So-net無料ブログ作成

GTQ-6:Not Sunset, Closed Laputa, Broken Bridge. [drive/touring]

起床→朝風呂→朝飯→チェック・アウト。
・・・ではなく、今日は朝風呂から上がって走りに出る。

0052.jpg
P1050248.jpg
明けゆく空は雲に覆われていたが、そのお陰で放射冷却も弱く、夜露の降りていないボクスターの幌をすぐに開けることができた。
大きな橋の向こう、生月島のサンセットウェイ。
サンセットではなくサンライズの時間帯だったが、そんなことはお構いなしだ(笑)。
誰もいない絶海の2車線路で、或いはのんびりと、或いはアクセルを開け、ボクスターを思う存分走らせた。

DSC_0307.jpg
空きっ腹を抱えて宿へ戻り、そのままバイキングの朝食会場へと向かう。
ガス台で旨い干物を焼きつつごはんを平らげ、テラスに出てオーダー・オムレツとクロワッサンをミルクとコーヒーとでゆっくりといただく。
いやはや、まったくGTらしくないが、ま、たまにはいいだろう。
GTQも佳境、今日は高速道路を東に走り、一気に大分県/日田まで戻る。
海沿いはもう十分に走ったので、山の中を南下することにしたのだ。

111.jpg
しかし良かれと思って選んだ日田ICからのR212は、交通量の多い普通の道。
センター・ラインはずっとオレンジで、極端な低速車両をブッコ抜くことすらできないのだ。
で、松原ダムからK647へ逃げることでようやくマイペースを取り戻し、K12→R387と結んで快走を続ける。
九州の道は混んでいるかガラガラか、本当に極端だと改めて思った。
K45/菊池阿蘇スカイラインは、西側から阿蘇へとアプローチする道。
この道もまた初めて走るが、中速コーナーの連続でとても楽しかった。

P1050249.jpg
P1130274.jpg
P1130270.jpg
4日前の土曜日は混雑していた阿蘇外輪山も、平日の今日は静かなものである。
K339/ミルクロードを駆け下るが、数年前に立ち寄った通称「ラピュタの道」は、崩落のため車両のみならず人の立ち入りさえも一切禁止されてしまったようだ。
走れるうちに走っておかないと、走れなくなる道がある。
今回もまた、そんな厳しい現実を痛感させられることとなった。

P1130275.jpg
DSC_0310.jpg
時刻は14時過ぎ、昼飯の時間帯はとうに過ぎてしまっているが、熊本にいて熊本ラーメンを喰わないわけにはいかない。
カーナビの検索でヒットした大津町の「文化ラーメン」で喰わせてもらったのは、正にイメージ通りのクリーミーでとても旨い熊本ラーメンであった。
これで550円だというのだから、やはり本場のラーメン力は素晴らしいと思う。
ボクスターにもハイオク・ガソリンを喰わせてから、ドライブを再開した。

P1130278.jpg
阿蘇くまもと空港の下をトンネルでくぐり抜け、広域農道/マミコウロードに突入。
この道は目論見通りまったく誰もおらず、ルーズなコーナーや長大な橋を高めのギアで走り抜けるのがたいへん気持ちいい。
K57を経由して合流した流れの悪いR445を直ちに棄て、K152→K222のカントリー・ロードでマイペースをキープ。
山都町の中心部に入り、通潤橋に立ち寄った。

P1130280.jpg
・・・が、素晴らしい石造りの水道橋は、地震と豪雨による被害で一部損壊、修復中。
3年前の秋、友人たちと旅行で訪れた際に観た豪快に水を噴き出すその姿は、本当に素晴らしかった。
修復が完了したら必ずまた来ようと誓いつつ、すぐ近くにある浜の湯温泉「通潤山荘」にチェック・イン、広々とした12畳の部屋に通された。
地元のおじさんたちに混じって風呂へ入り、あまり腹も減っていないので晩飯は軽めにしようと、併設のレストランで旨いカツ丼を頬張る。
部屋で布団を敷いてくれたおねいさんに話を訊くと、2年前の熊本地震ではこの地でも揺れが強く、一時的に休業を余儀なくされたとのことだ。
今回のGTでは被害の痕を直接見てはいないが、被災地の皆さんは本当に大変だったのだろうと改めて思う。
こうして熊本を始め九州各県を普通に走り回れるようになったことに感謝しつつ、もう一度風呂に入ってから床に就いた。


本日の走行距離は、402km。
走行時間は6時間38分、平均速度は62km/h。
平均燃費は、11.7km/lであった。

P1160556.jpg
*49歳時。

nice!(7)  コメント(2) 

nice! 7

コメント 2

枯葉マーク

自分は先代のblogで"ラピュタの道"の存在を知り、
震災前に走行することができました。

"走れるうちに走っておかないと、走れなくなる道がある。"
本当にその通りですね。
by 枯葉マーク (2018-12-14 00:46) 

wata

枯葉マークさん、こんにちは。

枯葉さんも相変わらず放浪されているようで何よりです(笑)。
「ラピュタの道」は、まず崩落により車両通行止めとなり、その後は立ち入り禁止となって見学することさえできなくなったようです。
復旧工事をやっている気配すらありませんでしたので、もう二度と走ることはできないかもしれませんね。
いやほんと、お互い走れるうちに走っていきましょう。

by wata (2018-12-15 15:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。