名は飽きもせずクルマ談義に耽ります。
空は快晴、朝から望外の暖かさで、外にいてもぜんぜん寒くありません。
フォカッチャとクッキーを齧りながら、今日はもうここでひねもすグダグダしていてもいいんじゃないかぐらいの気持ち良さでした(笑)。

P1110458.jpg
P1110468.jpg
リスタート後は、沿道に若干の雪が残るR299で上武国境を目指します。
志賀坂峠へと上がる森の屈曲路はほぼドライ・コンディションとあって、ついつい多めにアクセルを開け、久しぶりのワインディング・ランを楽しみました。
峠の手前で2ヶ所ほど凍結路面に出くわし、後続のメンバーにトランシーバで注意を促したりしたものの、群馬県側のダウンヒルも含めてセイフティ・ファーストで走れば問題なし。
山を下り、神流川沿いに上野村「森の体験館」まで気持ち良く走り続けます。
当初はこの先の山中にある「峠のうどん屋 藤屋」で巨大な野菜天ぷらうどんを喰らう予定としていたものの、開店時刻までまだかなり時間があることと、そもそも開店しない可能性も高いため、Uターンすることとなりました。

P1110484.jpg
P1110485.jpg
P1110490.jpg
P1110488.jpg
R299→R462と走り、天下の名道(←そうか?)K71で土坂峠へのアタックを開始します。
ある程度想定はしていたものの、群馬県側には例年以上に大量の砂が撒かれており、毎度のことながら「滑り止めの砂で滑る」とのアイロニーが炸裂。
特に最後尾のボクスターには前を行く3台が遠慮なく巻き上げた砂塵が降り注ぎ、思わず屋根を閉めてしまったほどです(汗)。
峠のトンネルを抜けて埼玉県側に入ると、これまた予想通り砂は無く、連続するヘアピン・コーナーをリズム良く駆け下っていきました。
峠道を抜け、合角ダムで小休止。
暖かな春の陽射しの下、砂埃にまみれた4台を前に、誰からともなく「本日3月3日を『砂祭り』の日と定める」などと、勝手なことを言い出すのでありました(笑)。

P1110503.jpg
激しめのアンジュレーションに時折グリップを喪いつつも、誰もいない山間のワインディングを嬉々として走るオッサン達。
4人とも、凍結の心配なく山坂道を走るのは今年になって今日が初めてであり、その喜び(←「歓び」か?或いは「悦び」かも。いや、「慶び」でさえある)が各自のドライビングに如実に現れています。
スポーツ・バイクのような快音と共に90度コーナーを立ち上がる911カレラS・カブリオレを、僅かなロールを伴ってALPINAロードスターが追い、そのテールにすがり減速するボクスターの背後に、ブレーキングを遅らせたB3 GT3が襲いかかる。
・・・いやもう、後ろから前から好きにしてください嗚呼ッ!(出)

P1110515.jpg
P1110511.jpg
DSC_0008.jpg
引き続きK37を南下、沿道から少し入って「そば工房 そば福」にて昼飯です。
この道を何度も走っているsuite-spiralさんが以前から気になっていたというこの蕎麦屋、不便な山中にあるにも関わらず、次から次へとお客さんがやってきます。
くるみだれでいただく大盛りの冷たい手打ち蕎麦は、山芋で繋いでいるのか、つるりんとした独特の食感がたまりません。
とろろ芋の磯辺揚げやフキノトウ、小海老+小柱+三つ葉のかき揚げなどが盛り込まれた天ぷらも含め、言うことなしの旨さでした。
食後は再びsuite-spiralさんのアテンドで、リアル1車線/K43の先にある柴原温泉「柳屋旅館」へ。
いわゆる日帰り温泉施設とは異なり、山奥の旅館で宿泊客のいない限られた時間にのみ開放されている温泉は、文字通り閑静そのものです。
檜造りの半露天風呂には我々4人だけで、のんびりと寛ぐことができました。

ここから帰路に就くべく関越道のICを目指しますが、当然ながら、交通量の多い国道をチンタラ走るような愚は犯しません(笑)。
秩父の市街地を迂回、セイフティ・マージンを残しつつガス・ペダルを踏み込んで、1.5車線レベルのK11を定峰峠まで駆け上がります。
下りきった先で寄り道をすれば、いくつもの狭くややこしい峠道が待っているのですが、それはまた次の楽しみにとっておきましょう。
4台は嵐山小川ICからまだ流れている関越道に乗り、それぞれの分岐で手を振って分かれました。


本日の走行距離は、337km。
走行時間は7時間20分、平均速度は47km/h。
平均燃費は、9.3km/lでした。

----

長く寒い冬もようやく終焉を迎え、季節は確実に春へと移ろいつつあります。
仲間と久しぶりに奥多野&奥秩父を駆け抜けて、そのことを強く実感することができました。
と言うことで、本日を以って一方的に北関東エリアの「解禁」を宣言!
以降は順次、路面状況に注意しながら「山開き」に精励するものと致します(笑)。

P1110469.jpg

nice!(9)  コメント(10) 

nice! 9

コメント 10

SHIMA

山開きお疲れ様でした。
上信越道より北はまだしばらくは時間がかかると思いますが奥多野は無事山開きというところでしょうか。ただ、もう一度くらいは寒波も来るようなのでこれから行かれる方は十分にお気をつけていかれてください。ちなみにそば福は私のすきなそばの3本の指に入ります。(やまいものつなぎがすきなのだと思います。。。)
車の中はあまりにも砂だらけだったのでそのまま放置してます。。
by SHIMA (2018-03-06 15:28) 

suite-spiral

シーズンインを先取りした山開きは爽快さ溢れるものでしたね。

やはり、北からの土坂峠ダウンヒルは最高です。
PSSから更にグリップを増したPS4sでも、あれだけ踏むとsquealを発することが分かりました。

いつもルート隊長頼みでは申し訳ないと思って、想定外に生じた時間枠の代替オプションでリルートしてみましたが、あの辺りは名も無き林道を含め、藤屋の往復路としてさんざん試してみましたので、その経験が少しは役立ったかと。

藤屋基点というところがどうかとも思いますが(笑)

本格的なシーズンインが待ち遠しいですね。
またxhaustを美しく響かせましょう。

by suite-spiral (2018-03-06 19:26) 

wata

Shimaさん、こんにちは。

そろそろ山方面へ行ってみようか・・・と独り思案していたところに、Shimaさんからのメール。
「以心伝心」と言いますか「同じ穴の貉」と言いますか、はたまた「蛇の道は蛇」と言いますか、いずれにせよ、一緒に山開きができて何よりでした(笑)。
仰る通り油断は禁物ですが、クルマ仲間のBlogには、伊豆半島の稜線部や茨城県北部の広域農道などでも問題なく走れたとのレポートが続々アップされていますので、今後もあちこちから山開きの便りが届くものと思われます。
「そば福」のような旨い店もまだまだたくさんあるでしょうから、今シーズンは新規開拓も頑張りますよ!

by wata (2018-03-06 22:35) 

wata

suite-spiralさん、こんにちは。

おつかれさまでした!
土坂峠は群馬県側に砂が無かったとしても、埼玉県側を下るほうが圧倒的に楽しいですよね。
連続するヘアピンでステアリング操作とペダル操作とがうまく決まると、本当に気持ちよく駆け下ることができます。
私のボクスターも、今シーズン初めてタイヤが啼きましたよ(笑)。
上野村での折り返し以降、柴原温泉までのルート・パイロットをお願いしましたが、やっぱりいい道を知ってるなぁと思いました。
常人は走りませんからね、あんな道(←最上級の賛辞です。念のため)。

by wata (2018-03-06 22:35) 

M郎

2枚目の写真を見て、あの状況を・・・。
たいへんなご迷惑をおかけしました 。(伏)
峠のうどんを食べることができませんでしたが、皆さんと楽しく走り、美味しいお蕎麦、気持ちの良い温泉、大満足です。
いよいよシーズンイン。少しづつですが扱えるようになったGT3共々よろしくお願いします。

by M郎 (2018-03-06 23:12) 

Sho Torii

wataさん、こんにちわ。

長い冬眠から出られない私としては、とても羨ましくBlogを読ませていただいています。こちらは先週の金曜に続いて、今晩から明日1日中nor'easterに見舞われるようです。8"-12"の積雪が予報されています。雪が降ると道が塩だらけになって、それが洗い流されるまでに随分時間がかかるんですよね(涙)。何とか3月中に冬眠を終えられるといいのですが。
by Sho Torii (2018-03-06 23:32) 

wata

M郎さん、こんにちは。

いや、何も迷惑をかけられた憶えは無いのですが、2枚目の写真ですか?
・・・ひょっとして、私の分のクッキーも食べちゃったんですか?(←違うか)
ともあれ、今回も一緒に楽しく走っていただきありがとうございました。
ALPINA B3 GT3は世界限定99台の超希少車ではあるものの、ワケのわかんない山坂道をこれだけ走らせているオーナー・ドライバーは、さらに希少だと思われます(笑)。
「藤屋」は相変わらず不定休が頻発しているようですが、奥多野エリアはドライブだけで十分に楽しめますので、これに懲りずにまた行きましょう!

by wata (2018-03-07 21:00) 

wata

Sho Toriiさん、こんにちは。

いつもはるばるアメリカからコンタクトしていただき、どうもありがとうございます。
洋の東西を問わず、積雪期のスポーツカー乗りは春を待ちわびておとなしくしているんですよね(笑)。
私はこのボクスター1台しか持っていないので、カネとガレージに余裕があれば、スタッドレス・タイヤを履かせてオープン&スノー・ドライブに出撃したいくらいです。
この冬、日本は各地で大雪に見舞われましたが、記事の通り、私が住む関東地方の山道は徐々に走れるようになってきました。
日米ともに、早く全域で走れるようになるといいですね!

by wata (2018-03-07 21:00) 

J

こんばんは~
別海町ソフトの J です。
土坂峠ルートはもう大丈夫ですね。
楽しく読ませていただきました。
ぼちぼち走ろうかと思っていたところでした。
それにしても、合角ダムーそば福ー柴原温泉ー定峰峠は 地元では思いつかないコースで さすがだなぁと感心しています。
こちらでお見かけした時は、声をかけさせていただきます^^


by J (2018-03-07 23:36) 

wata

Jさん、こんにちは。

この日から三日間は暖かかったのですが、その後は再び冷え込んで、北関東の山間部には雪が降った模様です(涙)。
でも、土坂峠あたりだったら大丈夫だと思いますよ。
suite-spiralさんのアテンドで走った合角ダムから柴原温泉のルートもそうですが、奥秩父エリアにはマニアックな道が多いですよね。
いずれまたウロウロしに行きたいと思います(笑)。

by wata (2018-03-08 22:25) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。