So-net無料ブログ作成

GTQ-4:涯[はて]の夕刻 [drive/touring]

強い雨音で夜中に目が覚めたが、朝方には小降りになっていた。

P1130221.jpg
P1050183.jpg
P1130224.jpg
P1130228.jpg
P1130226.jpg
午前中に回復するとの予報を信じ、バンガローを後にする。
R226沿いの公園で、雲を纏った開聞岳を眺めながらファミリーマートで買った朝飯を喰った。
小雨のそぼ降る中、南薩広域農道からK27に入り、茶畑の中を快走する。
途中、知覧の街へと誘う道路標識がいくつも目についたため、立ち寄ってみることにした。
ハードながら美しい石垣が続く武家屋敷をアイドリング・スピードで通り抜け、特攻平和記念館へ。
私は初めて訪れたのだが、若き特攻隊員たちの手紙には、いずれも胸に迫りくるものがあった。

P1130238.jpg
K27→K297と西に走り、日置南部広域農道を北上。
雲は薄れてきたものの、時折ザッと降る雨に幌を下ろすことができない。
それでも我慢して走っているうちに青空が見え始め、幌が乾いたことを確認した上でコンバーチブル・スイッチをオープンにした。
ボクスターのキャビンにドッとなだれ込んでくる秋の涼やかな風は、本当に気持ちがいい。

DSC_0297.jpg
広域農道ドライブは串木野で終了、ちょうど昼時にもなったので昼飯を喰おうと考える。
もちろん、GTQ2018の方針に則り、喰うのはラーメンだ。
地元のお客さんで賑わう「味工房みその」に入り、騙されたと思ってご当地グルメのマグロラーメンを喰ってみたのだが、これがとても旨くてビックリ仰天。
トッピングとしての漬けマグロも相性抜群、もちろんスープもすべて飲み干したが、それは白飯を追加して丼にブチ込んで喰えば良かったと悔やむほどのレベルであった。
ちなみにこの店でも、着席すると同時に大根の酢漬けが出されているので、これはもう鹿児島ラーメンのお約束なのであろう。

P1050186.jpg
P1050190.jpg
P1130244.jpg
P1130248.jpg
食後は海に出て、交通量僅少のK43をマイペースで走る。
これがまた沿岸から山間へと変化に富んだ、実に楽しい道であった。
その先はR3を走り、瀬戸に架かる橋を渡って長島へ。
空はいつの間にかすっかり快晴となり、午後の陽光に輝く海が美しい。
素晴らしい風景の中を快適に走り続け、島の北部にある蔵之元港に到着した。
フェリー港はいくつもあるが、静かな入り江の奥にあるこの港はたいへん風情があり、とても気に入っている。
乗船券を買ってしばらく待っていると、三和商船のフェリーが着岸。
定刻の15時20分、ボクスター他計9台を積み込んだ第二天長丸は、熊本県の天草下島にむけて出港した。

G0141080.jpg
P1050194.jpg
P1050197.jpg
客室へは入らず、外のベンチで陸海空の景色を眺めること30分。
ボクスターは、牛深港に降り立った。
宿はこの天草に取ってあるが、日没までもう少し走ってみることにする。
広狭混在の静かなK35を北に走り、R266からR389を西へ。
複雑な入り江が成す海と山の景色が、とても美しい。
せっかくなので夕陽を見てみようと国道を離れ、狭く暗い旧道を走る。
深い森を抜けて出た断崖の先の天草灘は、残念ながら雲の下。
それでも到達感に満たされながら、誰もいない西の涯[はて]の断崖に立ち、徐々に暗くなる海をボクスターの横で独り眺めていた。

P1050209.jpg
P1130251.jpg
消え行く残照の下、山道と国道を戻り、K35沿いの「愛夢里」にチェック・イン。
ここはいわゆる地域交流施設のようで、日帰り温泉に宿泊棟が併設されているような感じである。
部屋は独立した建屋の和洋室、独り旅のオッサンには勿体ないほどの広さだ。
大きな風呂に浸かってから食堂で定食を喰い、明日以降の好天を願いつつベッドに潜り込んだ。


本日の走行距離は、270km。
走行時間は6時間01分、平均速度は46km/h。
平均燃費は11.7km/lであった。

nice!(9)  コメント(4) 

nice! 9

コメント 4

忠

こんにちは。

GT-Q4はかなり抑えた筆致ですね。この日の出発が雨だったり、特攻隊関連の施設に寄ったりという影響があるのでしょうか。それとも風景のせいでしょうか。ボクスターと海や空の青がwataさんの心を鎮めているのでしょうか。

ブログトップの新しい写真もここで撮ったのですね。こうして見ると、心なしボクスターも哀愁を感じているようにさえ見えます。

by 忠 (2018-12-06 13:46) 

yasu

wataさんこんにちは。

7年ほど前に九州をツーリングした際、GTQ-4とほぼ同じルートを走り、知覧の特攻平和記念館も訪れました。

ツーリングに出れる幸せを噛み締めた記憶が蘇ります。


by yasu (2018-12-06 22:04) 

wata

忠さん、こんにちは。

毎度のことですが、GTの記事はその日の夜に宿で8割ほど書き上げています。
自分としては特に筆致を抑えたつもりは無いのですけれど、もしもそのように感じられたのであれば、仰るように雨や特攻平和記念館の影響があったのかもしれませんね。
実際は北上するにつれて天気もドライビングもどんどん良くなり、実に清々しい気持ちで夕刻を迎えることができています。

by wata (2018-12-06 23:05) 

wata

yasuさん、こんにちは。

そうですか、偶然にも私がyasuさんの足跡をトレースしていたとは、これまたご同慶の至りです。
特攻平和記念館は一度は行くべきだと思っていましたので、今回のGTがいい機会になりました。
普段は考えないことを考えさせられ、行って良かったと思いましたよ。


by wata (2018-12-06 23:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。