So-net無料ブログ作成

みちのくグランド・ツーリング[4] フェイント&バディ [drive/touring]

いわき湯本温泉から常磐自動車道経由で自宅へ戻ったその4日後、私は再びボクスターを駆って早朝の東北自動車道を北に向かっていた。
みちのくを3日間走り回り、一旦東京へ帰って3日間仕事をしてから、もう一度東北へと走りに出たのだ。
第二部の旅程は4日間、第一部と合わせて5泊7日。
変則的ではあるが、たまにはこういうのもいいだろう。
みちのくグランド・ツーリング、再開である。

P1040778.jpg
睡魔と闘いながら雨の東北道をひた走り、6時過ぎに那須高原SAに到着すると、見覚えのあるバイオレット・カラーの997型ポルシェ・911カレラSカブリオレがパーキングに駐まっていた。
クルマ仲間のsuite-spiralさんから出発の前日に連絡があり、1泊だけではあるが一緒に走ってくれることになったのだ。
ポジティブ・サプライズ炸裂、持つべきものはやはりクルマ仲間だとは言うものの、本日の投宿地は青森県。
1泊2日の宿としてはいくらなんでも遠すぎると思うのだが、いいのだろうか?(←いいらしい)

P1120983.jpg
G0010875.jpg
P1040790.jpg
もともと、今日は秋田自動車道で一気に男鹿半島まで行くつもりであった。
それは秋田県以北のみが雨の降らない予報だったからなのだが、退屈な高速道路の雨中走行に飽きたオッサン二人は、雨が止んだのを見計らってアッサリと予定を変更。
岩手県の平泉前沢ICで東北道を棄て、2台は最寄りのガソリン・スタンドでハイオクを満タンにしてから幌を下し、田園地帯のK37を快走してR397に入った。
秋田県境へと向かうこの道は初めて走るのだが、ダム湖沿いの快走路から続く改良され過ぎていない2車線路のワインディングが実に楽しい。
ブラインド・コーナーのハーフ・ウェットな路面に散っている落ち葉で滑ることもあるが、極めて走り甲斐のあるドライビング・ロードなのだ。
県境のトンネルを抜け、連続する幾多のタイト・コーナーをクリアしたところでようやく小休止。
のっけから最高の走りを堪能し、二人して大笑いである。

P1120990.jpg
引き続き、これも初走行となるK40へ突入。
ツーリングマップルでお勧めとなっているこの県道、私は過去に何度か走ろうとしたのだが、その度に災害や積雪による通行止めで断念せざるを得なかったのだ。
最後の集落を過ぎると、ガードレールも疎らな1.5車線レベルの山道となり、これがまた素晴らしいテクニカルなコーナーの連続だ。
前を行くカレラSのサウンドに痺れながらボクスターのステアリングを斬り続け、下界に出てからは明るい2車線路でのハイ・スピード・クルージングが続く。
R397と併せ、こんなに凄いルートがあるのを知らなかったなぁと、みちのくの深さに二人して舌を巻くのであった。

P1040800.jpg
P1120993.jpg
横手の街を抜け、K29で西へと走る。
当初は交通量が多かったが、5日前に走った広域農道/出羽グリーンロードとの交点を過ぎると、他のクルマは一気にいなくなった。
黄金色の水田を貫くルーズなコーナーや、小さな峠を越えるワインディングなど、この道もまた変化に富んで我々を飽きさせない。
走りきったそのままの勢いでR105に入り、アベレージを上げながら2台は更に西へと向かう。
いくらなんでも走りすぎなので(汗)、道の駅「おおうち」へ立ち寄り、以降のルートを検討しながら惣菜コーナーで買ったパンや赤飯などを貪り食った。

0001 (2).jpg
秋田市の市街地を迂回すべく、大内JCTから日本海東北自動車道に入る。
続く秋田自動車道/能代南ICまでワープし、以降はR101で日本海に沿って北上を続けた。
数年ぶりに立ち寄ったチゴキ崎で、視野いっぱいに拡がる海を眺めつつ、涼しい海風に吹かれて暫しのクール・ダウン。
宿までは残り100km、リスタート後は更にペースを上げ、交通量僅少の津軽西海岸をギンッギンに走り続けた。
しかし「一般道のみで100km」と聞いても不安に思わないあたり、道路環境もドライバーもどうかしていると思う(汗)。

G0060897.jpg
P1120998.jpg
鰺ヶ沢からはK3で宿のある岩木山方面へと向かう。
この道もほぼ無人、更に途中からは屈曲のワインディング・セクションとなり、前を行くカレラSが電光石火のシフト・ダウンをかませてコーナーへと飛び込んでいく。
追う私もボクスターをスポーツ・プラス・モードにセット、2速固定で必死に食らいついていった。
あっという間に岩木山南麓の嶽温泉に到着。
二人して心地よい「超・走りきった感」に満たされつつ、荷を担いで宿のフロントへと向かった。

DSC_0162.jpg
P1130009.jpg
山のホテル」は、実に良い感じの温泉旅館。
露天風呂は無いものの、ヒバをふんだんに使った浴槽には硫黄の香り豊かな乳白色の湯が文字通り溢れるほど注がれており、とっぷりと浸かるとそれは素晴らしい浴感である。
例によっていちばん安い宿泊プランだが、夕食にはタップリの舞茸を炊き込んだ「マタギ飯」や、香り豊かな土瓶蒸しなどが供され、味にも量にも大満足である。
食後は再び風呂へ入り、「こんなに走っちゃダメだよね」と笑いながら今日の走りを反芻&共有しつつ、21時過ぎには就寝。
本当に楽しい一日だったと心から感謝しつつ、たちまち爆睡の深淵へと落ちていった。


本日の走行距離は、880km。
走行時間は9時間53分、平均速度は91km/h。
平均燃費は、11.8km/lだった。

nice!(8)  コメント(10) 

nice! 8

コメント 10

ラビー

あーっ!まさかのびっくり仰天です、連続で行っちゃうとは(笑
こうくるとは、想像できませんでした~。

地図を見て、またまたびっくり。
最初、計画していたルートでした~。
友人のオススメのお店でランチっということになって、
急遽ルート変更したのでした。

「こんなに走っちゃダメだよね」ほんとですよ(笑
東北って、走れちゃうんですね、長距離。
後で移動距離見て、え?って驚いちゃいましたから。
続きが楽しみです。

by ラビー (2018-09-27 23:24) 

忠

本当にビックリです。

僕は栃木ICから昭和男鹿半島ICまで高速を使いました。男鹿半島を一周しましたが、それでも十二湖辺りで投宿でした。
その宿のご主人が話してくれたのは、大阪から来たお客さんによると「東北の国道は、高速道路並みに走れる」のだそうです。僕も実感しました。車は少ないし、信号も少ない!
こうなれば次に目指すは龍泊ラインでしょうか?楽しみです!
by 忠 (2018-09-28 12:56) 

wata

ラビーさん、こんにちは。

はい、ガマンできずに連続で行っちゃいました(笑)。
実際には後半の計画が先に決まっており、それじゃ足りないだろと思って前半の三連休も急遽走りに出たんです。
ホントは間の平日もすべて休んで10日間のGTに出たかったのですが、それでは会社をクビになりそうなので諦めました(汗)。
しかし、ご夫婦のドライブでこのルートを走るつもりだったとは、ドライバーもナビゲーターも、やはり常人ではありませんね(震)。

by wata (2018-09-28 21:48) 

wata

忠さん、こんにちは。

当初は私も、昭和男鹿半島ICから男鹿半島を周って宿へと向かうつもりでおりました。
ですが、移動のためとは言え、マイペースで走れない高速道路走行はつまらなくて飽きちゃうんですよねぇ(笑)。
それに比べて今回走った国道や県道群は、クルマも信号も民家も少ないため、安全かつ快適に走り続けることができました。
翌日は、ご想像の通り龍泊ラインを走っています。
雨でしたけどね(涙)。

by wata (2018-09-28 21:49) 

サッサー22

おはようございます。

連続で東北とは驚きです!
マタギ飯と温泉、「山のホテル」は私も何度も訪れて
おり行きたくなってしまいました。
次は何処へ行かれるのか?
何時も楽しく拝見しています。
by サッサー22 (2018-09-29 07:24) 

wata

サッサー22さん、こんにちは。

そうですね、普通は二週連続で行ったりしないですよね(笑)。
「山のホテル」は今回始めての宿泊で、飯も温泉も素晴らしいと思いましたが、そうですか、サッサー22さんは何度も泊まられたことがあるんですね。
質素を旨とする自身の旅宿としては僅かに予算オーバーだったものの(汗)、その甲斐は十分あったと思います!

by wata (2018-09-29 17:24) 

Sho-z

一旦“社会復帰”を挟むグランドツーリングは新しいですね!
それにしても、wataさんもsuite-spiralさんも走り過ぎにも程があると思います(汗)
走り過ぎずにはいられない極上コースの宝庫である「みちのく」がそうさせてしまったのかもしれませんが、2台の屋根開きマシンがマイペースで走りまくる様を想像していると自身の“走り欲”を抑え切れなくなりそうですよ(笑)
秋田県道40号はR342経由で少し前に走りましたが、私の中の「いい道」の定義にもマッチしていた記憶があります。
例によって魅力いっぱいのルートに温泉宿、続きも楽しみにしています。
by Sho-z (2018-09-30 00:55) 

wata

Sho-zさん、こんにちは。

確かに三日間のインターバルを挟んだものの、その間「社会復帰」できていたかどうかは、甚だ疑問ではありますね(汗)。
若気の至りで爆走を続けるSho-zさんには、実体験も含めて今回のルートをイメージしていただけると思いますが、いや~、良く走りましたよ。
休憩はたったの3回、それもすべて私が言い出してのストップでしたから、suite-spiralさん独りだったら、ガソリンが無くなるまでノン・ストップだったものと思われます(震)。

by wata (2018-09-30 17:39) 

でんきやさん

いつも楽しみに拝見しています。今回のツーリングもムービー期待してもいいですよね?!
by でんきやさん (2018-10-02 21:31) 

wata

でんきやさん、こんにちは。

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
ムービーは勝手に作って開陳させていただきますが、内容はいつもと変わりませんので、期待なさらないでください(汗)。

by wata (2018-10-02 21:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。