So-net無料ブログ作成

GTQ-10:あとがき [drive/touring]

晩秋の九州(と、ほんのちょっとだけ関西)を走った、グランド・ツーリング。
9泊10日の走行距離は、4,052km。
走行時間は62時間42分、平均速度は66km/h。
平均燃費は、12.1km/lでした。


2014年の秋にボクスターを買ってから、これまで日本のあちこちをそれなりに走らせてきました。
大雑把に言えば、北海道から中四国まではそれぞれ2回以上走っているのですが、九州だけは、2015年春の「ザ・グランド・ツーリング」以降、足を踏み入れていなかったのです。
何と言っても自宅から1,000km以上ありますから、北海道へ行くよりも遥かに遠く、今回も関門海峡まで一気に走ってヘロヘロになりました。
が、これだけ遠くまで来ると、緯度や経度の違いをハッキリと体感できるんですねぇ。
11月後半とは言え、九州は季節的にもまだ「屋根を開けてちょうどいい」ぐらいの感じですし、日没の時刻は10月上旬の東京と同じレベルなので、余裕を持って毎日を走ることができました。
ま、調子に乗って遠くの宿を予約した結果、チェック・インが夜になってしまったことも何度かありましたけれどね(汗)。

DSC_0285.jpg
九州を走るたびに思うのは、他のツーリング・エリアと比べて、全般的に交通量が多い気がするということ。
幹線道路や観光地周辺の道路はもとより、山間の3ケタ国道やローカル県道においても、マイペース走行が続かないということが何度もありました。
もちろん走り放題の国道/県道や広域農道も多くありますが、こちらはもう笑っちゃうほどノーバディ。
そういう道に限って無用とも思える登坂車線が延々続いていたりして、豪快なドライビングを遠慮なく楽しむことができました。
道によって交通量の多寡が極端な九州の旅は、ルーティングがとても重要だということを、改めて実感した次第です。

P1050232.jpg
山の道、海の道、美しい景色、気持ちのいい温泉に旨いラーメンと、魅力たっぷりの九州を駆け抜けたボクスター。
おかげでリア・タイヤは半年も経たないうちにすっかりツルツルになりましたけど(汗)、このクルマはロング・ツアラーとしてもやはり抜群の1台だと思います。
スポーツカーのクセに、スポーツカー故の苦手な分野がほとんど無いのです。
その積載能力は1週間分の荷物を積み込んでなお余りあり、ボディ・ディメンジョンや最低地上高が山峡路のアドベンチャー・ドライブを妨げることはなく、満タンで600km走る燃費性能が給油の回数を減らし、シートの設[しつら]えやシャシー・セッティングは長距離を走るドライバーに不要なストレスや疲労を与えません。
そもそものミドシップ・スポーツカーとしてのドライビング・パフォーマンスにこれらの「ロング・ツーリング性能」が加わり、更にオープン・トップという最大の付加価値と、子供たちも認めるカッコいいスタイリングを備えたボクスターは、私が求めるものをすべて持っているクルマです。
これからも、安全に楽しく走らせていこうと思っています。

P1130315.jpg
なお、霧島神宮で引いたおみくじは、嬉しいことに大吉でした。
私は特に信心深いワケではありませんが、その裏書「神の教」に書かれていた内容がとても共感できるものだったので、備忘録としてここに記しておきます。

過ぎたくり言、とり越し苦労、神の授けの身をやぶる
とり返しのつかぬ過去の事を、くり返して思いなやんだり、どうにもならぬ将来の事を案じ煩らうのは唯心をいため身を害[そこ]なうだけで、何のやくにも立たぬ愚かな事である。今日は唯今日の事を、面白く楽しく、神様を念じつゝ正しい心でやって行く。禍[わざわい]も転じて幸となる。

0029.jpg
・・・いやマジでその通りっすよ、神様!(笑)

nice!(10)  コメント(6) 

nice! 10

コメント 6

マンタロウ

おはようございます。コメント失礼します。

パチパチパチ♪(拍手喝采) 素晴らしい!!
ロングTRGレポ拝読し、wataさんのツーリング魂!! クルマ愛!!
感服いたしました!!

九州は生まれて少年時代を過ごした地。
30年訪れておりませんが、元気なうちに行ってみたくなりました!!
それにしても「GTQ-9~真剣なその表情はもはや子供のそれではなく・・・の件」グッときましたよ。

来年も元気に走り回れるよう、御自愛下さい。
ありがとうございました。
by マンタロウ (2018-12-26 06:04) 

wata

マンタロウさん、こんにちは。

毎度長々と旅日記におつき合いいただき、どうもありがとうございました。
九州は、マンタロウさんの生まれ故郷なんですね。
30年の月日はドライビングの環境を大きく変えていると思いますし、場所によっては、懐かしい山坂道が新しい高架橋やトンネルに消されてしまうかもしれません。
マンタロウさんも是非もう一度、「今」の九州を走ってみてくださいね。
ちなみに私、マシーンであるクルマに愛情を感じることはありませんが、「ツーリング魂」みたいなものは、これからも絶やさずに持っておきたいと思っております!

by wata (2018-12-26 21:34) 

ていしあ

こんばんは。
旅心をくすぐりまくるGT記をありがとうございました。

おっしゃるとおりで、九州は特に道の選択がツーリングの楽しさを決定づける気がします。地図を拝見していると、思わずニヤリとしてしまうコース取りがいくつもありました。

九州は2015年以来となりますが、行きたくなりました。
by ていしあ (2018-12-26 23:04) 

wata

ていしあさん、こんにちは。

コメントを拝見し、こちらもニヤリとしてしまいました。
ルート選択が九州の旅を大きく左右するということを、さすが、解ってらっしゃる(笑)。
実際、東北や北海道などの他地域と比べて、今回は地図を開く回数が多かったような気がしています。
私も佐賀や福岡は殆ど走っていませんので、いずれまた「穴埋め」に行きますよ!

by wata (2018-12-27 22:33) 

エースハイ

55才のおっさんが心の底からやりたいと思ってる事を心の底から欲しいクルマでやられてて心底羨ましいです。疑似体験して楽しんでます。
by エースハイ (2018-12-31 14:57) 

wata

エースハイさん、はじめまして。

コメントをいただき、どうもありがとうございます!
大したこともやっておりませんが、私の唯一の趣味がクルマであり、そのクルマ趣味のハイライトがこのようなグランド・ツーリングなのです。
私は53歳、こんなことがいつまでできるかわかりませんが(汗)、続けられる限り続けていく所存ですので、よろしければ引き続きおつきあいください。
どうぞよろしくおねがいします!

by wata (2018-12-31 19:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。