So-net無料ブログ作成

箱根リハビリ・ドライブ [drive/touring]

心臓弁膜症手術から、ちょうど2ヶ月。
主治医に「クルマの運転は3ヶ月経ってから!」と言われてはいるものの、何事にも慎重な私は「3ヶ月後に全開で走るためには、事前にリハビリが必要なはず」と考え、箱根へと軽~く走りに行きました(←いいのか?)。

P1140517.jpg
P1060126.jpg
P1060124.jpg
早朝ながらクルマの多い東名高速道路をチンタラと走り、小田原厚木道路へ入ったところでルーフ・オープン&アクセル・オン!
外気温は既に30℃近くまで上がっていますが、幌を下ろし風を巻いて走るボクスターにエアコンは要りません。
有料道路の終着からR1→R138と走り、乙女峠の手前を左折してK736に入りました。
長尾峠へと続く県道は、夏草のブラインドで更にタイトとなった1.5車線の屈曲路。
箱根のワインディングには珍しくアップ&ダウンが殆ど無く、従って過度な加減速Gも発生しないため、リハビリ一発目に相応しいと考えたのです(笑)。
スポーツ・モードとハーダー・サスペンションを選択、2速固定のままでステアリングを斬り込んでいくうちに、走りのリズムが戻ってくるのがわかります。
シート・ベルトが当たることによる胸部切開創の痛みもありませんので、ELRが作動するレベルでなければ恐らく大丈夫でしょう。
まずは一安心して路肩にボクスターを駐め、手前のセブン-イレブンで仕入れてきた握り飯を頬張りました。
気温は26℃、そよぐ風は爽やかで、実にいい気分です。

P1140523.jpg
P1140526.jpg
P1140529.jpg
P1140532.jpg
P1140534.jpg
峠のトンネルの先は一転、ミルクのような濃霧に覆われています。
これでは料金を払うだけムダなので、箱根スカイラインを諦めてK736を引き返しました。
緑一面の仙石原を抜け、前走の路線バスを安全かつ迅速にブッコ抜けば、以降は完全なるクリア・ラップ。
芦ノ湖東岸のK75が走り放題となることは滅多になく、3速⇔4速でファスト・クルージングを存分に楽しむことができました。
県道を離れて箱根神社に参拝、凛とした雰囲気に包まれながら拝殿に賽銭を投げ、順調な回復に礼を申し述べつつ完治を祈念。
引いたおみくじにも「病気[やまい]:思わず早くなおる」とありましたので、完全復活も時間の問題であろうと思われます(笑)。

P1060130.jpg
P1060135.jpg
P1060133.jpg
芦ノ湖畔に立ち寄ってからK75を大観山まで駆け上がり、椿ラインのダウンヒルへと突入。
椿はかなりタフ&リスキーな羊腸の急坂路であるため、リハビリ・ドライブの今日はまだ走らずにいようと思っていたのですが、突入しちゃったんだから仕方ありません(汗)。
ヒルクライムに興じる対向のバイクに注意しながらボクスターを走らせると、朝一番に走った長尾峠へのフラットなワインディングとは比べものにならない減速旋回Gが幾度となく圧し掛かってきます。
特に痛みを感じることはありませんでしたが、調子に乗って攻め込むと胸にほんの少し違和感を覚えるようなシーンもありましたので、無理をせず8割ほどのフォースで麓まで。
そのままUターン、たった今下ってきたばかりの山坂道を、ボクスターはマイペースでぐんぐん登っていきました。

大観山のパーキングは、8割ほどの埋まり具合。
陽射しは強いものの気温は30℃に満たず、下界とは明らかに異なる清々しい空気に満たされています。
ボクスターの脇に腰を下ろして寛いでいると、一人の男性に「こんにちは、wataさんですよね?」と声をかけられました(汗)。
同じ981型のボクスターに乗り、伊豆スカイラインをひとっ走りしてきたという彼は、ALPINA B3時代のBlogからずっとおつき合いいただいているとのこと。
手術が成功したはずの心臓が止まるんじゃないかと思うほどビックリしましたが(←おい)、いや~、嬉しかったです。
Blogを書いていて良かったと、改めて思いました。
どうもありがとうございました!

DSC_0611.jpg
DSC_0613.jpg
DSC_0614.jpg
時刻は10時半。
まだ大して走っていませんし、時間も早いのですが、今日はリハビリテーションを第一義としているため、これにて撤収と致します。
アネスト岩田ターンパイク箱根を気持ち良く下っていくに連れ、外気温は上昇。
灼熱の西湘バイパスでは熱中症に罹るのを防ぐため、やむを得ずアクセルを開け強い風を浴びながら走りました(←?)。
西湘二宮ICでアウト、空腹を満たすべく大磯町の「善磯」に向かいます。
いかにも昭和の定食屋といった風情の店内は、開店直後にも関わらず地元の家族連れやライダー、若いお兄さんたちのグループで大いに賑わっていました。
注文したアジフライ定食は、揚げたてアツアツのでっかいアジフライが2枚ついて700円。
ソースをタップリとかけ回し、「少なめ」で頼んだのに他店での大盛りに匹敵する白飯と共に腹に収め、大満足のうちに退店の運びとなりました。
さ、帰ろ(笑)。


本日の走行距離は、312km。
走行時間は4時間51分、平均速度は66km/h。
平均燃費は、10.0km/lでした。

P1060139.jpg
・・・てな感じで、無事に終えることのできた箱根リハビリ・ドライブ。
特段のストレスなく走れましたし、手術前のドライビングを100とすれば、感覚的には85から90ぐらいまで戻ってきているような気もします。
とは言え、切開した胸骨が完全に接合しない限り、万が一事故った際に身体が受けるダメージは大きなものとなるはずです。
運転NG期間と言われた「術後3ヶ月」も、残すところあと1ヶ月。
今日のドライブを踏まえ、本格的な運転の再開を早めても問題ないかどうか、明後日の通院検査で主治医に訊いてみることにしましょう。

------

DSC_0618.jpg
主治医:検査結果は良好です。心臓の働きも血液のデータもバッチリで、まったく問題ありません。
wata:ありがとうございます!おかげさまで仕事も日常生活も順調ですし、クルマの運転もできるようになりま
主:運転?運転はまだダメですよ。
w:え?いや、えーと(汗)、土曜日に箱・・・じゃなくて、その、近所へ買い物に行っ
主:当初からお話ししている通り、術後3ヶ月は運転禁止です。あと1ヶ月、ガマンしてください。いいですね?
w:はい・・・(涙)。

nice!(8)  コメント(20) 

nice! 8

コメント 20

suite-spiral

うーん、さすがというか性ですね、もはや(笑)

くれぐれもをご自愛のほどを。

by suite-spiral (2019-08-08 22:35) 

KG

wataさんこんにちは!

リハビリも順調に進んでいる様で何よりです(笑)
無理せずに楽しんでください。

走行距離はもうすでに追い越されている様なので、のんびりと背中を追いかけていきます?(笑)
by KG (2019-08-09 09:34) 

hightree

Wata san
こんにちは
経過も良好、リハビリも良好との事で嬉しく拝見させていただきました。

くれぐれも無理なさらないようご自愛ください。
いつかお会い出来る事を楽しみにしております。
by hightree (2019-08-09 11:49) 

wata

suite-spiralさん、こんにちは。

そうですね、やはり性[さが]なのかもしれません(汗)。
とは言え、術後2週間の時点でボクスターにこっそり乗ってみた時は痛くて何もできませんでしたから、それに比べればずいぶん復調したんだなぁ、と我ながら思います。
が、完治しているワケではありませんので、もうしばらく自愛してなきゃいけませんね(涙)。

by wata (2019-08-09 20:47) 

wata

KGさん、こんにちは。

病院からは術後のリハビリは「徐々に歩くこと」だと言われましたが、クルマ・ライフ的にはやはり「徐々に走ること」ですよね(笑)。
しかし、6月以降ほとんど乗っておらず、オド・メーターは13.5万kmで止まったままだったのに、走行距離がKGさんのボクスターを上回ったというのは本当でしょうか・・・。
万が一そうであっても、すぐまた抜き返されることは確実でしょうけどね(笑)。

by wata (2019-08-09 20:47) 

wata

hightreeさん、こんにちは。

お気遣いいただき、どうもありがとうございます。
術後の経過が比較的良好で、実際の体調も良かったため、調子に乗って箱根まで行ってみたのです。
記事にある通り、特に問題なく走ることはできたのですが、やはり主治医からは「まだ早い」と窘[たしな]められてしまいました(汗)。
いつか元気な顔でお目にかかれるよう、引き続き完治を目指したいと思います!

by wata (2019-08-09 20:48) 

あてんざ

wataさん、こんにちは。

先日の大観山でご休憩中のところお声掛けさせていただいた者です。びっくりさせてしまったようで大変失礼致しました。それにもかかわらず、フレンドリーに楽しくお話しして頂き感謝しております。どうもありがとうございました。

wataさんのブログは、今さら言うまでもありませんが、ユーモアのある読みやすい文章、美しい写真、独特の抑揚とリズムのある語りが楽しい動画、参考になる情報満載で大変楽しませていただいております。これからも楽しみにしておりますが、まずはお体を大事にして下さい。いずれどこかの峠でまたお目にかかることができればと思います。
by あてんざ (2019-08-09 22:51) 

kurtsu

うわ~~予想していたとはいえリハビリと称したドライブを。

やはり地味に横Gがかかるので骨の治癒サイクルである3ヶ月は運転は相当ソフトな方が体には優しいのですが、涙。
by kurtsu (2019-08-10 10:24) 

ラビー

かる~くリハビリ(笑
身体に無理がなければ、乗った方が、早く治っちゃいそうですね。
先生の言うことは聞かなくっちゃっと思いますけど(爆
運転より、神社の長い階段の方が負担が大きいのでは・・っと思ったのは、自分が階段苦手だから??(笑
診察の時に、その写真撮っちゃいます?さすがです(笑
あと1か月、無理のない運転(え?)してくださいね。
by ラビー (2019-08-10 10:25) 

つくばの松

う~ん。
①主治医の指示を無視して、ガマンしきれず走りに行ってしまう・・
②主治医の指示以上に前向きに回復の為のリハビリを実施している・・
もちろん後者ですよね?(笑)。

アジフライはとても肉厚で美味しそうですが、wataさんの脚は少し細くなったように見えます。猛暑の折、いっぱい食べて早く元気になってくださいね~

by つくばの松 (2019-08-10 18:10) 

藤本

こんばんは。

疾病のエントリーもビックリしましたが、もう箱根!もう椿!もっとビックリしました。くれぐれも無理をなさらずに、でも一日でも早い全開いや全快を心待ちにしております。

私事ながら、本日東京→神戸に帰省移動をしました。東京→伊那IC→木曽福島→開田高原→濁河→上呂→郡上八幡→白鳥→大野→福井→舞鶴IC→神戸で、渋滞回避&ツーリングマップル中部北陸版横串作戦と、一人悦に入っておりました。お昼はヨーロッパ軒@福井でカツ丼を目指し、大野から無料高速を走っていると、、、あれ、腰が痛い。だんだん激痛に変じてきます。ヨーロッパ軒ではカツ丼を前に脂汗が出てき、一口しか食せず。これは尋常ではないと、病院へ急行。問診、X線、超音波、採尿の結果、尿管結石との診断。ところが、先生が超音波の端末?をぐりぐり押し付けて石が動いたのか痛くない。とりあえず再発のときの座薬を処方いただき(ほうほうのていで)神戸にたどり着きました。

ひとごとではありませんね。健康であればこそのツーリングですものね。お互いに愛車の前に、愛体ですね。ヨーロッパ軒リベンジせねば!
by 藤本 (2019-08-10 23:45) 

wata

あてんざさん、こんにちは。

いやこちらこそ、声をかけていただき本当にありがとうございました!
ビックリ仰天したのは確かですが、それはいわゆるポジティブ・サプライズというヤツです(笑)。
そんなにお褒めいただけるようなBlogではありませんけど(汗)、あてんざさんを始め皆さんに読んでいただけることは本当にありがたいと思っていますし、こうしてリアルなコミュニケーションに繋がると、嬉しさも倍増です。
いずれまたお会いできる日を、楽しみにしています!

by wata (2019-08-11 02:25) 

wata

kurtsuさん、こんにちは。

そうですか、「リハビリと称したドライブ」、予想されていましたか(汗)。
確かに横Gがかかるような道を走りましたが、幸いなことに特段の痛みや不具合を感じることはありませんでした。
ま、そもそも私はそんなに強い横Gが発生するほどのコーナリングはできませんからね(笑)。

by wata (2019-08-11 02:25) 

wata

ラビーさん、こんにちは。

入院時には、「多少痛かったり辛かったりしても、術後はある程度身体を動かしたほうが回復が早い」と言われていました。
それはクルマの運転についても当てはまる、と考えた次第です(←ホントか?)。
神社の階段は結構キツかったのですが、それは手術のせいではなく、おそらく歳のせいでしょう(汗)。
ちなみに最後の写真は、心臓エコー検査の画面です。
撮ってはみましたが、何が表示されているのかサッパリわかりません(笑)。

by wata (2019-08-11 02:25) 

wata

つくばの松さん、こんにちは。

も・・・、もちろん「②主治医の指示以上に前向きに回復の為のリハビリを実施している」ですよ(汗←なぜ汗?)。
脚が細く見えたとすれば、それは広角レンズの成せるワザだと思いますが(笑)、手術直後は入院前より6kgほど痩せていました。
退院後は反動で好き放題喰っているためか、早くも4kg近くのリバウンドとなっています。
肉類やラーメンと同様、やっぱり揚げ物も旨いんですよね~(笑)。

by wata (2019-08-11 02:25) 

wata

藤本さん、こんにちは。

お気遣い、どうもありがとうございます。
お盆の帰省とは思えない、素晴らしいドライブ・ルートですね・・・と思っていたら、途中で大変な目に遭われたんですね。
無事に目的地へ到着されたのは何よりですが、旅先での急病は本当にキツいと思います。
私も昨年秋、東北GTの最中に、今回の心臓弁膜症に由来すると思われる不調に見舞われたこともありました。
「健康であればこそのツーリング」、まったく仰るとおりです!

by wata (2019-08-11 02:27) 

Dachi

wataさん こんにちは。

回復最優先でしっかり静養されるのを願いつつも、本当に3か月もドライブなしで大丈夫だろうかと案じておりましたが、杞憂でしたね(笑)
順調に回復されているようで何よりです。

ドライビングライフの完全復活は完治の先にあるかと思いますので、くれぐれも無理をなさらずにご自愛ください。

by Dachi (2019-08-11 21:41) 

wata

Dachiさん、こんにちは。

ご心配いただき、恐縮です。
本当に3ヵ月間もボクスターに乗らなかったらバッテリーは上がっちゃうでしょうし、エンジンはドライ・スタートとなり、ラバー類は硬化したりして、いわゆる「盆栽ポルシェ」や「投機目的車」のように機能低下を招く結果となったでしょう。
そんなもんはオーナー・ドライバーとしての矜持が赦しませんので(笑)、無理のない範囲でちょっとずつ走らせている次第です。
そう、これでもかなりガマンしているんですよ(汗)。


by wata (2019-08-12 17:23) 

JUN

先日の大黒以来、ご無沙汰しております。
遅れましたが、退院おめでとうございます[わーい(嬉しい顔)]
ブログを拝見して、徐々にドライブを再開されているようで、ホッとしました!
まだまだ残暑が厳しいですので、チェンジスイッチの取り扱いにお気をつけてください。

先日、多人数の旅でしたので、ミニバンでのドライビングになりましたが、魚沼スカイラインを走って来ましたよ!
あの道はミニバンでは役不足でした(笑)
今回は2回目で、前回は以前の愛車ボクスターでしたが、全線霧(笑)
今回は視界オールクリアで絶景でしたよ[わーい(嬉しい顔)]
次回はケイマンで走りたいものです!
この道も wataさんのブログで知った道です[わーい(嬉しい顔)]
これからも参考にさせて頂きます[わーい(嬉しい顔)]
by JUN (2019-08-18 08:15) 

wata

JUNさん、こんにちは。

お気遣いをいただき、本当にありがとうございます。
病院に外出許可をもらって参加した前回の大黒は心臓手術の二日前でしたから、ひょっとすると最期のイベントになるかもな・・・と思っていたんですよ(笑)。
涼しくなったらまたお声がけしますので、是非ともお越しください。
魚沼スカイラインは私も大好きな道で、いずれまた走りに行くと思います。
が、その前に完治させなきゃいけませんよね(笑)。

by wata (2019-08-19 19:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。