So-net無料ブログ作成

みちのくグランド・ツーリング[1] Come on, get up. [drive/touring]

三連休渋滞が始まる前に関東を脱出すべく、早朝の東北自動車道を北へ走るボクスター。

P1040705.jpg
降り続いていた細かい雨は、宮城県に入ると止んでくれた。
長者原SAで嬉しい500円の朝定食、メンチカツを齧りつつ、生卵を溶いてご飯にかける。
食後にルートを検討、高速はもう飽きたので次の築館ICからは一般道に下り、ボクスターにその本領を発揮させることとした。

P1120889.jpg
P1040708.jpg
曇り空の下、ETCゲートで減速しつつルーフ・オープン。
最寄のガソリン・スタンドでハイオク満タン、意外に蒸し暑いので長袖シャツを脱ぎ捨て、宿のある秋田県北部を目指し北上を開始する。
R457からK42を経てK49を選べば、クルマは一切いなくなる。
軽いワインディングを抜け岩手県境を突破すると、以降はK37とK12との交点まで80km近く続くスーパー・カントリー・ロードだ。
見事なまでに実った一面稲田の風景をウィンドウに流し、スポーツ・モードのボクスターが走る、走る。
自身の走りすぎを諌めるべく小休止を挟んだりするものの、リスタートの後は更なるペースでまた走る。
ツーリング初日の朝イチにして、みちのくの素晴らしさを存分に堪能するのであった。

P1120892.jpg
P1040715.jpg
P1120898.jpg
P1040718.jpgK12を左折、花巻南温泉郷を抜けて山の中へと分け入っていく。
このルートは初めて走るのだが、K12の崩落通行止めを迂回するK234は、人の気配が全く感じられない峠越えの山道だ。
リスのような小動物が道を横切り、キツネが姿を見せる狭隘路を静かに進み、峰越峠を越えてゆく。
ゆっくりと下って無事にK1に出、北上を再開した。
昼時となり、何か喰おうとR46沿いの道の駅「雫石あねっこ」に立ち寄る。
が、あんまり腹も減っていないので、出店で豚まんを買って頬張った。

P1040723.jpg
P1120910.jpg
P1040731.jpg
P1040728.jpg
秋田県に入り、田沢湖へ寄ってからR341を北へ向かう。
この道も何度となく走っているが、大きな山の中を走り抜けるダイナミックで大好きな道だ。
宝仙湖沿いの高速ステージを過ぎると、スノー・シェッドに護られた道は、一気に標高を稼ぐべくターンを繰り返す。
空はいつの間にか雲が劣勢となり、たいへん気持ちがいいのだが、八幡平山頂は相変わらず雲に覆われているようなので今回はパス。
そのままR341→K191と快走を続けて下界に出る。
周囲の田んぼでは、一面の稲穂が風に揺れていた。

0003.jpg
G0060818.jpg
K22を西へ走り、K309で深い山の奥へ突入する。
愛称は「くまげらエコーライン」 、ツーリングマップルはリコメンドしていないが、一ヶ月ほど前にクルマ仲間のsuite-spiralさんが初走行でこの道を絶賛。
彼が言うのであれば「いい道」であることはもはや疑う余地はなく、それは言うなれば連帯保証人として押印してもらったようなものなので、今回のツーリングではこの道を初日の最終目的路とし、その沿道に宿を取ったのである。
事実、森の中のワインディングは走り応え満点。
前を行くクルマもすれ違うクルマも殆ど無く、2速メインで走るボクスターのハンドリングに改めて陶酔することができたのである。

P1120914.jpg
DSC_0130.jpg
P1120916.jpg
今日の宿は、この道沿いに建つ「森吉山荘」。
元は国民宿舎だったようで、とんでもない山奥の割には建物も設備も立派である。
温めの露天風呂に浸かって長旅の汗を流し、腹ペコ状態で晩飯に突入。
きりたんぽ鍋とほぼ同じ材料で作る「だまこ鍋」や、鶏肉の味噌陶板焼など、どれも旨くてボリューム満点だ。
しかもこの宿、晩飯時にはビールや日本酒、焼酎からジュース、烏龍茶、ノンアルコール・ビールまで、ドリンクがすべて飲み放題なのだ。
他のお客さんは楽しそうにジャンジャカ飲んでいたが、私はオート・サーバーで作った生ビール一杯で十分。
もう一度風呂に入り、部屋へ戻って布団に倒れこんだ。


本日の走行距離は、769km。
走行時間は9時間03分、平均速度は87km/h。
平均燃費は、11.7km/lだった。

---

てな感じで、秋の三連休に東北へツーリングに行ってきました。
例によって走ってるだけの記事で恐縮ですが、よろしければおつきあいください!

0001.jpg

nice!(6)  コメント(20) 

nice! 6

コメント 20

ラビー

あれ?
はい、八幡平、雲の中でした・・・(行きました・笑
続きが楽しみでたまりません(笑

by ラビー (2018-09-18 23:32) 

オーチャム

待ってました!ツーリングになるとお嫁様がついてくるので、wataさんみたいに男前なコースを選択できないのです。楽しみにしています。
by オーチャム (2018-09-18 23:46) 

hightree

Wata-San
お待ちしておりました。
楽しみにしています。
by hightree (2018-09-19 00:09) 

Dachi

奇しくも約1カ月後に東北方面ツーリングを予定しております。
これまで訪れたことがないエリアを中心に、走り6割+観光4割のエネルギー配分でのんびり行きますので、目下、北東北までのルーティングは考えていないのですが、wataさんのツーリング記を拝見して、欲が出てもう少し先まで足を伸ばそうとなるかも(笑)
続きを楽しみにしております。

by Dachi (2018-09-19 00:42) 

wata

ラビーさん、こんにちは。

八幡平は何度となく走っていますが、下界は晴れなのに山頂は視界ゼロってことがままあるんですよね・・・。
今回は、目視とライブカメラとで麓から山頂の状況を確認し、行くのを止めました。
しかし、同じタイミングでラビー家も東北爆走弾丸ツーリングを敢行されていたとはビックリ仰天、ご同慶の至りにもほどがあります。
参考情報も盛りだくさんですし、私も続きが楽しみでたまりません(笑)。

by wata (2018-09-19 21:10) 

ryus

wataさんこんばんは。
え~飲み放題なのにもったいない!とか、最後の専属空撮部隊構図最高!とか、趣旨に反する書き込みご容赦。とにかく、続編楽しみです。
by ryus (2018-09-19 21:10) 

wata

オーチャムさん、こんにちは。

いやいや、奥様とご一緒の自動車旅行なんて、素晴らしいじゃないですか~。
「男前なコース」と言っていただけるのはとても嬉しいのですが、常人の見地からすれば、何もない田舎道や人跡未踏な山道をアホみたいに走っているだけです。
そんなルートを奥様ご同乗の上で好き放題走れば、夫婦関係にヒビが入ること必定ですので、くれぐれもお控えください(汗)。

by wata (2018-09-19 21:11) 

wata

hightreeさん、こんにちは。

どうもありがとうございます!
ご期待に添えないことは十分に承知しておりますが(涙)、それでも懲りずにツーリング記を書いて参りますので、お付き合いの程よろしくお願いします!

by wata (2018-09-19 21:11) 

wata

Dachiさん、こんにちは。

10月中旬の東北ツーリングとは、何とも羨ましい話です。
季節的にも最高でしょうし、走りはもちろん観光も大いに楽しめますよね。
私は今回もボクスターを気持ちよく走らせることを主眼としたルーティングで、宿は二食付きの安い温泉旅館、昼飯は道の駅などでつまむ程度となっております。
そんなんで参考にしていただけるかどうか甚だ疑問ではありますが(汗)、東北はM3を解き放つことのできるエリアであることは間違いありません。
Dachiさんのツーリング記も、今から期待していますよ!

by wata (2018-09-19 21:11) 

wata

ryusさん、こんにちは。

はい、休前日の二食つき一人泊で10,000円、飲み放題はオプションではなく料金内ですから、飲む人にとっては実にリーズナブルな宿だと思います。
最後の写真は単に真上からの撮影ですので、構図にはもうちょっと工夫が必要ですね(汗)。

by wata (2018-09-19 21:21) 

ていしあ

こんばんは。

奇しくも私も三連休初日の早朝、東北道を北に走っていました。
長者ケ原SAで朝ごはんだと、私の方が若干早かったようです。
青いボクスター見たかったなぁ。
by ていしあ (2018-09-19 21:23) 

suite-spiral

栗駒にはノーズを向けずにK49, K37という繋ぎ方をされたところが通好みです(笑)
私も鉛温泉までは行ったことがありますが、その先のK12, K1が気になっていました。

東北、特に北部は普通の県道が関東の旧有料道路に相当するほど素晴らしいrouteが満載ですが、そうした3,4,5速で高速クルージングできるrouteに少し単調さを覚えたとき、くまげらエコーラインのような、リズムを変えて一段下のギアレンジを多用できるrouteがいいアクセントになりますね。

ただ、「いい道」といってもself-standardに基づくratingですので、私の更に一月前に東北GTに出られたM郎さんがツーリングマップルの地図読みをした結果、外したrouteであったことを申し添えます。

そんなrouteを実走/共感頂いて嬉しく思います(笑)

by suite-spiral (2018-09-19 21:40) 

クロケット

wataさん こんばんは クロケットです。

先日マイカーとの最後の宴にと愛車を駆って3泊4日で中部地方1周の旅に行ってきました。4日間共生憎の天候の中、なるべくwataさんのように気持ちのいいカントリーロードでの走破を目指したのですが、予定していた各地の名所を巡る時間に追われて高速を多用せざるを得ませんでした(泣)

そんな中、白川郷から高岡へ抜けるスノーシェードが連続する飛越合掌ラインは先行するスローペースなクルマもなく、駆け抜ける歓びを堪能できました。wataさんは走ったことあります?

4日間の走行距離は1,163km 平均燃費は20.8km/L
でした。

これを以てラストランとするつもりでしたが、愛車との別離がたく翌週もwataさんの西伊豆ドライブルートをなぞるべくハンドルを。

それにしてもwataさんは気持ちのいいドライブ神ルートを発見するパイオニアですね!

てなわけで私はもう満腹です♪これからはしばらくwataさんの新大陸発見の報を楽しみにしています。


by クロケット (2018-09-19 22:38) 

えむスポッツ

いやぁ~、東北イイですね(^^)/
いつもながら画像&文面、勉強させてもらってます<(_ _)>
続編楽しみにしております。
私が知ってるところ、あるかなぁ~?
by えむスポッツ (2018-09-19 22:57) 

wata

ていしあさん、こんにちは。

マジですか!?
ていしあさんはずいぶん北の方まで行かれたようですが、なるほど、この日はニアミスだったんですね。
当初はETC深夜割引を狙って4時にはゲート・インしようと思っていたのですが、そこまで早起きができなかったんです。
もうちょっと早く起きていれば、東北道のどこかでアウディ・TTRSに思い切りブッコ抜かれていたんですね(笑)。

by wata (2018-09-19 23:49) 

wata

suite-spiralさん、こんにちは。

そうなんですよね、東北は広大ですが、うまくルーティングすれば完全なマイペースで楽しく走れるので、あまり距離を感じさせないんですよねぇ。
その一方で、鉛温泉から先のK234やくまげらエコーラインの東半分など、深い山の中を探りながら走る道もたくさんあるってところがまたいいんです。
「いい道」かどうかの判定基準は人によって大きく異なるものと思われますが、suite-spiralさんのそれはまず間違いない、と勝手に思っています。
今後とも「いい道」ネタのご提供、どうぞよろしくお願いします(笑)。

by wata (2018-09-19 23:50) 

wata

クロケットさん、こんにちは。

中部地方一周・1,000kmオーバーのクルマ旅、いいですねぇ!
飛越峡合掌ラインは私も何度か走ったことがありますが、並行する東海北陸自動車道が開通してから交通量がグッと減り、観光バスなどがいなくなってドライビング・ロードとしての魅力が大幅にアップしたように思います。
なお、私はドライブ好きの方のBlogやクルマ仲間からの情報を参考にさせていただいたり、ツーリングマップルの「見た目」から類推したりして道を選んでいるだけです。
決して「気持ちのいいドライブ神ルートを発見するパイオニア」ではありませんので、ご承知おき下さい(汗)。

by wata (2018-09-19 23:50) 

wata

えむスポッツさん、こんにちは。

ホント、走り好きにとって東北は最高にイイところですよね!
私もその恩恵に預からせていただき、Blogに記しているのですが、画像もテキストも参考にしていただけるレベルに無いことは、本人が一番良く知っております(涙)。
そんな私でも、東北の良さを何とか皆さんと共有したいと思っておりますので、引き続きおつき合いいただけると幸いです(伏)。

by wata (2018-09-19 23:51) 

忠

こんにちは。

すごい・・・・皆さん、本当に待っていたんですね!僕はコメント一番を狙っていたんですが、どうやらブービー賞辺りかもしれません。

見事なまでに実った一面稲田の風景をウィンドウに流し、スポーツ・モードのボクスターが走る、走る。

いつもながら素晴らしい文章だと思います。光景が見えるようです。wataさんが運転したり、風景を見ているはずなのに、ボクスターが主語の位置にいるようです。まさに「人車一体」の境地なんでしょうね。

僕も東北に行って来ましたが、有名な大きい道路を走っただけでした。もうwataさんのように走るのは無理ですので、1.皆さんの走りをマネする、2.安全に走ろうとしても道を間違える方向音痴を楽しむ、というようなドライブにしようかと思います。


by 忠 (2018-09-20 14:26) 

wata

忠さん、こんにちは。

いやもう、コメントは本当にいただけるだけで大変ありがたいので、着順などは関係ありませんから(汗)。
毎度のことですが、ツーリング記はその印象や記憶を忘れないよう、当日の夜に宿で草稿を書いています。
ビールや温泉で不必要にテンションが上がっていることも多いため、やや情緒的な筆致になることもありますが、その点は何卒ご了承ください(伏)。
東北は、県道レベルでも明るい2車線の快走路がたくさんあり、安全&快適に走り続けることができます。
そんな道を探しながら旅をするのも、すっごく楽しいですよ!

by wata (2018-09-20 19:59) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。