So-net無料ブログ作成

GT2019GW:[1]待ち合わせは舞鶴で [drive/touring]

ゴールデン・ウィークの初日。
アラームが鳴る1時間前の深夜2時過ぎに目が覚めて、何気なく道路交通情報をチェックしてビックリ仰天。
東名高速道路の下り線が、秦野中井IC付近を先頭に渋滞しているではありませんか(汗)。

DSC_0497.jpg
P1140309.jpg
と言うことで急遽ルートを変更、かなりの遠回りとなることを承知の上で中央自動車道を行きます。
時折強い雨に見舞われるものの、クルマはとても少なくマイペース。
恐らくは東名/新東名よりもこちらの方が速いんじゃないかと、独りほくそ笑みを催しながら走りました。
夜が明けて岐阜県に入ると空は急速に晴れ、恵那峡SAで朝食に持参したタケノコご飯の握り飯を喰ってから、ボクスターの屋根を開けます。
気温は10度前後で風はかなり冷たく、ジャンパーを持ってきて良かったとつくづく思いました。
渋滞ゼロのまま東海環状自動車道の関広見ICでアウト、ほとんど誰もいないR418でどんどん山に入っていきます。

P1140311.jpg
P1050921.jpg
P1140316.jpg
やがてR157に合流し、すぐに分かれるK270へと左折。
山を越えて徳山湖へと抜けるこの道、実は昨日まで冬期通行止となっていました。
で、前日に岐阜県の揖斐土木事務所施設管理課へ電話をし、開通予定の旨を確認して現地へと赴いた次第です。
再び雨となった深い山の中の道を、幌を上げ独り行く汚れ放題のボクスター。
幾多のコーナーを抜けて徳山湖に出、R417→R303と土砂降りの中を走りますが、滋賀県境のトンネルを抜けると空は曇りから晴れへと変わっていきました。

G0061222.jpg
P1050925.jpg
滋賀県出身の元上司が帰省しているというので、乾いた幌を下げつつ会いに行くことにします。
琵琶湖の北岸、道の駅「湖北みずどりステーション」から連絡し、待ち合わせは琵琶湖大橋の向こう側にある道の駅「びわ湖大橋米プラザ」となったのですが、30分ぐらいで行けると思ったらとんでもない。
途中で名神高速道路を使っても1時間半もかかり、デカいにも程がある琵琶湖のデカさを改めて痛感しました(涙)。
元上司が乗るクルマは、マツダ・ロードスターRF。
コンパクトなボディに仕込まれたルーフの開閉メカニズムは実に凝っており、しかもオープン時でもトランク容量が変わらないのは素晴らしいと思います。
その場で30分ほどクルマ談義に花が咲き、手土産までもらって琵琶湖を後にしました。

P1050935.jpg
R477沿いのGSで給油を済ませ、R367/鯖街道を快調に北上。
川沿いを行く快走路で、低速車両に行く手を阻まれても安全かつ迅速にブッコ抜き、ペースを保つことができました。
しかしながらR303で福井県に入ると再びの雨、せっかく下ろした幌をまた上げることになります。
豪雨となり流れの悪いR27を捨てて小浜ICから舞鶴若狭自動車道に乗ると、雨はパッタリと止んで青空が拡がりました。
この日の天気は各地で荒れ模様だったとのことですが、まったくどうかしていますねぇ。
舞鶴東ICでアウト、宿はすぐ近くですがまだ時間も早いため、トップを下げつつK21で大浦半島の海を見に行きます。
強風に白波が舞っていますが、午後の陽光に青く輝く海を独り眺めるのは、実に気持ちがいいもんです。

0212.jpg
0214.jpg
0221.jpg
市街地に戻り、「ホテル アマービレ舞鶴」にチェック・イン。
宿の貸自転車で港周辺をプラプラしてから、街に出て「居酒屋八平」の暖簾をくぐり、仲間が揃ったところで宴会のスタートです。
この店は幹事役のShimaさんが予約してくれており、東京からは他にsuite-spiralさんとこだまさん、静岡からM郎さん、関西からはmtmさんとGoさんが参加。
合計7名のクルマ仲間が京都府/舞鶴の居酒屋で待ち合わせるという、ワケのわからない状況となっているのです(笑)。
コースは新鮮な刺身やメインのブリしゃぶ、他にサラダや揚げ物にデザートまでついて、飲み放題込みで5,400円。
この味と量を考えると、破格とも言える安さだと思います。
飲んで喰って大笑いしてから、明朝の集合を決めて解散。
宿へ戻り大浴場でのんびりと湯に浸かってから、早めの床に就きました。



つづく。

------

10連休となったゴールデン・ウィーク、私はボクスターでグランド・ツーリングに出ました。
今回も楽しく走って参りましたので、毎度僭越ながら記事をアップしていく所存です。
よろしければ、どうぞおつきあい下さい!

DSC_0499.jpg
・・・ってShimaちゃん、どこで乗せてきたのよこの毛虫(汗)。

nice!(7)  コメント(12) 

nice! 7

コメント 12

M郎

近くの関西組の2名はともかく、わざわざ舞鶴で飲んでいるわれわれは、一体何をしているんだと。
物付きにも程がありますね(笑)。
by M郎 (2019-05-07 23:09) 

Shima

ナウシカのテトみたいでしょ?
by Shima (2019-05-08 06:53) 

つくばの松

参加できず残念!
いずれにしろ仕事だったんですけどね~(泣)

by つくばの松 (2019-05-08 18:39) 

wata

M郎さん、こんにちは。

飲み会へ行くのに自宅から700kmも走ったのは、初めてのことだと思います。
意味わかんないですね(笑)。

by wata (2019-05-08 20:39) 

wata

Shimaさん、こんにちは。

翌日の宿では、カメムシを肩に乗せてたじゃないですか(汗)。

by wata (2019-05-08 20:42) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

GWなのに、お仕事たいへんご苦労さまでした。
ちなみに翌日はこのメンバーと一緒に走ったのですが、仕事以上にヘロヘロとなりました(涙)。

by wata (2019-05-08 20:48) 

藤本

こんにちは。

GWは西国GTだったんですね。wataさんの24時間後にR303→R367を走っており、ちょっと驚きです。
実は、1月の房総半島は同日、17年のGW四国は数日違いで近くを走り廻っておりました。

GTレポートの続編、楽しみにしています!
by 藤本 (2019-05-09 12:56) 

wata

藤本さん、こんにちは。

街中や高速道路ならともかく、わずか1日違いで同じR303やR367を走っていたとは、正にご同慶の至りですねぇ(笑)。
私は結構な雨に祟られましたが、翌日であれば晴天のドライブが楽しめたのではないでしょうか。
いや、ホントにいつかどこかでお会いできるんじゃないかと期待しております!

by wata (2019-05-09 20:37) 

KG

こんばんは。

wataさんもゴールデンウィークに琵琶湖周辺を走られたのですね。
新緑が眩しくて気持ち良かったです。

GTの記事、最後まで楽しみにしています。
by KG (2019-05-12 19:47) 

wata

KGさん、こんにちは。

KGさんも相変わらずめちゃめちゃ走られているようで、羨ましい限りです!
この日は天気が大荒れだったのですが、琵琶湖周辺をうろついている時間帯は晴天に恵まれました。
琵琶湖ドライブのハイライトは、KGさんたちが走られた湖北・奥琵琶湖エリアだと思っています。
しかしながら今回私は記事の通り、混雑する市街地エリアを移動しただけなんですよ(涙)。

by wata (2019-05-13 19:05) 

ラビー

翠の海ーどこの南の島ですかー?
ずーっと見ていたくなる景色ですね~。
ヨーロッパの街角で自転車(笑

なんか世界旅行みたいなスタートですね(笑
楽しそうです、わくわく。

オープンドライブ・・・毛虫さん、勝手に乗車したり・・・しますよねぇ・・(笑

by ラビー (2019-05-26 15:06) 

wata

ラビーさん、こんにちは。

日本海って何となく荒々しいイメージがあるんですけど、午後の陽が射す京都の海はとてもキレイでした。
風がとても強くて、ウィンドウは潮だらけになっちゃいましたけどね(涙)。
オープンカーの屋根を開けて走っていると、確かに木の葉や枝が入ってきたり、前の車が跳ね上げた石粒などが飛び込んで来たりします。
が、落ちてきた毛虫を肩に乗せたまま、居酒屋で指摘されるまで気がつかないなんて・・・。
常人ではあり得ないことだと思います(汗)。

by wata (2019-05-27 21:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。