So-net無料ブログ作成

奥武蔵・奥秩父・奥多野ドライブ [drive/touring]

埼玉県&群馬県の「奥」へと、軽く走りに行きました。

P1020438.jpg
P1020451.jpg
P1020445.jpg
P1020452.jpg
P1020470.jpg
P1020463.jpg
P1020474.jpg
P1020490.jpg
P1020472.jpg
P1020489.jpg
P1020481.jpg
P1020494.jpg
早朝、埼玉県の県央鶴ヶ島ICで一般道に下りたボクスターは、まだ眠る街を抜けて鎌北湖へ。
途中のコンビニで仕入れてきた握り飯を喰ってから、4年半ぶりに奥武蔵グリーンラインへと向かいます。
この道は、その立派な名前だけを聞くと「有料道路のような2車線快適ドライビング・ロード!」などと誤認しやすいのですが、その実はややマニアックな舗装林道。
いくつもの支線と絡みながら、森の中をトレースする1.5車線路が尾根伝いにずっと続いています。
路面はところどころ荒れており、徐行レベルのバンプやアンジュレーションもありますが、ボクスターでも走行に差し支えはありません。
他ではあまり見たことのない、補助標識と一体になった正方形の警戒標識も新たに立てられており、舗装林道とは言えしっかりと整備されているようです。
厳冬期を別とすれば、四季それぞれの風情や景色を味わえる手軽な山岳ルートとして、オープン・ドライブをのんびりと楽しめるとてもいい道だと思います。

P1020495.jpg
P1020500.jpg
P1020510.jpg
山を下り、ピラミッドのような姿にまで削られた武甲山を眺めつつ、クルマの増え始めた秩父市街をパス。
ローカル県道を駆使して小鹿野まで出、R299を西に快走していきます。
この道も交通量は皆無に等しく、たまに現れる前走車も安全確実に一発でオーバー・テイク。
緑が濃くなり始めた奥秩父の山々へと向かってアクセルを開け、タイトなワインディングを2速ホールドで痛快に駆け上がって上武国境の志賀坂峠を越えました。
群馬県・奥多野エリアのドライブは、今日もマイペース。
気持ちの良い風を受けながらボクスターは西へと走り続け、昼飯には少し早いのですが、K45で久しぶりに「峠のうどん屋 藤屋」へ向かいました。
が・・・。

P1020509.jpg
P1020525.jpg
P1020532.jpg
不定休でおなじみの藤屋は、今日も休みでした。
ま、想定内ではありますし、また来よう!とのモチベーションにもなりますので、いいんですけどね(笑)。
ここを終着としてUターン、R299→R462と「走ってるだけで気持ちいい道」を気持ち良く走って、K71で土坂峠へのアタックを開始します。
3月3日に仲間と走った時には「砂祭り」とまで揶揄されるほど砂だらけだった群馬県側の路面もすっかりキレイになっており、全面的にボクスターのグリップ力に頼ったファスト・ドライビングを堪能。
峠の向こう、埼玉県側に連続する下りヘアピン・コーナーを次々と楽しくクリアして、麓のカントリー・ロードを快走していきました。

P1020535.jpg
P1020537.jpg
P1020542.jpg
皆野の街に出る手前、畑の中を抜けた先に、小さいながらも実にイイ感じの蕎麦屋があります。
以前から県道沿いの看板だけは見ており、密かに気になってはいたため、今回初めて立ち寄ってみたのです。
手打そば 石橋庵」は、自家製の蕎麦のみを挽いて打って出すという季節営業の店。
その自慢の蕎麦は細切りで香り高く、茹で加減も締め加減もバッチリで、風味豊かな濃いめのツユと相俟って実に旨いものでした。
会計時に店主の方と少しお話しをさせていただいたところ、蕎麦屋だけでなく農業も広く営んでいるとのことで、野菜類は何でも旨いのが採れるといいます。
その言葉を信じ、店頭で売られていた3本100円の朝採りキュウリを買って帰りましたが、確かに瑞々しくて大変おいしくいただくことができました。


奥武蔵、奥秩父、奥多野。
定義が定かでは無いものの、埼玉県や群馬県のはじっこに位置するこのエリアは、豊かな山に囲まれた絶好のドライブ・ゾーンだと思います。
今回はあまり距離を走ってはいませんが、これに奥多摩を加えた「四奥」を俯瞰してみれば、走りまくりの山間&山岳ルートが組み放題となるでしょう。
都心部からも近く、旨い店や気軽に立ち寄れる温泉などもあちこちにありますので、私もまた間を空けずに走りに行こうと思っています。

00004.jpg

nice!(12)  コメント(10) 

nice! 12

コメント 10

つくばの松

やはりダメでしたか・・

私もそろそろ藤屋を久し振りにゲットしたいのですが、最近は開店率がかなり落ちてきるのですかね(寂)
土坂峠は最近走ってきましたが、確かに予想していた砂の絨毯が全くなく好グリップを発揮して走れました。きっと春一番が終わる頃、誰かが掃除しているんですね!
この蕎麦は旨そうです、私もうどんがダメだったらここ行こう~。
by つくばの松 (2018-04-25 07:18) 

hightree

Wats-San
このお蕎麦屋さん美味しそうですね。
神流町まで良く行くので今度行ってみます。
いつも楽しく拝見しています。
by hightree (2018-04-25 09:01) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

普段の行いが良くないのか(涙)、私もしばらく藤屋のうどんを喰えていません。
ま、いつも喰えるようでは面白くありませんので、懲りずにまた訪ねてみようと思っています。
土坂峠の砂は、見事なまでに無くなっていましたねぇ。
あんな山道に路面清掃車が入るとも思えませんし、さりとて風雨だけで大量の砂が残らず流れるとも考えにくく、毎年不思議に思っているのですが、いずれにせよ大変ありがたいことですね。
石橋庵の蕎麦は文句なく旨いですよ。
ただ量は我々一般人向けなので、松さん的には5枚ほど頼んでいただく必要があろうかと考えます(震)。

by wata (2018-04-25 20:05) 

wata

hightreeさん、こんにちは。

こちらこそ、いつもご覧いただきありがとうございます。
「神流町まで良く行く」とは素晴らしいですね!
私もこのエリアは大好きなので、今シーズンも何度か走りに行くことになると思います。
石橋庵はコダワリっぷりもなかなかで、店主の方にいろいろお訊きするのも楽しいですよ。
蕎麦だけでなく季節の天ぷらも旨いのですが、超個人的にキライな椎茸だけは、やっぱり喰えませんでした(涙)。

by wata (2018-04-25 20:06) 

ラビー

景色をおかずにコンビニのおにぎり、おいしーですね~(笑
路肩注意の標識にドキッと。
林道で、窓からのぞいていると、時々「ひぃぇ~」ってなりますから(爆
「やっています」の看板は、ツボにはまりました。
美味しそうなお蕎麦ですね~黒ヤギさんには驚きましたが。
桜もいい色ですね。
3奥(4か)連れて行ってもらおうと思います。
その前に、タイヤ交換が必要らしいですけど、
ドライバー曰く、これだけ走れば仕方ないね~だそうです(笑
by ラビー (2018-04-25 21:40) 

wata

ラビーさん、こんにちは。

朝飯はだいたいこんなもんですが(涙)、最近のコンビニ飯は旨いんですよね。
更に景色と空気のいいところで喰えば、旨さ倍増なんです。
「やっています」は、「本日終了」の後に見たので妙に嬉しかったですよ。
ちなみに全く説明していませんが、黒ヤギは店の前の空き地にいましたので、恐らく店のペットだろうと思います(←ホントか?)。
しかし、ラビー家のドライブもめちゃくちゃ走りますねぇ。
日帰りで800kmとか、やはり常人の域を超えていると思われます(頷)。

by wata (2018-04-25 22:47) 

J

こんにちは~
おいでになったのですね。
武甲山、すっかり形が変わってしまいました。
削られたところは都会のビルとかになっているようです。
あのそば屋さん 良く見つけましたね!
街道からはちょっとはいっているし、、。
こんど行ってみます。
ご紹介ありがとうございました。
by J (2018-04-26 09:06) 

忠

拝読。

6番目と最後の桜は同じ桜でしょうか。
特に6番目の桜は日本画で描かれたような印象ですね。バックが曇り空のグレーですので余計にそう見えるのかもしれません。
蕎麦も美味しそうです。かなり粗挽き?でしょうか。この写真もお店に提供したらどうでしょうか。蕎麦年間無料券と引き換えに!HPの蕎麦よりも100倍は美味しそうに見えます!笑)

by 忠 (2018-04-26 12:43) 

wata

Jさん、こんにちは。

見るたびに思うのですが、武甲山ってあんなに削っちゃっていいんですかねぇ。
他の方向からは削られていないように見えるそうですけど、そのうち山がなくなっちゃうんじゃないかと心配しております(汗)。
仰る通り、石橋庵は看板のある県道からは見えず、畑を突っ切った先にありました。
もう何年も前からその看板だけは見ていて、季節営業的なスタンスをむしろ好ましく思っていたのですが、その期待に違わぬ旨さでした。
もちろん味の好みは人それぞれだと思いますので、本当に旨いかどうかは是非Jさんご自身の舌で確かめてみてくださいね!

by wata (2018-04-26 21:19) 

wata

忠さん、こんにちは。

毎度ご覧いただき、どうもありがとうございます。
ご推察の通り2枚の写真は同じ桜を撮ったものですが、花は盛りを過ぎ、しかもバックの空はドン曇り状態でした。
なので、そのまま撮ってもつまらないと考えて、1枚は日本画っぽく?曖昧な感じで、もう1枚は空を入れずまったく異なるアングルから、それぞれ撮ってみた次第です。
石橋庵の蕎麦はいわゆる挽きぐるみの田舎蕎麦で、個人的には上品な更科系よりも好きなタイプです。
実際に旨いと感じたのは確かなのですが、桜も蕎麦も、私のいいかげんな写真に騙されないよう、くれぐれもご注意ください(汗)。

by wata (2018-04-26 21:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。